ポール・ジュリアス・ロイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ジュリアス・ロイター

ポール・ロイター(Paul Julius Baron von Reuter、1816年7月21日 - 1899年2月25日)は、通信社ロイター(Reuters)社を起こした人物。

1816年7月21日ドイツカッセルラビ(ユダヤ教司祭)の息子としてIsrael Beer Josaphatという名前で生まれる。

ゲッティンゲンでケーブルを使う電気信号の送信の実験をしていたカール・フリードリヒ・ガウス と出会う。

1845年10月29日ロンドンに引っ越す。その時名前をJoseph Josephatとする。翌月11月16日 ポール・ジュリアス・ロイターの洗礼名でキリスト教に改宗する。一週間後の23日、 Ida Maria Elizabeth Clementine Magnusと結婚する。1848年ドイツから出国して、パリにたどり着きシャルル=ルイ・アヴァスフランス語版が創業したアヴァス通信社で働く。同じ頃、同じドイツ生まれの医者の息子もアヴァスで働いていたが、これが後にヴォルフ電報局を創業したベルンハルト・ヴォルフ英語版である。

伝書鳩を使ってブリュッセル-アーヘン間の情報のやりとりを行う事業をアーヘンで始める。 列車を使うよりも早い伝書鳩のおかげでパリ株式市場の情報をそこではいち早く知ることができた。1851年伝書鳩から電報を使った通信に変える。 1851年ロンドンに戻ってロンドン株式市場に事務所を置く。

1870年、市場分割協定をアヴァス通信社ヴォルフ電報局と調印。世界を三分割する。(AP1893年にReuterと契約している) 1871年男爵の称号が与えられ、ロイター男爵となる。 1872年ガージャール朝ナーセロッディーン・シャーからポール・ジュリアス・ロイターに「ロイター利権英語版」(: Reuter Concession)が供与された。

1899年2月25日フランスニースで亡くなる。

海底ケーブルの施設など英国の帝国主義に大きく貢献したが、その人生で数度に渡りイギリス本国から煮え湯を飲まされている。周囲はイギリス生まれではないロイターが「なぜ我慢をしたか」と訝る面も多かった。ある面では報道における通信社という影の存在を象徴する人物である。

関連項目[編集]