スミソニアン博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スミソニアン博物館(スミソニアンはくぶつかん、英:Smithsonian Museum)は、アメリカを代表する科学、産業、技術、芸術、自然史の博物館群・教育研究機関複合体の呼び名。スミソニアン学術協会 (Smithsonian Institution)が運営している。

概要[編集]

1848年イギリス人の科学者ジェームズ・スミソンが「知識の向上と普及に」と委託した遺産を基金としてにつくられた。スミソニアン協会が運営する19の博物館並びに研究センターの施設群であり、多くはワシントンD.C.の中心部にあるナショナル・モールに設けられているが、ニューヨーク市バージニア州パナマ、その他の都市に置かれたものも含まれる。収集物は1億4200万点にも及ぶ。

運営資金はアメリカ合衆国連邦政府の財源及び寄付、寄贈、ミュージアムショップ、出版物からの利益で賄われているため、入場料は無料である。

世界各国の本物の航空機を展示している国立航空宇宙博物館は特に有名で、月の石の展示や、広島原爆展を企画したことでも知られている(実際には展示できなかった)。他に、国立アメリカ歴史博物館、産業・技術史の博物館や国立アメリカ・インディアン博物館などもある。それら9つの博物館とナショナル・ギャラリー(国立美術館。スミソニアン協会とは別)は、国会議事堂前に展開する広い道路「ナショナル・モール」の両脇に配置され、一帯は広大な博物館地域となっている。国立動物園等はワシントンD.C.の他地域に、クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館国立アメリカ・インディアン博物館が管轄するジョージ・グスタフ・ヘイ・センターはニューヨーク市にある。これに類する博物館群は他の国ではほとんど例をみず、ドイツベルリン美術館も複数の美術館、博物館群だが規模が比較の対象にならない。

「スミソニアン・イアーズ」という年報を出している。

1971年12月には、10カ国蔵相会議が開催された。このとき、合意した国際通貨に関する一連の措置をスミソニアン協定と呼ぶ。

2009年公開の映画「ナイト ミュージアム2」は、このスミソニアン博物館が舞台となっている。なお恐竜ホールは2014年4月末から5年間、改装のため休館[1]

博物館の一覧[編集]

さまざまな飛行機は国立航空宇宙博物館で展示された。最も有名:上段フォード トライモータ及びダグラスDC-3

研究センターの一覧[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ “恐竜ホール、5年間休館=展示内容を一新-米国立博物館”. 時事ドットコム. (2014年4月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201404/2014042600187 2014年4月29日閲覧。 

外部リンク[編集]

スミソニアン博物館の公式ウェブサイト