九〇式三号水上偵察機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

九〇式三号水上偵察機 E5Y1/E5K1

  • 用途偵察機
  • 分類水上機
  • 設計者:佐波次郎
  • 製造者:横須賀海軍工廠
  • 運用者:大日本帝国海軍
  • 初飛行:1928年
  • 生産数:20機
  • 生産開始:1932年

九〇式三号水上偵察機(きゅうれいしきさんごう すいじょうていさつき)とは横須賀海軍工廠(横廠)が開発した日本海軍の単発複葉3座双浮舟式の水上偵察機である。

開発と生産[編集]

一四式水上偵察機の生産が開始されて間もない1927年昭和2年)に海軍は一四式水偵の後継機の開発を愛知航空機中島飛行機及び川西航空機の3社に対し指示した[1]。また、これとは別に海軍の直轄として横須賀海軍工廠に対し一四式二号水偵改一Cとして試作を行わせた[1]。横須賀海軍工廠では佐波次郎少佐を設計主務者として[1]、一四式水上偵察機を基に作業を開始し[2][3][* 1]、翌年8月ブリストル ジュピター発動機または、九一式液冷500馬力発動機を搭載した試作機2機が完成した[4]

これに対し、愛知航空機を始めとする各社は複座水上偵察機の試作設計の方に注力するため辞退する結果となった[5][* 2]

名前は一四式であるが鋼管溶接構造の胴体は後半部を細くして後下方銃座を設け、主翼尾翼も再設計されており全く別の機体と言っても良かった。そして水冷エンジンのロレーヌ450馬力発動機(ロレーヌ 12E)を装備した一四式二号改一C、ジュピターF8に戻し機首を延長した一四式二号改一Dを経て[要出典]1932年(昭和7年)4月に九〇式三号水上偵察機として制式採用され、量産は川西航空機が担当した[5]

最大速度は一四式二号水偵と大差がないが、武装が前方固定機銃2挺、後方旋回2挺に爆弾250kgまでと格段に強化されているのが大きな特徴である。初期生産型では発動機にジュピターを搭載していたが、後期生産型には九一式500馬力発動機が搭載された[6]川西で発動機を九一式500馬力発動機に換装した後期生産型は最大速度が185km/hに、3,000mまでの上昇時間も25分に短縮している。[要出典]

しかし開発に時間をかけながら大幅な向上が認められず、さらには後継機となった七試水上偵察機(後の九四式水上偵察機)の開発が順調であったため[7]、生産機数は17機に留まった[5][8][* 3]

運用[編集]

1932年2月頃から戦艦に搭載されており、第一次上海事変の際には水上機母艦能登呂の搭載機として出動している。

また、海軍に献納された航空機は報国号と呼ばれていたが、その第1号、2号は本機であった[6]

九〇式三号水上偵察機の略番は横廠製が E5Y1[要出典]、川西製が E5K1 となっていた[5]

性能諸元[編集]

前期型 (E5K)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 設計の基になった機種を 野原 (2007)、p.69 では、ハインケルHD-28としている。
  2. ^ 民間各社の辞退については、 野原 (2009)、p.62 では、設計をまとめきれなかったためとしている。
  3. ^ 生産機数については、 野原 (2009)、p.64 及び『日本海軍水上偵察機』 (1994)、pp.12-13. では、20機としている。
  4. ^ 乗員については、野原 (2007)、p156 及び『日本海軍水上偵察機』 (1994)、p.26 では、2名としている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 野原 (2007)、p.69
  2. ^ 野原 (2009)、p.62
  3. ^ 『日本海軍水上偵察機』 (1994)、p.12
  4. ^ 野原 (2007)、pp.69, 76.
  5. ^ a b c d 野原 (2007)、p.76
  6. ^ a b 野原 (2007)、pp.73, 75.
  7. ^ 野原 (2009)、p.64
  8. ^ 野原 (2009)、p.63
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 野原 (2007)、p156
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本海軍水上偵察機』 (1994)、p.26

参考文献[編集]

  • 野原茂 『日本陸海軍偵察機・輸送機・練習機・飛行艇 1930-1945』 文林堂〈世界の傑作機別冊〉、2009年、初版。ISBN 978-4-89319-173-1
  • 野原茂 『日本の水上機』 光人社2007年、初版。ISBN 978-4-7698-1337-8
  • 『日本海軍水上偵察機』 文林堂〈世界の傑作機〉、1994年

関連項目[編集]