カーチス・ルメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーチス・ルメイ
Curtis Emerson LeMay
Curtis LeMay (USAF).jpg
生誕 1906年11月15日
オハイオ州 コロンバス
死没 1990年10月1日(満83歳没)
カリフォルニア州 マーチ空軍基地
所属組織 アメリカ陸軍航空隊
アメリカ陸軍航空軍
Seal of the US Air Force.svgアメリカ空軍
軍歴 1928 - 1965
最終階級 空軍大将
除隊後 副大統領候補
テンプレートを表示

カーチス・エマーソン・ルメイCurtis Emerson LeMay, 1906年11月15日 - 1990年10月1日)は、アメリカ合衆国軍人である。最終階級は空軍大将。第5代空軍参謀総長を務めた。

経歴[編集]

戦前[編集]

1906年11月15日オハイオ州コロンバス市で放浪者の父と教師の母のもと6人兄弟の長男として生まれた。オハイオ州立大学在学中に陸軍予備役将校訓練課程を修了。大学を中退し国境警備隊に入る。

1928年航空士官候補生として軍へ進む。テキサス州ケリーフィールドでパイロットの訓練を受ける。1929年10月陸軍航空隊予備役で少尉に任命。1930年1月正規任官。ミシガン州セルフリッジフィールドの第27戦闘飛行隊(the 27th Pursuit Squadron)に着任。1937年に爆撃機に転科するまでは戦闘機パイロットとして任務に就いた。1938年南アフリカで最初のB17集団飛行に参加した[1]

欧州戦線[編集]

アメリカが第二次世界大戦へ参戦するとルメイは南大西洋からアフリカ、北大西洋からイギリスへの空路を開いた。1942年第305爆撃隊を組織、訓練し、ヨーロッパで戦闘する部隊を指導した。ヨーロッパの作戦でB17の爆撃隊によるフォーメーションや爆撃技術を改良する。これらの基本的な手順や技術は後に太平洋で活躍するB29にも適用された[1]1942年9月から1943年5月までイギリスにおいて第8爆撃軍団傘下で航空軍大佐として同隊の指揮を執り、のちに第4爆撃航空団を率い、1943年9月に同航空団が第3航空師団に再編成されたときにはドイツレーゲンスブルク爆撃の功績により准将に昇進、その最初の司令となり、1944年3月には少将に昇進した。

ドイツ本土への爆撃に赴く搭乗員に対し「君が爆弾を投下し、そのことで何かの思いに責め苛まれたとしよう。そんなときはきっと、何トンもの瓦礫がベッドに眠る子供のうえに崩れてきたとか、身体中を炎に包まれ『ママ、ママ』と泣き叫ぶ三歳の少女の悲しい視線を、一瞬思い浮かべてしまっているに違いない。正気を保ち、国家が君に希望する任務を全うしたいのなら、そんなものは忘れることだ」と言い聞かせたこともある[2]

“鉄のロバ”(頑固者)と呼ばれ、訓練が実戦で生死を分けると信じており、作戦と作戦の間に部下を徹底的にしごき寡黙で鬼のように厳しかったが、部下からは絶大な信頼を寄せられていた。

統計学などを駆使して効率的な爆撃作戦の研究をしたロバート・マクナマラハーバード大学助教授は、第二次世界大戦時の爆撃任務における高い任務中止率に関する報告書に「指揮官の一人にカーティス・ルメイというB-24部隊を指揮する大佐がいた。彼は私が戦中に出会った者の中で最も優れた戦闘指揮官だった。 しかし彼は、異常に好戦的で、多くの人が残忍だとさえ思った。 ルメイは(爆撃機の空爆任務の中断率に関する調査で、高い中止率の原因は隊員が撃墜を恐れてこじつけの理由で任務放棄しているに過ぎないと結論づけたマクナマラの)報告書を受け後、命令をだした。『これから全ての任務において自分が先陣の爆撃機に搭乗する。今後は出撃した全ての爆撃機が攻撃目標まで到達する。これを成し遂げないものは全員軍法会議にかけ処分する。』。任務中止率は瞬く間に低下した。彼はそういう類の指揮官だった。」と記している[3]

日本本土爆撃[編集]

空襲を受ける東京市街(1945年5月25日)

1944年ルメイはポール・ティベッツたちからB29の操縦法を学んだ課程の終わりに「この飛行機で戦争に勝てるぞ」と予言している[4]

1944年8月20日イギリス領インド帝国カラグプル英語版に司令部を置く第20爆撃集団司令官に赴任、同じ連合国イギリスや中華民国と共同で行う対日作戦として、中華民国の重慶に設けられた基地からの八幡製鉄所爆撃に携わった。 ルメイは毛沢東と交渉し、物資と引き換えに北支地方の気象予報を定期的に通報させた。この情報は中国からの爆撃で役に立ち、ルメイは後にマリアナに移ってからも毛沢東から情報を得ていた[5]

ルメイは精密爆撃の技術改良に力を入れ飛行機工場を目標にした昼間精密爆撃で成果を上げていった。1944年10月25日大村第21海軍航空廠を目視で爆撃させその大半を破壊した。第21爆撃集団司令ヘイウッド・ハンセルがよくて14%の精度だったのに対しルメイは41%を目標300メートル以内の高精度で投下している。またルメイはハンセルと違い兵站上の難問にも対処しなければならなかったが、空襲成果を上回り、全く言いわけをせず、延期もなく、問題を解決していった[6]

第20空軍隷下の第21爆撃集団司令官に赴任。 アメリカ陸軍航空軍司令官ヘンリー・アーノルドはルメイが中国から行った高い精度の精密爆撃の腕を買い、1944年11月13日の時点でルメイの異動を検討していた[7]。1944年12月9日ルメイに対して「B29ならどんな飛行機も成し遂げられなかったすばらしい爆撃を遂行できると思っていたがあなたこそそれを実証できる人間だ」と手紙を送った。アーノルドは中国からの爆撃をやめさせてルメイをマリアナに合流させると1945年1月20日ルメイを司令官に任命した。[注 1]

3月10日東京大空襲を指揮。ルメイの独創性は進入高度の変更にあった。従来は高度8500mから9500mの昼間爆撃を行っていたが、高度1500mから3000mに変更した。理由はジェットストリームの影響を受けないこと、エンジン負荷軽減で燃料節約し多くの爆弾を積めること、爆撃が正確に命中すること、火災を密度で合流し大火災にできることであった。しかし低空では敵の迎撃機、対空砲があるため夜間爆撃にした。また機銃、弾薬、機銃手をB29から取り除き一機当たり爆弾を200キロ増やせるようにし、編隊ではなく単機直列に変更した。ルメイの変更に乗員は恐怖したが、結果的にB29の損害は軽微であった[10]。誘導機を務めたトム・パワー参謀長は「まるで大草原の野火のように燃え広がっている。地上砲火は散発的。戦闘機の反撃なし。」と実況報告した。3時間にも満たぬ間に、日本は50万人近く負傷し、約6平方マイル内で25万戸の家屋が焼失したが、ルメイの部隊は325機中14機を損失しただけであった[11]

ルメイが東京空襲に成功すると3月10日アーノルドは「おめでとう。この任務で君の部下はどんなことでもやってのける度胸があることを証明した」とメッセージを送る[12]。またルメイに「空軍は太平洋戦争に主要な貢献をなしうる機会を手にした」と賛辞を送った[13]。戦後、ルメイは「我々は東京を焼いたとき、たくさんの女子どもを殺していることを知っていた。やらなければならなかったのだ。我々の所業の道徳性について憂慮することは―ふざけるな」と語った[14]

焦土化作戦は東京や大阪、名古屋等の大都市を焼き払った後は、富山市郡山市などの地方の中小都市[15]までが対象となった。これらの空襲は日本国民を震え上がらせ、日本側から「鬼畜ルメイ」「皆殺しのルメイ」と渾名された[注 2]

戦後ルメイは日本爆撃に道徳的な考慮は影響したかと質問され、「当時日本人を殺すことについてたいして悩みはしなかった。私が頭を悩ませていたのは戦争を終わらせることだった」「もし戦争に敗れていたら私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。幸運なことにわれわれは勝者になった」「答えは“イエス”だ。軍人は誰でも自分の行為の道徳的側面を多少は考えるものだ。だが、戦争は全て道徳に反するものなのだ」と答えた[19]

日本本土爆撃に関して、ルメイは人道に反することを知りつつも戦争における必要性を優先し現場で効果的な戦術を考案し実行した責任がある。しかし爆撃は航空軍司令官ヘンリー・アーノルドに命じられた任務であり、ルメイの役割が誇大に語られる傾向がある。ルメイの就任でB-29の攻撃法が夜間中心に変わったが、都市爆撃の枠組みは、統合参謀本部の決定、焼夷弾攻撃の準備、東京や名古屋でのハンセルによる無差別爆撃の試行などルメイ就任前から進められていた[20]

1945年5月原爆投下部隊である第509混成部隊が準備を終えてルメイの部隊に移動してきた。ルメイは投下部隊の要望を最優先事項として便宜を図るように命令されていた。当時ルメイは空襲に絶対的な自信を持っていたため、原爆が必要とは考えていなかった。指揮官のポール・ティベッツ大佐が立案した原爆投下命令書草案をもとに、8月2日ティベッツらはルメイ司令部で細目の決定を行った。ルメイは「京都は大した軍事的目標ではない。神社みたいなものがいっぱいあるだけだ。それに普通の市民を爆撃してみたって何の役にも立ちはしない―引き合わんよ」と京都への投下には反対した。一方で多くの軍隊と軍需工場がある広島には賛成した[21]。その後、ルメイはティベッツが作成した草案をほぼそのまま命令書第13号としてティベッツに渡した[22]

1945年8月15日終戦。9月20日記者会見でルメイは「戦争はソ連の参戦がなくても、原爆がなくても、二週間以内に終わっていたでしょう。原爆投下は、戦争終結とはなんら関係ありません」と答えている。しかし晩年の1988年には、著書で「原爆を使用せずに戦争を終わらせることができたとしても、私は、原爆投下は、賢明な決定だったと思います。なぜなら原爆投下が降伏交渉を早めたのです」と語り、原爆投下は、上陸作戦前に日本を降伏させ、百万のアメリカ兵の命を救ったというアメリカ政府の公式説明を支持している[23]。終戦後、ルメイは北海道からシカゴまでノンストップ記録でB29を操縦して帰国した[1]

冷戦[編集]

戦後、航空資材軍団司令本部に着任。国防総省で初代の研究開発航空副参謀長を務める[1]爆撃機開発の責任者としてヴァルキリー計画を指揮、当時の主力機であるボーイングB-52爆撃機や、世界初の超音速爆撃機であるコンベアB-58爆撃機の後継機となる超音速爆撃機の開発を指揮する。

1947年10月、ドイツ・ヴィースバーデンにある米軍航空欧州本部(現・在欧アメリカ空軍)の指揮官を拝命(この直前の9月、陸軍航空軍は正式に独立し現在のアメリカ空軍となった)。ベルリン封鎖に対抗する“空中架橋”作戦に従事。1948年帰国後、新設される戦略空軍を想定し、ネブラスカ州オファット空軍基地本部を設立する[1]

朝鮮戦争においてアメリカ空軍は大きな役割を果たした。ルメイは「我々は朝鮮の北でも南でも全ての都市を炎上させた。我々は100万以上の民間人を殺し数百万人以上を家から追い払った」と語った[24]

1957年7月空軍副参謀長。1957年11月11日 KC-135による無給油連続飛行世界記録樹立を指揮し、年度優秀パイロットに贈られるハーモン・トロフィーを受賞している。1961年7月空軍参謀総長。

キューバ危機勃発時、ルメイら空軍首脳部は圧倒的な兵力でソ連を屈服させることが可能であると確信し、キューバ空爆をジョン・F・ケネディ大統領に提案したが却下された。ソ連はキューバ危機の時点ですでにキューバに核ミサイル数十基を配備済みであり、この提案は“第三次世界大戦”を招きかねないものであった。

1964年12月7日勲一等旭日大綬章を入間基地で浦茂航空幕僚長から授与された[注 3]。理由は日本の航空自衛隊育成に協力があったためである[25]。12月4日の第1次佐藤内閣の閣議で決定された[26]。叙勲は、浦茂幕僚長がルメイを航空自衛隊創立10周年式典に招待したことを発端とした防衛庁の調査、審査に基づく国際慣例による佐藤内閣の決定であることが明かされている[27]。推薦は防衛庁長官小泉純也と外務大臣椎名悦三郎の連名で行われる[28]。防衛庁から首相佐藤栄作賞勲局へ叙勲が適当であるという説明があった[29]。勲一等旭日章という種類の選定は大将という階級から慣例に基づいたものである[30]

ルメイが東京大空襲や原爆投下を行った部隊の指揮官だったことから授与に対し批判も大きい。当時、社会党、原水爆禁止団体、被爆者などから国民感情として納得できないという声が上がった[25]。国会でも叙勲に対し疑問視する声があった[31]。東京大空襲や原爆から叙勲は不適切ではないかという質問に佐藤は「今はアメリカと友好関係にあり、功績があるならば過去は過去として功に報いるのが当然、大国の民とはいつまでもとらわれず今後の関係、功績を考えて処置していくべきもの」と答える。小泉は「功績と戦時の事情は別個に考えるもの。防衛庁の調査でも当時ルメイは原爆投下の直接部隊の責任者ではなく、原爆投下はトルーマン大統領が直接指揮したものである」と説明している。佐藤もそれらを理由に決定を変える意思はないと表明した[32]。ルメイは12月7日に防衛庁で小泉を訪問予定であった[26]が、当日は事務次官三輪良雄が代理で面会している[25][注 4]

勲一等の授与は天皇が直接手渡す“親授”が通例であるが、昭和天皇は親授しなかった。後年『NHK特集 東京大空襲』でのNHKの取材で戦争責任についての問いにルメイはその勲章を見せた。

ジョン・F・ケネディ政権時代の1960年から本格化したベトナム戦争では空軍参謀長の任にあり、「(北)ベトナムを石器時代に戻してやる」と豪語し北爆を推進した。リンドン・B・ジョンソン政権下で1965年2月7日から北爆が開始された。

1965年2月に退役。1968年ベトナム戦争の推進、人種差別的政策を掲げた前アラバマ州知事ジョージ・ウォレス大統領候補とともにアメリカ独立党 (American Independent Part) の副大統領候補として出馬するが落選した。

1970年12月14日テニアンの福祉、生活向上への優れた功績でテニアン島民から表彰状を受賞した[37]。イギリス首相チャーチルからもらったイギリス空軍殊勲十字章が自慢だった[38]

1990年10月1日没。

[編集]

  1. ^ 戦後、前任者のヘイウッド・ハンセル准将はルメイとの交代は精密爆撃から無差別爆撃への政策転換の結果と話したが、実際はハンセルのころから無差別爆撃の準備を進めており、実験的に実行もしており、無差別爆撃の方針についてルメイは基本的にハンセルの戦術を踏襲している[8]。一方で1945年1月3日アーノルドの参謀総長で民家焼夷攻撃論者のローリス・ノースタッド英語版少将の名古屋空襲で焼夷弾による無差別攻撃を命じたにも拘らず、ハンセルは従来の工場攻撃に重点を置き、焼夷弾爆撃は一部の機体に試行的に実施させたに過ぎなかったことが、ルメイへの交替を決心させる契機となったという意見もある。ルメイも当初は工場爆撃を主とする考え方に与する立場であったが、ノースタッドの命令を忠実に実行する意思は持っていた[9]
  2. ^ この点は南北戦争時の海への進軍その後の北上進撃アメリカ連合国の盟主だったジョージア州サウスカロライナ州を壊滅させ、南部人を震え上がらせた、同じオハイオ州出身で北軍のウィリアム・シャーマンの戦争の考え方を踏襲している[16]。ただし、陸上の物流の主役であった国鉄を始めとする鉄道網に対してはルメイの他陸軍航空隊が明確に主目標に据えたことは殆ど無く、組織的な鉄道網攻撃として実施したのは1945年8月15日の岩国機関区に対する爆撃が唯一であった[17]。また、第21爆撃集団は当時日本国内で数地区に集中していた炭田への集中爆撃も実施しなかった[18]
  3. ^ 浦茂は返礼として翌年アメリカ空軍からレジオン・オブ・メリット勲章を授与されている
  4. ^ この叙勲は様々な俗説を生んだ。米国の無差別殺戮に謝罪も賠償も要求しないことを形にしろとジョンソン大統領が要求したとする説[33]橋本登美三郎官房長官が小泉防衛長官と叙勲決定を主導したとする説[34]池田勇人前首相が叙勲決定を行ったとする説。元航空幕僚長の源田実参議院議員が推薦などを行ったとする説。しかし、推薦、選考、決定、全ては行政(内閣)で行われ、池田や源田は参加していない[35][36]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Air Force Link: Curtis Emerson LeMay”. 2012年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月19日閲覧。 アメリカ空軍公式サイト
  2. ^ ドイツ空襲の意見を聞かれて - E・バートレット・カー著・大谷勲訳『戦略・東京大空襲』
  3. ^ ドキュメンタリーを撮ったエロール・モリス英語版監督による引用。The Fog of War: Eleven Lessons from the Life of Robert S. McNamara, Documentary Film, 2003「One of the commanders was Curtis LeMay—Colonel in command of a B-24 group. He was the finest combat commander of any service I came across in war. But he was extraordinarily belligerent, many thought brutal. He got the report. He issued an order. He said, 'I will be in the lead plane on every mission. Any plane that takes off will go over the target, or the crew will be court-martialed.' The abort rate dropped overnight. Now that's the kind of commander he was.」
  4. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ119頁
  5. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ124頁
  6. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書128頁、NHKスペシャル取材班『ドキュメント 東京大空襲: 発掘された583枚の未公開写真を追う』新潮社136頁
  7. ^ NHKスペシャル取材班『ドキュメント 東京大空襲: 発掘された583枚の未公開写真を追う』新潮社136頁
  8. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書128-129頁
  9. ^ 青木慶一「国鉄運賃問題の一考察」『政策月報』1966年4月 自由民主党服部卓四郎『大東亜戦争史』第10章を参照して述べられている。)
  10. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書136-137頁
  11. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ151-152頁
  12. ^ NHKスペシャル取材班『ドキュメント 東京大空襲: 発掘された583枚の未公開写真を追う』新潮社142頁
  13. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書136頁
  14. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書139頁
  15. ^ 富山市空襲については中山伊佐男著『ルメイ・最後の空襲』桂書房に詳しい。青木慶一も同市が民家焼失率で全国一 (99%) となったことを指摘している。
  16. ^ ロナルド・シェイファー著、深田民生翻訳「アメリカの日本空襲にモラルはあったか―戦略爆撃の道義的問題」草思社
  17. ^ 服部卓四郎は著書『大東亜戦争史』第10章で「米空軍が鉄道に対する本格的攻撃を延引したことは、日本のために真に僥倖であった。巨大な本土決戦兵力と、軍需品の展開が出来たのも、戦時産業活動で国民生活を辛うじて支え得たのも、実にそのためであった。戦後になってから米爆撃調査団は、米空軍のこの戦略的過失を鋭く指摘している」と述べている
  18. ^ 青木慶一「国鉄運賃問題の一考察」『政策月報』1966年4月 自由民主党
  19. ^ 鬼塚英昭『原爆の秘密「国内篇」昭和天皇は知っていた』成甲書房117頁
  20. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書136、139頁、NHKスペシャル取材班『ドキュメント 東京大空襲: 発掘された583枚の未公開写真を追う』新潮社62-63頁
  21. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ368-369頁
  22. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ375頁
  23. ^ 鈴木敏明『原爆正当化のアメリカと「従軍慰安婦」謝罪の日本』展転社17頁
  24. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書190頁
  25. ^ a b c 朝日新聞夕刊昭和39年12月7日
  26. ^ a b 朝日新聞夕刊昭和39年12月4日
  27. ^ 「昭和39年12月15日47回衆議院 外務委員会 1号 総理府事務官賞勲局長岩倉規夫政府委員の答弁」、総理府賞勲局監修『栄典事務手続き 第4次改定版』96-97頁
  28. ^ 総理府賞勲局監修『栄典事務手続き 第4次改定版』96-97頁
  29. ^ 「昭和39年12月15日47回衆議院 外務委員会 1号 総理府事務官賞勲局長岩倉規夫政府委員の答弁」、昭和39年12月07日47回 衆議院 予算委員会 8号
  30. ^ 昭和39年12月15日47回衆議院 外務委員会 1号 総理府事務官賞勲局長岩倉規夫政府委員の答弁
  31. ^ 昭和39年12月07日47回 衆議院 予算委員会 8号、昭和39年12月15日47回衆議院 外務委員会 1号など
  32. ^ 昭和39年12月07日47回 衆議院 予算委員会 8号
  33. ^ 高山正之『変見自在 マッカーサーは慰安婦がお好き』
  34. ^ 『軍縮問題資料』308号2006年7月43頁
  35. ^ 総理府賞勲局監修『栄典事務手続き 第4次改定版』96-97頁
  36. ^ 国立公文書館「(外国人叙勲)アメリカ合衆国空軍大将カーチス・イー・ルメイへ勲一等に叙し旭日大綬章を贈与するについて」請求番号分館-01-039-00・平3総00673100件名番号007、作成部局賞勲局年月日昭和39年12月04日
  37. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ465頁
  38. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ466頁

参考文献[編集]


先代:
トーマス・D・ホワイト
アメリカ空軍参謀総長
第5代:1961 - 1965
次代:
ジョン・P・マコーネル