ノーサンバーランド公爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーサンバーランド公爵(英:Duke of Northumberland)は、イングランドにおける公爵位の一つ。1551年エドワード6世によってジョン・ダドリーのために創設されたことにはじまる。

エドワード6世が夭折すると、ダドリーは息子の一人ギルフォードの妻ジェーン・グレイを女王に推戴したが、メアリー1世によって国家反逆罪により処刑され、爵位は消滅した。1674年ジョージ・フィツロイが授爵したが、子がなく断絶した。1766年には全く系統の異なるパーシー伯家が公爵に陞爵されたことにともないノーサンバーランド公が叙爵され、これが現在に至っている。

居城はノーサンバーランド、アニック(Alnwick)のアニック・カースルで、ロンドンにおける邸宅はブレントフォードサイオン・ハウスである。付随する爵位はノーサンバーランド伯爵、パーシー伯爵、ベヴァリー伯爵、ワークワース男爵、アニックのロヴァイン男爵である。これらの爵位は全てグレートブリテン貴族に属している。後継者はパーシー伯爵を儀礼称号として使用している。

ノーサンバーランド公爵(第1期、1551年創設)[編集]

ノーサンバーランド公爵(第2期、1674年創設)[編集]

ノーサンバーランド伯爵(1749年創設)[編集]

ノーサンバーランド公爵(第3期、1766年創設)[編集]