ナイト ミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイト ミュージアム
Night at the Museum
監督 ショーン・レヴィ
脚本 ロバート・ベン・ガラント
トーマス・レノン
原作 『The Night at the Museum』
(ミラン・トレンク著)
製作 ショーン・レヴィ
クリス・コロンバス
マイケル・バーナサン
製作総指揮 マーク・ラドクリフ
トーマス・M・ハーメル
アイラ・シューマン
出演者 ベン・スティラー
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ギレルモ・ナヴァロ
編集 ドン・ジマーマン
製作会社 1492ピクチャーズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年12月22日
日本の旗 2007年3月17日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $110,000,000
興行収入 日本の旗 35.7億円[1]
アメリカ合衆国の旗 $250,863,268[2]
世界の旗 $573,625,411[2]
次作 ナイト ミュージアム2
テンプレートを表示

ナイト ミュージアム』(原題:Night at the Museum)は、2006年12月22日公開のアメリカ合衆国の映画である。監督はショーン・レヴィ、主演はベン・スティラー。夜になると展示物が動き出す不思議な博物館を舞台に、夜間警備員として働くことになった主人公の活躍を描くファンタジー、コメディ。

1993年発表の絵本『The Night at the Museum』(ミラン・トレンク著、ISBN 0812064003)を原作としている。ニューヨークに実在するアメリカ自然史博物館を舞台としているが、映画と実際とでは展示物が一部異なる。2009年には続編に当たる『ナイト ミュージアム2』が公開された。

あらすじ[編集]

冴えない中年男のラリーは、何の仕事をしても長続きせず、現在は失業中だった。離婚した元妻と暮らしている息子のニックから、仕事を探すよう諭されたラリーは、職業斡旋所に行き、そこでニューヨークの自然史博物館での仕事を紹介される。

博物館に訪れたラリーが聞いた仕事とは、夜警(夜間の警備員)だった。ラリーは3人の老警備員たちから、博物館の来場者が少なくなったせいで長年夜警を務めていた自分たちは解雇され、新たに1人だけ雇うことになったのだという話を聞く。こうしてラリーは、博物館の新米夜警として働くことになる。

夜警として働き出したラリーは、いつの間にかティラノサウルスの骨格標本が台座から忽然と消えているのに気付く。訝しがるラリーが見回りをすると、なんと骨格標本はまるで生きているかのように博物館内を動き回っていた。それだけではなく、石像や動物の剥製、ミニチュア人形など他の展示物も同様に動き回り、言葉を話したりしていることに気付く。ラリーは電話で元警備員の老人たちに助けを求めるが、老人たちは展示物が動くのは当然のことであるかのように話し電話を切ってしまう。 そんな状況の中、ラリーは夜な夜な暴れだす博物館の展示物達を鎮めるため、孤軍奮闘することになる。

しかし常識はずれの展示物の乱痴気騒ぎを一人で対処できるはずもなく、朝には博物館は惨劇の舞台となり、毎日のように所長には叱られる。ついには退職を勧告されるが、息子のためにも続けることを決意。 その夜、展示物が動きだすことを息子に見せようと連れてきたラリーは、動くはずのマネキンたちが動かないことに気付く。その原因が「アクメンラーの石板」にあることを知るが、同時に前夜警員たちに若さと力を与えていること、彼らが板を盗んで罪をラリーになすりつけようとしていることも知る。息子ともども古代エジプトのブースに閉じ込められたラリーは発動した石板によって動きだしたルーズベルト大統領に助力を求めるが、「自分の力で切り抜けなければならない」と断られる。しかしそれによって気持ちを切り替え、アクメンラーなどの助けもあって展示物総出で石板奪還の指揮官となり、苦戦の末、タイムリミットである夜明け直前に石板の奪還に成功、太陽の光を浴びると灰になってしまう展示物たちも博物館に戻すことに成功した。

しかし、館内が惨憺たるありさまなのは変わらず、ラリーは正式に免職処分となる。だが、夜の騒動が思わぬ宣伝効果となって博物館には来場者が殺到し、思い直した館長は免職を取り消す。 その後、アクメンラーの石板を制御することによって暴れだすことが無くなった展示物たちは、夜な夜なダンスやサッカーなどに興じるようになる。その様子を、夜警員のラリーは楽しげに見つめるのだった。

登場人物[編集]

現実の人間たち[編集]

主役。セシル達の次の警備員になるが、動く展示物たちに振り回される。
デイリー夫妻の一人息子。今はエリカおよび後夫の家で暮らしているが、ラリーの所もよく訪問する、健気な性格。
博物館の案内員。サカジャウィアについての本を書いている女性。
警備員トリオのリーダー。ラリーにさまざまな仕事の引継ぎをする。
警備員トリオの一人で、小柄な白人。元ボクシング選手で、常に攻撃的な言動をとる。
警備員トリオの一人で、のっぽの黒人。足が悪く杖をついている。
博物館の館長。ヘタレキャラ。
ラリーの先妻で、今は別の男性と再婚している。息子や後夫と違い、今のラリーを快く思っていない。
エリカの再婚相手。
職業斡旋所の職員

ミュージアムの展示物[編集]

蝋人形。展示物の中でラリーと最も心が通じ、さまざまなアドバイスをする。その一方でサカジャウィアに恋をし、見つめ続けている。
  • T-REX(レックス)
最初にラリーの目前で動いたティラノサウルスの全身骨格。犬のように尻尾を振り、実は骨を投げて遊んでもらいたい。
ローマ帝国のミニチュア人形。侵略・征服欲が強いが、忠誠も強いのでラリーには絶対従う。
こちらもアメリカ西部開拓時代のミニチュア人形。展示物の外にまで蒸気機関車の線路を延ばそうとする。オクタウィウスとは犬猿の仲で、いつも大乱闘を繰り広げる。
フン族の暴君。敵対する者は八つ裂きに引き裂く主義。妖術や奇術、マジックに興味がある。
古代エジプトの王で、石板の持ち主。あらゆる言語を通訳できる。
蝋人形。白人の通訳をかって出た、アメリカ先住民の娘。展示がガラス越しのため、いつもは音が聞こえない。
銅像。名前が書かれていなかったので、後半までラリーは名前を知らなかった。古い人物なのでラテン語をしゃべる。
片言で喋る。好物はチューインガム。警備員のことを「ボケボケ」という。
  • デクスター(猿)
オマキザル。館内説明によると、サルの中でもかなりの知的とされる。いたずらが大好きで、ラリーから何度も鍵をうばう。
蝋人形。展示スペースで火をつけようとしている四人組。騒ぎの渦中で、消火器の泡を美味しがる。
ミニチュア人形。吹き矢でラリーを攻撃する。
洋服店のような顔なし人形。

日本での公開[編集]

日本では2007年3月17日に公開された。日本博物館協会および東京都歴史文化財団推薦[5]観客動員数4週連続で1位、総興行成績35.7億円[1]

DVD[編集]

DVDは通常版と限定版(本編と音声解説の入ったDISC1と未公開シーンやゲームの入ったDISC2が入ったもの)とおもちゃ箱(限定版とグッズのセット)の三種類が2007年8月3日に発売された。

脚注[編集]

  1. ^ a b 社会法人映画製作者連盟”. 2010年3月6日閲覧。
  2. ^ a b Night at the Museum (2006)”. Box Office Mojo. 2010年3月6日閲覧。
  3. ^ 主演のベン・スティラーの実母。
  4. ^ 本作ではノンクレジット。次回作『ナイト ミュージアム2』でも同じ役で登場し、こちらはクレジットされている。
  5. ^ 公式ウェブサイト (日本語)

外部リンク[編集]