モットー (紋章学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章の構成要素図解
モットー (スコットランド)
モットー
画像ファイル(環境により文字がずれることもあります)

モットー: : Motto)とは、社会集団内における自身の座右の銘のことである。モットーは様々な言語で書かれるが、ラテン語で書かれる事が最も多い。国家全体のモットーはその国の言語で書かれるのが普通である。

紋章学[編集]

紋章学において紋章の中に描かれるモットーは、通常シールドの下にあるスクロール(巻物)上に書かれるものであり、クレストの上に描く場合はスコットランド様式とされる。

イングランド紋章学およびスコットランド紋章学では、モットーは盾に描かれた紋章とともには授与されず、自由意志により採用、変更することができる[1]。その上、稀有な例ではあるが、上記以外の場所にモットーやスクロール、文字が書かれる紋章もある[2]

カンティング・モットー (canting motto) は、言葉遊びを含むものである。例えば、オンスロー伯爵家のモットーに Festina lente というものがある。英語に直すと on-slow (「ゆっくり急げ」の意)、つまりこれはオンスローという家名を文章として解釈しラテン語に翻訳した駄洒落である。

サマセットのモットーは古英語で書かれており、またオランダに近いイングランド東部沼沢地帯にあるサウス・ケンブリッジシャーのモットーはオランダ語で書かれている。 さらに、英国海軍に属する艦船及び潜水艦は、英国空軍の部隊と同じように、それぞれ独自のバッジとモットーを持っている。

脚注[編集]

  1. ^ Innes-Smith, Robert (1990). An Outline of Heraldry in England and Scotland. Pilgrim Press. pp. p.14. ISBN 0-900594-82-9. "Mottoes are not necessarily hereditary and can be adopted and changed at will." 
  2. ^ USS Winston S. Churchill (DDG-81)”. 2007年10月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]