月光 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中島 J1N 月光

離陸中の月光一一型

離陸中の月光一一型

月光(げっこう)は、日本海軍(以下、海軍)が、太平洋戦争中期から運用した夜間戦闘機。ちなみに従来の海軍の戦闘機は「○式○○戦闘機」という風に制式名称がつけられていたが、本機以降は命名基準が変わり、「月光」は愛称ではなく制式名称である(ちなみに夜間戦闘機・丙戦は「光」の字を含むように定められていた)。連合軍が本機に与えたコードネームはIrving(アーヴィング)。

開発の経緯[編集]

昭和12年(1937年)、大陸での渡洋爆撃において、敵戦闘機の迎撃により九六式陸上攻撃機が大きな被害を受けた事に衝撃を受けた海軍は、より高速かつ重武装の「十二試陸上攻撃機」(後の一式陸上攻撃機)の開発を急遽開始する一方、翌昭和13年(1938年)11月、中島飛行機に対し陸攻援護専用の遠距離戦闘機である「十三試双発陸上戦闘機」計画要求書を提示した。これを受けた中島では九七式艦上攻撃機の開発主任であった中村勝治技師(後に病気のため大野和男技師と交代)を中心とした設計陣を組み、開発に当たった。

設計の特徴[編集]

黒鳥四郎少尉-倉本十三上飛曹が搭乗した月光一一型甲(J1N1-Sa)。電探や推力式単排気管を追加装備している。

計画要求書が残っていないため正確な内容は不明であるが、中島関係者の記憶によると海軍からの要求性能は概ね以下のようなものだったとされる。

  1. 形 式:双発三座
  2. 最高速:280ノット(約519km/h)
  3. 上昇力:6,000mまで6分
  4. 航続力:正規1,300浬(約2,408km)、過荷重2,000浬(約3,704km)
  5. 武 装:機首固定20mm×1、7.7mm×2、後部遠隔操作式動力旋回7.7mm×4
  6. その他:十二試艦戦(後の零式艦上戦闘機)と同等の運動性能を有すること。陸攻と同等の航法・通信能力を有すること。

最高速度の要求については、十二試艦戦より出力が2割以上大きい栄二一型を2基装備しているにも拘らず、十二試艦戦の要求性能270ノット(500km/h)よりわずかに速いにとどまっている。これは援護戦闘機に最も重要な長大な航続力に必要とされる大量の燃料に比べ発動機出力が小さいことから大面積の主翼が必要となり、必然的に高速戦闘機にはなり難いためと考えられる。ただし、翼端失速対策として空気抵抗の増加する主翼翼端の捻り下げではなく前縁スラットを装備したり、20mm機銃を命中率の高い機首装備とすることで十二試艦戦の2挺装備から1挺に削減したり、旋回機銃を既存の風防解放式より空気抵抗が増加しない遠隔操作式とする等、可能な限り速度の低下を防ぐための手段が講じられている。

運動性についての要求性能は「海軍の過大な要求」の代表例として挙げられるほど有名なものだが、十三試陸戦の審査に当たった海軍関係者は運動性の要求を「固定銃による空戦が可能な程度」と記憶しており、試作機が零戦と比較されたことによる中島関係者の誤解または記憶違いの可能性がある。ただし、上記の理由により双発戦闘機でありながら運動性によって敵戦闘機に対抗せざるを得ないため、フラップを前縁スラットと連動する空戦フラップとしたり、トルク対応のために十三試陸戦専用に逆回転仕様の栄二二型を新規開発して搭載(共に試作機のみ)する等の対策が講じられている。

武装については、前方固定機銃は他の双発戦闘機と比較して強力とは言えないが、後方旋回機銃が用意されている。これは海軍が編隊後方から襲撃してくる敵戦闘機を警戒し、十三試陸戦はその対策として開発されたのではないかと考えられる。

実戦[編集]

十三試双発陸上戦闘機から二式陸上偵察機[編集]

昭和16年(1941年)3月26日に十三試陸戦試作一号機が完成し、5月2日に初飛行した。しかし、テストの結果、速度や航続力はほぼ要求通りではあったものの、運動性能に劣るため敵戦闘機に対抗するには不足と判定されたこと、遠隔操作式7.7mm動力旋回機銃の信頼性が低いこと、また既に零戦が長距離援護戦闘機として活躍していたこともあって戦闘機としては不採用となった。しかし、九八式陸上偵察機以外に本格的な陸上偵察機を保有していなかった海軍は、本機が従来の九八式陸上偵察機に比べ高速かつ航続距離が長いこと、そして前方機銃と空戦機動に耐える機体強度を持ち、ある程度の自衛戦闘が可能な点に注目し、強行偵察にも使用可能な偵察機に転用することを計画した。そして、昭和17年(1942年)3月に受領した試作5号機から7号機までを偵察機に改造し、実用試験を行った。その結果、4月以降偵察機として50機生産されることとなり、7月6日に二式陸上偵察機(J1N1-C。その後J1N1-Rに改称)として制式採用されることになった。初期生産型(十三試陸戦試作機の改造型も含む)は遠隔操作式機銃がそのまま残されていたが、ほとんどの生産機は遠隔操作式機銃の廃止の代わりに後下方旋回機銃を1挺装備した。また、後期生産型では落下式増槽も装備できるようになった。

制式採用直後の昭和17年(1942年)7月、J1N1-C試作機(十三試陸戦試作機に偵察用カメラを追加した機体。遠隔操作式7.7mm動力旋回機銃はそのまま)3機がラバウルに進出し、翌月から開始された米軍のガダルカナル進攻においても最初にラバウルからガダルカナルに航空偵察を行い、貴重な情報をもたらしている。その後各部隊に配備されるようになったが、米軍の戦力が増強されるにつれ強行偵察では被害が続出するようになり、より高速の二式艦上偵察機(D4Y1-C)や陸軍から借用した百式司令部偵察機の方が重用されるようになった。

夜間戦闘機「月光」[編集]

月光一一型(スミソニアン博物館に展示されている元横須賀航空隊所属機。右翼下は二式複戦「屠龍」の胴体、後方に見える尾翼はB-29(エノラ・ゲイ)のもの)

昭和18年(1943年)初め、豊橋で練成・再編成中だった第251海軍航空隊ラバウルで消耗しつつあった台南海軍航空隊を前年1942年11月1日改称して設立。以下、二五一空)司令の小園安名中佐(当時)は海軍中央の反対を押し切って、十三試陸戦試作機に重爆撃機対策として自ら発案した斜銃(機軸に対して上方または下方に30°前後の仰角を付けて装備された20mm機銃)を追加装備した改造夜間戦闘機を自らの部隊に配備させる事に成功した。二五一空はこの改造夜戦と共に昭和18年(1943年)5月にラバウルへ再進出、同月21日深夜ラバウルに来襲した2機のB-17を撃墜することに成功、その後も次々と夜間爆撃に襲来するB-17を撃墜した。初撃墜の直後、海軍中央から二五一空の保有する二式陸偵全機の改修許可と改造夜戦の制式化内示が伝えられ、昭和18年(1943年)8月23日には丙戦(夜間戦闘機)「月光」(J1N1-S)として制式採用、斜銃も制式兵器となった。

小園大佐は最初に下向き斜銃、次に上向き斜銃による敵機攻撃を発案したが、主に視界の問題(機体下部に開けた窓を通じて照準するため視界が限られる。また夜間においては月や星のため明るい上空に敵機をおいた方が識別しやすい)から、構想の比較的初期段階で下向き斜銃による敵機攻撃は現実的ではないとされ、敵機攻撃には上向き斜銃が使用されることとなった。にも拘らず月光の初期型に上向きと下向きの斜銃が2挺ずつ装備されているのは、敵機迎撃と並んで夜戦の重要な任務と考えられた敵基地などへの夜間攻撃では下向き斜銃の方が便利と考えられたためであり、戦況の悪化に伴い敵基地襲撃より敵機迎撃の重要度が増してくると下向き斜銃を装備する意義は薄れ、後期型では上向き斜銃のみ装備となっている。

月光の登場により、一時はB-17やB-24によるラバウルへの夜間爆撃を押さえ込むことに成功したが、戦力バランスが大きく連合国軍側に傾いてくると効率の悪い夜間爆撃はあまり行われなくなったため、中部太平洋やフィリピンを巡る戦いでは月光は夜間迎撃より夜間偵察や敵基地等の夜間襲撃等に用いられることが多くなった。事実、この時期に月光に装備されたレーダーは対水上用のものである。

本土防空戦においては、P-51が援護戦闘機として登場するまでは夜間のみならず昼間もB-29迎撃に出撃した。しかし、速度や高々度性能の不足、また飛来するB-29に比して迎撃機数が少ないこともあって、十分な戦果を挙げることはできなかった。アメリカ軍のカーチス・エマーソン・ルメイ陸軍航空軍少将は昼間の高々度爆撃の効果が無いと判断し夜間の焼夷弾爆撃に切り替え、命中精度を高める為にB-29を低空で進入させはじめた。これに対しては斜銃のみ装備により夜間迎撃する厚木基地に配備された月光はかなりの戦果を挙げており、横須賀航空隊黒鳥四朗少尉-倉本十三上飛曹機の様に一晩で5機撃墜した例もある。この頃になるとかなりの数の月光に対航空機用レーダーが装備されていたが、搭乗員や整備員がレーダーの取り扱いに不慣れであったこと、レーダー自体の信頼性も低かったことなどから、実戦において戦果を挙げるまでには至らなかった。

生産機数は二式陸上偵察機も含めて477機で、この内40機が終戦時に残存していた。

現在、戦後アメリカ軍に接収された横須賀航空隊のヨ-102号機が修理・復元された上でスミソニアン航空宇宙博物館に展示・保存されている。

派生型[編集]

十三試双発陸上戦闘機(J1N1)
機首20mm機銃1挺+7.7mm機銃2挺、後上方遠隔操作式7.7mm動力旋回連装機銃2基、後下方手動式7.7mm旋回機銃1挺を備えた援護戦闘機型。試作のみ。試作機の一部は偵察用カメラを装備して陸上偵察機に、また別の機は斜銃を装備して夜間戦闘機に改造。陸戦型試作機の発動機は栄二一型、二二型。
二式陸上偵察機一一型(J1N1-R)
後上方遠隔操作式動力旋回7.7mm機銃を廃止し、操縦員席と燃料タンクに防弾装備を追加した陸上偵察機型。発動機は栄二一型。
月光一一型(J1N1-S)
夜間戦闘機型。陸偵型からの改造機の他に、陸偵型と並行生産された段有り胴体の前期型と陸偵型生産終了後に生産された段なし胴体の後期型がある。初期は20mm斜銃を上向き下向き各2挺ずつ装備していたが、後期は上向き2挺のみ。レーダーや推力式単排気管を追加装備した機も存在する。
月光一一型甲(J1N1-Sa)
下向きの20mm斜銃を廃止し、上向きの20mm斜銃を3挺に強化した型。一一型からの改造機や一一型同様、レーダーや推力式単排気管を追加装備した機も存在する。

諸元[編集]

制式名称 二式陸上偵察機一一型 月光一一型
機体略号 J1N1-R J1N1-S
全幅 16.980m 17.000m
全長 12.177m 12.13m
全高 4.56m
主翼面積 40.0m2
自重 4,582kg ※1 4,562kg
過荷重重量 7,250kg ※1 7,527kg
発動機 栄二一型(離昇1,130馬力)
最高速度 507.4km/h(高度5,000m) 同左 ※2
上昇力 高度5,000mまで9分35秒 同左 ※2
航続距離 3,745km(過荷) 2,547km(正規)~3,778km(過荷)
武装 機首20mm固定機銃1挺(携行弾数60発)
同上7.7mm固定機銃2挺(携行弾数各600発)
後下方7.7mm旋回機銃1挺 ※3
上向き20mm斜銃2挺
下向き20mm斜銃2挺(携行弾数各100発) ※4
爆装 胴体250kg爆弾2発
乗員 3名 2名

※1:遠隔操作式7.7mm動力旋回連装機銃2基を装備した試作機の数値の可能性がある。

※2:二式陸偵の数値を流用。

※3:試作機は遠隔操作式7.7mm動力旋回連装機銃2基も装備。

※4:陸偵改造型の中には機首機銃を残したものもある。

  生産後期は上向き2挺または3挺のみ装備。上向き3挺+下向き2挺装備型も存在する。

月光の後継機開発[編集]

月光が丙戦として制式採用された直後の昭和18年(1943年)、レーダー(八木アンテナ付)や斜銃を装備した高性能丙戦として「試製電光」(S1A1)の開発が愛知に命じられたが、実戦配備は早くても昭和20年(1945年)頃と予測(試作機の完成前に終戦)されることから、同時に陸上爆撃機「銀河」(P1Y1)に発動機換装、レーダー(八木アンテナ付)や斜銃の追加、搭乗員と燃料タンクの削減といった改修を加えることで丙戦化した「試製極光」(P1Y2-S)の開発が川西に命じられている。また昭和19年初めには、銀河や艦上爆撃機「彗星」(D4Y2)、少し遅れて艦上偵察機「彩雲」(C6N1)に斜銃を追加した彩雲夜戦や彗星夜戦(D4Y2-S)、銀河夜戦の開発・配備も進められていた。

このため、月光の生産は昭和19年(1944年)10月に終了するが、これは月光の性能不足のためというよりも昭和18年(1943年)初め頃に計画されていた

  1. 三菱における局戦「雷電」の生産拡大に伴う零戦の生産縮小

そして昭和19年(1944年)に入って計画された

  1. 中島における誉の生産拡大に伴う栄の生産縮小
  2. 量産効率向上のための生産機種の絞り込み(機体・発動機とも)

等が影響していると考えられる。

海軍としては、配備数の限定される丙戦は試製電光の様な高性能機でなければ専用の生産ラインを割く余裕は無く、現用の月光より多少高性能な程度の機体であれば他機種からの転用で済ませた方が合理的という方針があったのではないかと考えられる。配備開始間もなく低速が問題となったにも関わらず、月光に大馬力発動機への換装計画すら存在しないのもこのためと考えれば納得しやすい。

しかし、試製電光は終戦まで試作機すら未完成、試製極光は予定性能に達しなかったため開発中止になった。昭和19年(1944年)にアメリカ軍により占領されたマリアナ諸島から出撃するB-29による日本本土爆撃が激化し始める時期がちょうど月光の生産終了時期と重なり、しかも銀河夜戦や彗星夜戦の生産立ち上がりも鈍かったため迎撃に必要な夜間戦闘機数が不足し、耐久時間の過ぎた月光を引っ張り出してB-29迎撃に投入するという事態も起きている。

斜銃とシュレーゲ・ムジーク[編集]

斜銃とほぼ同じ時期にドイツ空軍でもほぼ同じ装備が着想され、実戦においてその有効性が確認されたことから「シュレーゲ・ムジーク」(斜めの音楽、つまりジャズ)の名でBf110Ju88He219といった夜間戦闘機に装備されている。「シュレーゲ・ムジークは日本から斜銃の技術が伝えられて産まれた」とする説があるが、改造夜戦の初戦果とドイツでシュレーゲ・ムジーク装備Bf110の初戦果が同じ年の同じ月であることからも分かるように、これは全くの誤りで、日本・ドイツの両方で同時発生的に産まれたものと考えた方が自然であり、両軍とも大型爆撃機への対策に悩まされていた証拠と言えよう。因みにシュレーゲ・ムジークの取付角が斜銃の倍以上に当たる機軸に対して上方に65~70°である等細かい点では異なる点も多いが、現場の人間が着想し、周囲から異端視されながらも在り合わせの機材で戦果を挙げ、制式装備にまで取り上げられていった点は全く同じである。なお、小園安名中佐の斜銃の提案に対する反論の中には「それが有効であるなら、とっくに(技術において日本より進んでいる)ドイツが採用しているはずだ」というものがあったと言われる。

参考文献[編集]

  • 世界の傑作機 No.57 海軍夜間戦闘機「月光」』(文林堂、1996年) ISBN 4-89319-054-7
  • 『日本陸海軍夜間戦闘機』(モデルアート2001年10月号臨時増刊、No.595)
  • 渡辺洋二『日本海軍夜間邀撃戦』(大日本絵画、2004年) ISBN 4-499-22867-0
  • 松葉稔 作図・解説『航空機の原点 精密図面を読む9 日本海軍戦闘機編』(酣燈社、2005年) ISBN 4-87357-158-8 p64~p77

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]