フェリックストウ F.5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーチス製 F5L

フェリックストウ F.5 (Felixstowe F.5) は、第一次世界大戦においてイギリス海軍空軍で使用されたフェリックストウ海軍工廠製の飛行艇である。

概要[編集]

イギリスが導入したF型飛行艇の原型は、米国カーチス大西洋横断を目指して製作したカーチス H4「スモール アメリカ」である。1913年英国サセックスにあるホワイト&トムソン社がカーチスの代理店となるが、同社のテストパイロットだったのがF型の生みの親であるジョン・ポート(en)である。第一次大戦勃発に伴い海軍航空隊中佐となったポートは上層部にカーチス H4の購入を進言、これに続いてより大型のカーチス H12「ラージ アメリカ」も導入された。この2種類の飛行艇の離水性能向上を主眼において改良されたものがF型で、H4がF.1、H12がF.2となった。F.3を経て最も大型のF.5型となった。初飛行は1918年5月。航続距離延伸を狙い艇体が大型化されたが、予算の問題でその他の部分は可能な限りF.3型と同じとした為、飛行性能が大幅に低下してしまった。後に発動機ロールス・ロイスイーグルVIIからVIIIに換装している。量産はショート社等が担当している。

第一次大戦後も現役に留まり、1925年スーパーマリン サウザンプトンに置き換えられるまで活躍した。また、米国、カナダでもエンジンをリンカーン製のリバティとしたF5Lを米海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory)、カーチス等で生産している。

日本での運用[編集]

日本における F.5

1919年(大正8年)に日本海軍は本機を爆撃用飛行艇として国産化することを計画し、1920年9月にショート社とライセンス契約を結ぶとともに完成機を8機購入した。その後、1921年(大正10年)のセンピル教育団の来日とともに4機追加購入している。同年4月にはショート社からドッズ技師等21名を招聘し、本機の製作技術についての講習を行った。その後、横廠広廠愛知航空機で62機が生産され、1930年昭和5年)頃まで現役に留まっていた。

本機は日本海軍における最初の制式飛行艇であり、日本で本格的に製造された初めての飛行艇であった。その航続性能を生かして数々の洋上長距離飛行に成功したほか、対艦爆撃実験や各種の訓練に活用された。

性能諸元[編集]

  • 全長: 15.20 m
  • 全幅: 31.60 m
  • 全高: 5.80 m
  • 全備重量: 5,800 kg
  • 発動機: ロールス・ロイス イーグルVIII 水冷正立V型12気筒 360 hp × 2
  • 最大速度: 144 km/h
  • 実用上限高度:3,550m
  • 航続距離: 8 時間
  • 武装
    • 7.7mm機銃 × 4
    • 爆弾 418 kg
  • 乗員: 4名

参考文献[編集]

  • 「帝国陸海軍用機ガイド」 安東亜音人 著 新紀元社 刊 ISBN 4883172457

関連項目[編集]