白菊 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳島海軍航空隊所属の白菊
緑十字飛行に使用された白菊

機上作業練習機白菊(しらぎく)は、第二次世界大戦中期から日本海軍で使用された練習機である。開発・製造は九州飛行機で、機体略番はK11W九〇式機上作業練習機の後継機として昭和17年に制式採用され終戦まで使用された。大戦末期には特攻機として使用された機体もあった。

開発[編集]

機上作業練習機とは、艦上攻撃機艦上爆撃機のような操縦士以外の乗員の任務である航法・通信・射撃・爆撃・偵察等の訓練を行うための機体である。海軍初の機上作業練習機である九〇式機上作業練習機は昭和6年から使用され続けていたが、太平洋戦争突入の頃になると流石に性能的に不満が出てきた。そこで海軍は昭和16年に後継機の開発を渡辺鉄工所(後の九州飛行機)に指示した。

渡辺では昭和16年6月から設計を開始し、昭和17年11月に試作第1号機を完成させた。全金属製モノコック構造の胴体に木製骨組み合板張りの主翼を有した中翼単葉機で、主脚は固定式、エンジンは515hpの日立天風を1基搭載していた。角型断面のやや幅広の胴体には、操縦員1名の他、教官と3名の練習生を搭乗させることが可能で、座席の配置は訓練の内容によって変更可能であった。テストの結果若干の安定性不良が指摘されたが改修可能で、昭和18年試製白菊(K11W1)として量産が開始された。

その後、教官席を廃止し代わりに練習生の搭乗人数を増加させた試製白菊改(K11W2)が試作され、昭和19年3月に試製白菊共々制式採用された。その際、試製白菊は「白菊11型」、試製白菊改は「白菊21型」と呼ばれるようになった。

運用[編集]

安定性や操縦性が良好で、機内スペースが広く汎用性に優れた機体だったため、戦争末期の練習航空隊には本機が必ずと言ってよいくらい配置され、終戦まで活躍した。また、近距離輸送や連絡、対潜哨戒等の任務でも利用された。燃料は「八〇丙」と呼ばれるオクタン価80のアルコール燃料を使用していた。大戦末期には特攻機として使用され、沖縄戦に出撃した。製造機数は798機で、終戦時には370機以上が残存していた。これは、九三式中間練習機、零式艦上戦闘機、紫電・紫電改に続く数であった。一部は緑十字飛行に利用された。

白菊特攻隊[編集]

白菊による特攻は昭和20年3月頃から検討された。 白菊を装備する高知空(菊水白菊隊)、徳島空(徳島白菊隊)、大井空(八洲隊)、鈴鹿空(若菊隊)で実施される事となり、特攻機に改造するに当たっては、250kg爆弾を両翼に1発ずつ装着し、操縦席計器板に信管の安全装置を解除するレバーを装着した。 航続距離不足を補うために胴体内の後部席に零戦用の増槽を取り付け、通常は480リットルである搭載燃料を700リットル弱まで増加させた。 これらの改造により、通常時より大幅に重量が増加し、離陸できるのかという不安が隊員にはあったという。この状態での最高速度は100ノット程度で低速である為、特攻は主に夜間に行われた。 菊水七号作戦を始まりとして昭和20年5月24日から6月25日にかけてのべ130機が出撃し、沖縄戦の終了とともに白菊による特攻は終わった。 なお、TVドラマ「水戸黄門」の第14部から第21部まで9年間徳川光圀役を務めた俳優・西村晃は、徳島白菊隊の特攻隊員である。しかし、出撃機不良で基地に引き返し終戦を迎えた。また、この特攻隊での同僚には裏千家15代家元の千玄室がおり、西村の親友である。

南海[編集]

海軍では本機の汎用性に目をつけ、本機をベースとした対潜哨戒機の開発を計画した。南海(Q3W1)と名づけられたこの機体は、白菊の機体を大型化し主脚を引き込み式にした全木製機となるはずだった。しかし、終戦により本機は計画だけで終わった。

スペック[編集]

  • 全幅: 14.98 m
  • 全長: 9.98 m
  • 全高: 3.10 m
  • 機体重量: 2,569 kg
  • エンジン: 日立 天風21型 空冷9気筒 515 hp
  • 最大速度: 230 km/h
  • 航続距離: 1,176 km
  • 武装
    • 7.7mm機関銃×1
    • 爆弾60kg (30kg×2)
  • 乗員: 5名

書籍[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]