水戸黄門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水戸黄門(みとこうもん)は、権中納言であった江戸時代前期の水戸藩主・徳川光圀の別称であり、彼が世直しのために日本各地を漫遊したという物語の題名でもある。

かつてはもっぱら『水戸黄門漫遊記』(みとこうもんまんゆうき)と呼ばれた。メディアとしては、講談歌舞伎演劇小説映画テレビドラマ漫画アニメなどに広く及ぶ。

沿革[編集]

物語の背景[編集]

実在の水戸藩主である徳川光圀は、国史編纂(『大日本史』)のために史局員の儒学者らを日本各地へ派遣して史料蒐集を行っているが、光圀自身は世子時代の鎌倉遊歴と藩主時代の江戸と国元の往復や領内巡検をしている程度で、漫遊したという史実はない。

光圀は同時代の伝記史料において名君として評されているが庶民の間でも知名度は高く、亡くなった時には「天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門」という狂歌が流行った。水戸黄門漫遊譚の成立には、この様な名君としての評判や、幕末における水戸学の浸透が後の物語の形成に影響していると思われる。光圀の伝記資料としては、正伝である『義公行実』をはじめ『桃源遺事』『久夢日記』など様々なものがあり、宝暦年間にはこれらの伝記資料を基に実録小説である『水戸黄門仁徳録』が成立し、黄門漫遊譚の起源となっている。

また史実の光圀は、家臣の佐々十竹(佐々宗淳)らを各地へ派遣しており、彰考館総裁であった佐々と安積澹泊(あさかたんぱく、安積覚兵衛)の二人が、後の助さん・格さんのモデルと見られている。

当時の身分制社会では現在に残る風習以上に、は本人・直系尊属・本人が仕える君主のみが、プライベートないし畏まった特別の場面でのみ呼称できるものであり、目下の者が目上の者あるいは上位家系・上位職にある者などに対して諱を直言することを禁忌とし、呼称の際には、被呼称者が俗人の場合には官位職制・居住地などをあるいはと併用、出家の場合には法名を用いたり、呼称者と被呼称者の格差が大きい場合には姓すらも直言をタブー視する風習が厳然と存在していた。このため、水戸黄門の名は、光圀が徳川御三家の一統である水戸藩の藩主であり、武家官位として権中納言を名乗っていたことから、「徳川光圀」と直言することを避けるために、藩名である「水戸」と、中納言の唐名である「黄門」をとって広く用いられていた別称である。

講談『水戸黄門漫遊記』[編集]

幕末になって、講談師(氏名は不明)がこれらの伝記や十返舎一九作の滑稽話『東海道中膝栗毛』などを参考にして『水戸黄門漫遊記』を創作したと考えられている。内容は、「天下の副将軍」こと光圀がお供の俳人を連れて諸国漫遊して世直しをするというもので、大変な人気作となった。副将軍職は幕府の職制にはないが、水戸徳川家には参勤交代がなく江戸定府であったことから、家臣の中には「いったん将軍にことあるときは、水戸家当主が代わって将軍職を務める」と思いこんで「副将軍」という者もいたという。この講談話の始まりについては、一橋慶喜を将軍職に就けるため、父である水戸斉昭が裏で動いて、水戸徳川家は「天下の副将軍」であるという話を世間に広めようとしたのだという説がある。

明治になると、大阪の講釈師玉田玉知がお供を俳人ではなく家臣の佐々木助三郎(介三郎、助さん)と渥美格之進(格さん、または厚見角之丞など)の二人とする話に膨らませて、さらに人気の題材となっていった。助・格は、『東海道中膝栗毛』が持つ「弥次・喜多」の魅力を取り入れたものと思われる。明治初期の黄門ものの講談は東京のものと大阪のものでは筋が大きく異なっていたが、助・格を従えた大阪式のものが主流になっていったという。

なお、徳川幕府が衰退した幕末から維新後の明治・大正昭和の大戦前にかけて徳川氏への評価が著しく低下したにもかかわらず、黄門物がもてはやされた背景には、実在の光圀が天皇を敬ったり楠木正成を忠臣として称え、『大日本史』編纂や水戸学が尊王論天皇制南朝正閏論に多大な影響を及ぼしていることと関連していると考えられよう。幕末から大戦前の黄門ものの講談・小説などでは、湊川神社に楠木正成の墓参に行くなどの尊王論的色彩が強かったが、大戦後の映画やテレビドラマではそのような尊王色は払拭されていった。

時代劇の定番として[編集]

明治末期に日本でも映画製作が始まると、時代劇映画の定番として『水戸黄門漫遊記』ももてはやされ、大戦前から戦後にかけて数十作が製作された。尾上松之助をはじめとして、山本嘉一大河内傳次郎市川右太衛門ら時代劇の大スターたちが黄門を演じているが黄門が老け役であることを嫌った大河内や市川のために、若侍との一人二役が設定された。

戦後は占領期の剣劇禁止を経た後に、東映が市川右太衛門に続いて月形龍之介を主演にシリーズ化。初期の月形黄門はB級作品であったが、好評のためオールスターキャストの大作が作られるようになり、題名も従来の『水戸黄門漫遊記』から単に『水戸黄門』が主流になっていった。月形シリーズでは、昭和34年(1959年)の『水戸黄門 天下の副将軍』が名高い。月形黄門の興行的成功により、各社が競作したが東映の月形作品には及ばなかった。

テレビ時代になると、TBSがやはり月形を主演にブラザー劇場にてテレビドラマ化した。さらに月形と同様に悪役が多かった東野英治郎を主演に起用したナショナル劇場(現・パナソニック ドラマシアター)シリーズ『水戸黄門』になって2011年12月まで続いた。このナショナル劇場版では脚本家の宮川一郎の案により、ドラマの毎回の佳境で三つ葉葵の紋所が描かれた印籠を見せて「控え居ろう! この紋所が目に入らぬか」と黄門の正体を明かすという筋書きがある。

あらすじ・内容[編集]

時は元禄、「犬公方」こと五代将軍徳川綱吉の治世。隠居した光圀はお供の俳人を連れて、諸国漫遊を兼ねて藩政視察の世直しの旅に出る。悪政を行なう大名・代官などがいれば、光圀は自らの俳号「水隠梅里」を書き記すなどしてその正体をほのめかし、悪政を糾す。しかしながら光圀が正すのは局所々における役人の不正であり、時には身分制度の掟で結ばれない恋人同士に粋なはからいを示すことなどはあるが、身分制度の矛盾を根本的に正す社会改革にまで踏み込んだ対応を試みようとすることはない。

お供は明治の講談以降、佐々木助三郎と渥美格之進の二人に定まった。家臣の藤井紋太夫を斬殺したことなども後世の脚色である。

映画化作品[編集]

作品 公開 製作 黄門
水戸黄門記 1910年9月 横田商会 尾上松之助
水戸黄門記 第二篇 1910年 横田商会 尾上松之助
水戸黄門 1912年2月 Mパテー商会
水戸黄門巡遊記 1912年5月 横田商会 尾上松之助
水戸黄門と小天狗茂吉 1915年11月 天活 尾上紋十郎
水戸黄門漫遊記の一国女 1917年6月 日活 尾上松之助
水戸黄門忍術破 1918年10月 天活 市川莚十郎
水戸黄門 前篇 1919年3月 日活 尾上松之助
水戸黄門 後篇 1919年3月 日活 尾上松之助
水戸黄門と拳骨太郎 1919年4月 天活 市川莚十郎
水戸黄門記 第三篇 1919年5月 日活 尾上松之助
水戸黄門と河童の金蔵 1919年8月 日活 尾上松之助
水戸黄門記 第四篇 1919年8月 日活 尾上松之助
水戸黄門最後の漫遊 1920年2月 国活 五代目澤村四郎五郎
水戸黄門無銭の漫遊 1921年3月 国活 五代目澤村四郎五郎
松山奇談 水戸黄門記 1921年6月 松竹キネマ 市川莚十郎
水戸黄門 第一篇 1921年10月 日活 尾上松之助
水戸黄門 第二篇 1921年 日活 尾上松之助
水戸黄門 第三篇 1921年 日活 尾上松之助
水戸黄門と小天狗茂吉 1922年1月 松竹キネマ 五代目澤村四郎五郎
水戸黄門 1922年9月 帝国キネマ 嵐笑三
続水戸黄門記 1922年12月 帝国キネマ 嵐笑三
全国漫遊水戸黄門 1923年4月 松竹キネマ 五代目澤村四郎五郎
続々水戸黄門 1923年5月 帝国キネマ 嵐笑三
水戸黄門 1923年6月 マキノ映画 市川幡谷
水戸黄門 1926年10月 日活 山本嘉一
続水戸黄門 1928年4月 日活 山本嘉一
水戸黄門 東海道篇 1929年2月 マキノプロ 市川幡谷
後の水戸黄門 1929年5月 マキノプロ 市川幡谷
水戸黄門 遍歴奇譚 1930年10月 帝国キネマ 松本泰輔
水戸黄門漫遊記 永楽徳太郎 1931年7月 松竹キネマ 関操
水戸黄門漫遊記 長次快心の巻 1932年1月 右太プロ 實川童
水戸黄門 1932年2月 河合映画 松林清三郎
水戸黄門 1932年4月 日活 山本嘉一
水戸黄門 前篇 1934年5月 極東キネマ 松本泰輔
水戸黄門 後篇 1934年7月 極東キネマ 松本泰輔
水戸黄門 来国次の巻 1934年11月 日活 大河内傳次郎
水戸黄門 密書の巻 1935年1月 日活 大河内傳次郎
水戸黄門 血刃の巻 1935年4月 日活 大河内傳次郎
水戸黄門漫遊記 1937年2月 大都映画 久松玉城
水戸黄門漫遊記 九紋龍之巻 1937年6月 新興キネマ 松本泰輔
水戸黄門廻国記 1937年10月 日活 山本嘉一
水戸黄門漫遊記 東海道の巻 1938年8月 東宝 徳川夢声
水戸黄門漫遊記 日本晴れの巻 1938年9月 東宝 徳川夢声
続水戸黄門廻国記 1938年10月 日活 山本嘉一
新篇水戸黄門 1939年11月 極東キネマ 雲井竜之助
続水戸黄門 前篇 1940年4月 極東キネマ 雲井竜之助
続水戸黄門 後篇 1940年4月 極東キネマ 雲井竜之助
水戸黄門 1940年5月 松竹 藤野秀夫
水戸黄門 1940年10月 大都映画 久松玉城
裁く水戸黄門 1941年9月 松竹 藤野秀夫
水戸黄門漫遊記 飛龍の剣 1951年8月 大映 大河内傳次郎
水戸黄門漫遊記 第一部 地獄の豪賊 1952年2月 東映 市川右太衛門
水戸黄門漫遊記 第二部 伏魔殿の妖賊 1952年3月 東映 市川右太衛門
水戸黄門漫遊記 天晴れ浮世道中 1954年12月 松竹 花菱アチャコ
水戸黄門漫遊記 女郎蜘蛛の巻/妖血復讐鬼の巻/破邪義剣の巻 1954年2月 東映 月形龍之介
続水戸黄門漫遊記 副将軍初上り 1954年4月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 闘犬崎の逆襲 1954年12月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ 1954年8月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 幽霊城の佝僂男 1955年12月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 火牛坂の悪鬼 1955年5月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 鳴門の妖鬼 1956年9月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 怪猫乱舞 1956年7月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 怪力類人猿 1956年3月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 人喰い狒々 1956年8月 東映 月形龍之介
水戸黄門 1957年8月 東映 月形龍之介
水戸黄門漫遊記 1958年12月 大映 二代目中村鴈治郎
天下の副将軍 水戸漫遊記 1958年4月 新東宝 古川緑波
水戸黄門漫遊記 1958年11月 松竹 四代目澤村國太郎
水戸黄門とあばれ姫 1959年12月 新東宝 坂東好太郎
爆笑水戸黄門漫遊記 1959年12月 東宝 徳川夢声
水戸黄門漫遊記 御用御用物語 1959年7月 松竹 四代目澤村國太郎
水戸黄門 天下の副将軍 1959年7月 東映 月形龍之介
水戸黄門 1960年8月 東映 月形龍之介
水戸黄門 天下の大騒動 1960年12月 第二東映 大河内傳次郎
水戸黄門漫遊記 怪魔八尺坊主 1960年3月 第二東映 宇佐美淳也
水戸黄門 助さん格さん大暴れ 1961年7月 東映 月形龍之介
水戸黄門海を渡る 1961年7月 大映 長谷川一夫
水戸黄門漫遊記 1969年11月 東宝 森繁久彌
水戸黄門 1978年12月 東映 東野英治郎

テレビ化作品[編集]

番組名 放送期間 話数 制作局 主演(黄門役)
エノケンの水戸黄門漫遊記 1954年6月15日 - 1954年12月27日 日本テレビ 榎本健一
水戸黄門漫遊記 1957年3月5日 - 1957年10月29日 33 TBS 十朱久雄
新説 水戸黄門 1960年2月25日 - 1960年8月25日 フジテレビ 花柳寛
水戸黄門漫遊記 1960年4月7日 - 1960年12月29日 日本テレビ 三代目市川左團次
ロッパの水戸黄門 1960年11月4日 - 1961年1月27日 13 毎日放送 古川緑波
講談浪曲ドラマ 水戸黄門 1961年10月7日 - 1961年10月21日 3 NHK 徳川夢声
ブラザー劇場 水戸黄門 1964年11月2日 - 1965年12月27日 61 TBS 月形龍之介
ナショナル劇場 水戸黄門 1969年8月4日 - 1983年4月11日 381 TBS 東野英治郎
爆笑水戸黄門 / 爆笑世直し道中 1976年 関西テレビ 四代目林家小染
ナショナル劇場 水戸黄門 1983年10月31日 - 1992年11月9日 283 TBS 西村晃
天下の副将軍水戸光圀
徳川御三家の激闘
1992年1月2日 単発 テレビ東京 十二代目市川團十郎
ナショナル劇場 水戸黄門 1993年5月17日 - 2000年11月20日 246 TBS 佐野浅夫
ナショナル劇場 水戸黄門 2001年4月2日 - 2002年7月1日 50 TBS 石坂浩二
ナショナル劇場 / パナソニック
ドラマシアター 水戸黄門
2002年10月14日 - 2011年12月19日 267 TBS 里見浩太朗
爆笑! ふたりの水戸黄門 2003年12月30日 単発 読売テレビ 間寛平

番外編[編集]

番組名 放送期間 話数 制作局 主演(黄門役)
まんが 水戸黄門 1981年9月3日 - 1982年7月15日 46 テレビ東京 杉田俊也(声)
日本史サスペンス劇場 水戸黄門ミステリー 2009年2月18日 単発 日本テレビ 加藤茶


参考図書[編集]

関連項目[編集]

歌謡曲[編集]

ゲーム[編集]

水戸黄門漫遊記を下敷きにした作品[編集]

『水戸黄門漫遊記』からヒントを得た作品に、次などがある。

TVアニメ
TVドラマ
コミック
小説
ゲーム

外部リンク[編集]