公爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公爵(こうしゃく、:Duke)は、爵位(五爵)の第1位である。侯爵の上位に相当する[1]ヨーロッパ貴族称号、古代中国の諸侯の称号、また明治以降から戦前まで使われた日本華族の称号として用いられる。

日本ではこの「」によって(英語の場合であれば)princedukeの両方の称号を表そうとしたため混乱を生じることとなった。princeは基本的には小国の君主や諸侯、王族の称号であり、dukeは諸侯の称号である。日本語では、例えばモナコリヒテンシュタインの君主、マルタ騎士団長などのprinceを「公」ではなく「大公」と訳すことで「公爵」(duke)との区別をつけようとする場合がある。ただし、こうして便宜的に使用された場合の「大公」は、ルクセンブルクの君主がもつ称号grand dukeやロシア等のgrand prince、オーストリアarchdukeと区別される必要が改めて生じてくる。逆に、日本の華族制度における「公爵」の公式英訳にはdukeではなくprinceが当てられたが、たとえば伊藤博文近衛文麿の爵位が英米ではprinceと訳されることとなり、皇族と誤解されるような場合があった。

日本の公爵[編集]

日本では、明治維新後の1884年明治17年)に華族令(明治17年宮内省達)が制定され、華族制度が定められた。同令第2条において、華族を世襲制の公侯伯子男の五等爵とし、公爵はその第1位とした。1889年(明治22年)に、貴族院令(明治22年勅令第11号)が制定されると、公爵は同令第1条2号により、公爵たる者は貴族院議員となる資格を与えられることが規定された(華族議員)。1907年(明治40年)には、華族令(明治40年皇室令第2号)が制定され、襲爵、華族の品位その他の手続きが細かく規定された。

公爵は以下の基準(「叙爵内規」)によって授けられた。

  1. 皇族 - 親王諸王より臣位に列せられた者。このような内規はあったが、実際に臣籍降下によって公爵を与えられた例はない。
  2. 公家 - 旧摂関家。公家社会でも最高位に属するとされ、摂政関白に昇る資格を持っていた家柄である。近衛家九条家二条家一条家鷹司家の計5家。
  3. 武家 - 徳川宗家(徳川将軍家)徳川家達家がこれにあたる。1家のみ。
  4. 勲功者 - 国家に偉勲ある者。これは3種に大別できる。
    1. 一つは「偉勲」がなくとも華族たる資格を持っていた家のうち、功績が加味されて本来よりも高い爵位を与えられたグループである。三条家三条実美の功績)、岩倉家岩倉具視の功績)、島津家(旧薩摩鹿児島藩主家)、毛利家(旧長門萩藩主家)の4家がこれにあたる。また、後年侯爵から陞爵した西園寺家西園寺公望の功績)、徳大寺家徳大寺実則の功績)、水戸徳川家徳川篤敬の功績)の3家もこれに含めて考えられる。
    2. 次に本家がすでに公爵となっているにもかかわらず、その人物の特別な功績が認められて別に家を立てることをゆるされ、さらに公爵位を授けられたグループがある。具体的には、藩主ではなかったがその後見人として幕末薩摩藩に大きな影響を与えた島津久光とその子孫(玉里島津家)、大政奉還後に養子の徳川家達に家督を譲って隠棲した江戸幕府第15代将軍の徳川慶喜とその子孫(徳川慶喜家)の2家である。
    3. 元老となった伊藤博文の伊藤家、大山巌の大山家、山縣有朋の山縣家、松方正義の松方家、桂太郎の桂家の5家は、本人の功績によって「新華族」となり、その後本人の功績によってさらに陞爵し、公爵となったものである。伊藤、大山、山縣、松方は当初伯爵であり、桂は子爵であった。最後の元老となった西園寺公望西園寺家を含めると、元老総勢9名のうち6名6家が公爵を与えられたことになる。
有爵者一覧
家名(通称等) 受爵者
襲爵者
旧家格 備考
近衛家 近衛篤麿
近衛文麿
摂関家 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
1945年(昭和20年)12月16日、返上。
九条家 九条道孝
九条道実
九条道秀
旧摂関家 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
二条家 二条基弘
二条厚基
二条弼基
旧摂関家 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
一条家 一条実輝
一条実孝
旧摂関家 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
鷹司家 鷹司熙通
鷹司信輔
旧摂関家 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
三条家(転法輪三条家) 三条実美
三条公美
三条実憲
三条公輝
三条実春
清華家 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
藤原北家閑院流
徳川家(徳川宗家) 徳川家達
徳川家正
旧将軍家 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
清和源氏と称するが明確でない。
毛利家 毛利元徳
毛利元昭
毛利元道
萩藩 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
大江氏
島津家(島津宗家) 島津忠義
島津忠重
鹿児島藩 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
清和源氏と称する(本来は惟宗氏)。
島津家(玉里家) 島津久光
島津忠済
島津忠承
旧鹿児島藩主家分家 1884年(明治17年)7月7日、叙爵。
清和源氏と称する(本来は惟宗氏)。
岩倉家 岩倉具定
岩倉具張
岩倉具栄
羽林家 1884年(明治17年)7月8日、叙爵。
村上源氏
徳川家(徳川慶喜家) 徳川慶喜
徳川慶久
徳川慶光
旧将軍家別家 1902年(明治35年)6月3日、叙爵。
清和源氏と称するが明確でない。
伊藤家 伊藤博文
伊藤博邦
伊藤博精
萩藩出身 1907年(明治40年)9月21日侯爵より陞爵
越智氏と称する。
山縣家 山縣有朋
山縣伊三郎
山縣有道
旧萩藩出身 1907年(明治40年)9月21日、侯爵より陞爵。
清和源氏と称する。
大山家 大山巌
大山柏
鹿児島藩出身 1907年(明治40年)9月21日、侯爵より陞爵。
徳大寺家 徳大寺実則
徳大寺公弘
徳大寺実厚
清華家 1911年(明治44年)4月21日、侯爵より陞爵。
藤原北家閑院流
桂家 桂太郎
桂広太郎
萩藩出身 1911年(明治44年)4月21日、侯爵より陞爵。
大江氏
西園寺家 西園寺公望
西園寺八郎
清華家 1920年大正9年)9月7日、侯爵より陞爵。
昭和21年(1946年7月1日 返上。
藤原北家閑院流
松方家 松方正義
松方巖
鹿児島藩出身 1922年(大正11年)9月18日侯爵より陞爵。
昭和2年(1927年12月19日、返上。
徳川家(水戸家) 徳川圀順 水戸藩 1929年(昭和4年)11月18日 、侯爵より陞爵。
清和源氏と称するが明確でない。

※ 特記のない限り、1884年(明治17年)7月7日に受爵。

中国の公爵位[編集]

西欧の公爵位[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)942頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)849頁参照。

参照文献[編集]

文献資料[編集]

  • 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)ISBN 400080121X
  • 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)ISBN 4385139059

関連項目[編集]