アルジャーノン・シーモア (第7代サマセット公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第7代サマセット公アルジャーノン・シーモア(Algernon Seymour, 7th Duke of Somerset, 1684年11月11日 - 1750年2月7日)は、イギリスの貴族。ノーサンバランド伯イグリモント伯でもあった。父はサマセット公チャールズ・シーモア、母はノーサンバランド伯ジョスリン・パーシーの娘エリザベス

公位継承前は政治活動と軍務に専念、1705年下院議員に選出され1722年まで下院議員として活動、1709年に歩兵連隊隊長となってから昇進を重ね、1722年に母方の家系であるパーシー家の爵位・パーシー男爵に叙され、1715年から1740年近衛騎兵第2中隊隊長、1737年から1742年までメノルカ島の総督を務め、1740年から1742年までロイヤル・ホースガーズ隊長、1742年から1750年までガーンジー島総督に在任、1742年から1750年までロイヤル・ホースガーズ隊長に再任された。

1713年にヘンリー・シン(ウェイマス子爵トマス・シンの息子)の娘フランシスと結婚、エリザベス(1716年 - 1776年)とジョージ(1725年 - 1744年)を儲けたが、1744年にジョージが急死すると継承者がいなくなり、将来の領土相続が危うくなっていった。1748年に父が亡くなり公位を継承した時は高齢であり、シーモア家から男子の相続人を探し出し、同時に広大な領土の分割相続を模索するようになった[1]

1749年に母方の祖父の死後消滅していたノーサンバランド伯位を創設して自ら叙爵、娘エリザベスの夫であるヒュー・スミソンを後継者に選び出しパーシー家から受け継がれたノーサンバランド伯の所領を譲ることにした。イグリモント伯位・コッカマス男爵位も新設、妹キャサリンが産んだ甥のチャールズ・ウィンダムに相続させるよう取り計らい、サマセット公位は遠縁のエドワード・シーモアに継承させることにした。こうして相続問題に対処した末、1750年に65歳で亡くなった[2]

父から受け継いだ爵位のうちビーチャム男爵・シーモア・オブ・トローブリッジ男爵は消滅したが、生前の措置に従いサマセット公位はエドワードに、ノーサンバランド伯位はヒューが、イグリモントはチャールズが継承、エリザベスもパーシー男爵位を継ぎ、ハートフォード伯位は遠縁のフランシス・シーモア=コンウェイに相続された。所領は分割・縮小されたが血統は存続、後にヒューはパーシー家に改姓してノーサンバランド公に昇格、フランシスはハートフォード侯に叙せられた。チャールズの系統は断絶したが、ヒューとエリザベス夫妻、エドワード及びフランシスの子孫はイギリス貴族として存続した。

脚注[編集]

  1. ^ 森、P69、海保、P107。
  2. ^ 森、P69 - P72、海保、P108 - P109。

参考文献[編集]

名誉職
先代:
ドーセット伯
サセックス統監
1706年 - 1750年
次代:
アシュバーナム伯
先代:
キングストン=アポン=ハル公
ウィルトシャー治安判事
1726年 - 1750年
次代:
ロバート・ソイヤー・ハーバート
イングランドの爵位
先代:
チャールズ・シーモア
サマセット公
1748年 - 1750年
次代:
エドワード・シーモア
ハートフォード伯
1748年 - 1750年
次代:
フランシス・シーモア=コンウェイ
ボーシャン男爵
1748年 - 1750年
消滅
シーモア・オブ・トローブリッジ男爵
1748年 - 1750年
グレートブリテンの爵位
新設 ノーサンバランド伯
1749年 - 1750年
次代:
ヒュー・パーシー
イグリモント伯
1749年 - 1750年
次代:
チャールズ・ウィンダム
パーシー男爵
1722年 - 1750年
次代:
エリザベス・スミソン