ネルソン (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Nelson during gunnery trials.jpg
艦歴
発注 1922年
建造 アームストロング社
ニューカッスル造船所
起工 1922年12月28日
進水 1925年9月3日
就役 1927年9月10日
退役 1947年10月20日
その後 1949年3月15日にスクラップとして廃棄
除籍
性能諸元
排水量 基準:
33,950トン
37,000t(1945年時)
満載:
38,000トン
44,054t(1945年時)
全長 710 ft (216.5 m)
全幅 106 ft (32.3 m)
吃水 33 ft (10 m)
10.8m(1945年満載時)
機関 主機:
ブラウン・カーチス式オール・ギヤード蒸気タービン2基/2軸
主缶:
アドミラルティ3胴式水管缶(重油専燃)8基
最大速 23.5ノット (43.5 km/h) (公試)
航続距離 7,000海里 (13,000 km)/16 ノット時 (30km/h)
乗員 1,314名
1,640名(大戦中)
兵装 竣工時:
40.6cm45口径MkI3連装砲 3基
15.2cm50口径MkXXII連装砲 6基
12cm40口径MkVIII単装高角砲 6基
2ポンド8連装ポンポン砲 2基
12.7㎜4連装機銃 2基
62.2cm水中魚雷発射管 2基
~1945年:
40.6cm45口径MkI3連装砲 3基
15.2cm50口径MkXXII連装砲 6基
12cm40口径MkVIII単装高角砲 6基
2ポンド8連装ポンポン砲 6基
40㎜4連装機銃 4基
20㎜単装機銃 61基
レーダー 竣工時:
無し
~1944年:
273R型 1基
281型 2基
282型 6基
283型 4基
284型 1基
285型 2基
650型無線誘導妨害装置
モットー Palmam qui meruit ferat
"Let him bear the palm who has deserved it"

ネルソン (HMS Nelson, 28) は、イギリス海軍の保有した戦艦ネルソン級戦艦の1番艦でアームストロング社のニューカッスル造船所で建造された。

英、日、米海軍は、1922年より、ワシントン軍縮条約により新戦艦建造時の制限を受け、基準排水量3万5千トンに抑えられていた。 そこでイギリスは基準排水量3万3千5百トン、40.6cm(45口径)9門搭載の戦艦の建造を決定した。速力23ノットとこの時期建造された戦艦としては最も低速であった。艦の前部に3連装砲が3門配置されていて、艦の後部に艦橋が配置された、極めて珍しい形となった。装甲は40.6cm砲搭載艦としては標準的な厚さであり、ドイツの500キロ爆弾で、水平装甲を貫通されている。意欲的で特徴的な主砲配置であったが、そのメリットはあまり活きておらず、デメリットばかりが目立ってしまった。

艦歴[編集]

就役したネルソンは本国艦隊の旗艦となったが、第二次世界大戦が開戦するまで近代化改修も受けず重要な任務に就くこともなかった。1931年に姉妹艦のロドニーとネルソンの乗員はインヴァーゴードン反乱に参加した。1934年1月12日西インド諸島に向かおうとしていたネルソンはポーツマス沖で座礁した。

第二次世界大戦の開戦後、ネルソンはドイツ海軍の巡洋艦・駆逐艦部隊の出撃に備えて北海に出動し、10月30日にオークニー諸島近海で潜水艦U-56の雷撃で魚雷3本が命中したが爆発せず、損傷をまぬがれた。しかし、12月にネルソンは潜水艦U-31が敷設した機雷に触雷し、修理を行った。1940年8月に復帰したネルソンはドイツ軍のイギリス上陸(アシカ作戦)に備えてイギリス海峡に配置された。

その後、1941年4月から大西洋で船団の護衛任務に従事し、戦艦ビスマルク追撃戦の知らせが来ると、フリータウンからジブラルタルに移動してビスマルクの大西洋進出に備えた。1941年6月にはH部隊に配属され、地中海サブスタンス作戦ステイタス作戦ハルバード作戦に参加した。マルタへの補給作戦であるハルバード作戦中の9月27日にネルソンはイタリア空軍機の雷撃で魚雷1本が命中し損傷[1]。本国に戻って修理を実施した。

1942年8月にH部隊旗艦としてジブラルタルに戻り、ペデスタル作戦に参加してマルタ島への船団護衛の任に就いた。その後も地中海でトーチ作戦に参加し、1942年11月のアルジェリア上陸、1943年7月のシチリア島上陸、1943年9月のサレルノ上陸などを支援し、上陸地点の沿岸へ艦砲射撃を行った。1943年9月29日にネルソンの艦上でアイゼンハワー将軍とバドリオ元帥によるイタリアとの休戦の調印が行われた。

ネルソンは修理と対空火器と増設のため、1944年11月にイギリスに帰還した。改修工事の完了後、艦隊に復帰してノルマンディー上陸作戦を支援したが、1944年6月18日に機雷2個に触雷し、修理のためフィラデルフィア工廠(ペンシルベニア州)に向かった。

1945年11月に本国艦隊の旗艦に復帰し、1946年7月に練習戦艦へ類別変更、1947年に除籍。1949年2月にスクラップとして売却され、1949年3月15日に解体を開始した。

艦内生活[編集]

第二次世界大戦の最後の年に本艦に乗艦したJ・W・ホリデー上等水兵によれば、水兵たちはハンモックで睡眠をとったが、「とりわけ海が荒れている時は驚くほど快適だった」と語っている。ホリデーによると21歳以上の乗員に毎日ラム酒が配給されており、これを受け取るのが毎朝の日課だった。配給されたラム酒は水で割られたりして飲まれた。また、誕生日の水兵は、飲めなくなるまで全員からラム酒を分けてもらい、酔いつぶれた後は翌日までハンモックで寝続けても許された。[2]

戦争が終わり帰国した彼らは、手を振る群衆に気前良く備蓄されていたオレンジやバナナといったものを放り投げた。こうした異国の果物は、祖国で自分たちを待っていてくれた友人や家族たちへ何よりの土産となった。[2]

主な活動[編集]

大西洋船団護衛
地中海輸送掩護
北アフリカ
南イタリア
ノルマンディ上陸作戦
マレー半島侵攻作戦など

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jack Greene and Alessandro, The Naval War in the Miditerranean 1940-1943, Chatham Publishing, 1998, ISBN 1-86176-190-2, p.188
  2. ^ a b 世界の軍艦コレクション第34号(Eaglemoss Publications Ltd.)p4

参考文献[編集]

  • 世界の艦船増刊第67集

外部リンク[編集]