バイオハザードIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイオハザードIII
Resident Evil: Extinction
監督 ラッセル・マルケイ
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
製作 ポール・W・S・アンダーソン
ベルント・アイヒンガー
サミュエル・ハディダ
ロバート・クルツァー
ジェレミー・ボルト
製作総指揮 マーティン・モスコウィック
ヴィクター・ハディダ
ケリー・ヴァン・ホーン
出演者 ミラ・ジョヴォヴィッチ
オデッド・フェール
アリ・ラーター
イアン・グレン
音楽 チャーリー・クロウザー
撮影 デヴィッド・ジョンソンBSC
編集 ニーヴン・ハウィー
製作会社 コンスタンティン・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年9月21日
日本の旗 2007年11月3日
上映時間 94分
製作国 イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000
興行収入 $147,717,833[1]
前作 バイオハザードII アポカリプス
次作 バイオハザードIV アフターライフ
テンプレートを表示

バイオハザードIII』(原題: Resident Evil: Extinction)は、2007年に公開されたホラーアクション映画。監督はラッセル・マルケイへ交代したが、脚本は前2作と同じくポール・W・S・アンダーソンが担当した。

2002年の『バイオハザード』(以降、『I』)、2004年の『バイオハザードII アポカリプス』(以降、『II』)の続編であり、2010年の『バイオハザードIV アフターライフ』(以降、『IV』)の前作である。PG-12指定作品。

原題の「Extinction」(エクスティンクション)は「絶滅」を意味する。

あらすじ[編集]

前作から8年後。結局、T-ウィルス汚染は食い止められず、全世界へ蔓延してしまう。人間や動物どころか、自然をもT-ウィルスに破壊された地球は文明社会が崩壊し、膨大な数のアンデッドと荒廃した大地に覆い尽くされた死の星と化してしまっていた。

一方、アンブレラ社は豊富な備蓄のある巨大な地下施設に潜み、ウェスカーを筆頭に各支部と連携を取りながら現状の打開を模索する。アリスの血液から大量に複製した彼女のクローンを使い、アンデッドへの対抗手段や血清についての人体実験を繰り返していた。

そんな中、わずかに生き残った人々は安住の地を求め、各地を旅していた。前作の後でカルロス達から離れ、独り旅を続けながら各地を転々としていたアリスは、ふと立ち寄ったガソリンスタンドにてアラスカが安全な土地であると記されたノートを発見し、それにわずかな希望を抱く。

その後、生き残った人々やカルロス達と行動を共にしているクレアの率いる車団の通信を傍受したアリスは彼らと合流するため、駐屯先のモーテルへ向かうのであった。

キャスト[編集]

詳細はバイオハザードシリーズの登場人物やリンク先の個別項目を参照。

アリス・アバーナシー
演 - ミラ・ジョヴォヴィッチ
主人公。元アンブレラ社特殊部隊員。物語の中心となるアリスは前作からの生き残りで、クローン達のオリジナルに当たる。アンブレラ社の施設に捕らえられていた頃、注入されたT-ウィルスを細胞レベルで取り込んだことから、超人的な身体能力と超能力を得た。アンブレラ社で「超能力波」と呼ばれているこの超能力は物体を浮遊させたり、火炎の動きを操ったり、飛んできた物体を目前で止めることができるといった、一種のテレキネシスと思われる。しかし、当初はこの能力に気づいておらず、自覚した後も完全に使いこなすことはできない様子。本作でアリスは元々特殊な抗体を持っていることが判明しており、彼女の血液にはT-ウィルス感染の治療効果がある。これに伴い、他の個体に見られる容貌の変化や変質も見られない。
冒頭で謎の一味に拘束され、強姦されそうになり、これを拒否すると殴られて気を失い、挙句ゾンビ犬の生贄にされそうになるが反撃して脱出[2] 。カルロスやクレア車団と合流し、アラスカを目指す。スーパーアンデッドが襲来した際はアンブレラ社のコントロールにより一時活動停止するが、復活して全滅しかけていたクレア車団を救う。その後、一行とは別れてアイザックスとの対決に向かう。
カルロス・オリヴェイラ
演 - オデッド・フェール
前作で生き延びた人物の1人。元U.B.C.S.(アンブレラ社バイオハザード対策部隊)隊長で、アリスと離れた後はクレア車団の一員となっていた。よく冗談を口にする気さくな性格で、正義感が強い。アリスとはお互い恋愛感情を抱くようになっている。ラスベガス戦の最中、アンデッド化したL.J.に襲われたKマートを助けるために自らが噛まれた後、生き残ったメンバーがアラスカへ行けるようアンブレラのヘリを奪うために車へ爆弾を積み、そのままフェンスに覆われたアンブレラの地下基地がある場所に突撃し、爆死する。
クレア・レッドフィールド
演 - アリ・ラーター
生き残った人々が集った「クレア車団」のリーダー。美人で行動力と責任感に溢れ、仲間からの信頼も高い。アリスが提案したアラスカ行きに対しても、考えられる最悪の事態を考慮し、単なる希望にすぎないのではと慎重な態度を取っていた。スーパーアンデッドとも互角に戦うだけの戦闘能力も有しているが、ラスベガス戦では二人のスーパーアンデッドによって地面に引き倒され、ピンチになるなどやや不調だった。
衣装以外ゲーム版との共通性はほとんどない。ゲーム版では年齢は19歳(『2』)、26歳(『ディジェネレーション』)だが今作では30代の設定。また、ゲーム版では細身で華奢なのに対し、今作では筋肉質でグラマーな体格の大きい女性となっている。
ロイド・J・ウェルズ (L.J.)
演 - マイク・エップス
前作で生き延びた人物の1人。アリスと離れた後はカルロスと共にクレア車団の一員となっていた。ベティとは恋人同士。物語序盤でアンデッドに噛まれるが黙っていた。終盤、ラスベガス戦の最中にアンデッド化してKマートに襲いかかるが、カルロスに阻まれ、射殺される。
ベティ・グリア
演 - アシャンティ
クレア車団の一員。元看護師。恋人のL.J.との仲は睦まじく、カルロスが敬遠するほど。中盤、クロウの大群の襲撃の際、皆を守るためにバスに一人残って応戦するも、多勢に無勢であり、皮肉にもL.J.の目の前で惨殺された。
マイケル・ファーバー(マイキー)
演 - クリストファー・イーガン
クレア車団の一員。コンピュータの扱いに長けている。対アンデッド用に防衛線を張ったり生存者に無線を使って呼びかけるなど、メンバーの中でも重要な役目を任されており、クレアからも右腕的存在として信頼されている。ラスベガス戦の最中にスーパーアンデッドに襲われ、クレアが助けようとしたが間に合わず、無残に食い散らかされるという悲惨な最期を遂げた。
Kマート
演 - スペンサー・ロック
クレア車団の一員。本名は別にあるが気に入っておらず、クレア達と「Kマート」で出会ったことからそう名乗るようになった。クレアを除いて唯一生き残った名前の出ている車団メンバーで、続編にも登場。
チェイス・マラヴォイ
演 - リンデン・アシュビー
クレア車団の一員。常に帽子を被っている。物資の不足をシニカルさを交えて語るなど、少々皮肉屋の気がある現実主義な性格だが、正義感も持ち合わせている。L85が愛銃。ラスベガス戦の最中、襲われていた仲間の女性を助ける為に、スーパーアンデッドを道連れにして鉄塔から飛び降り、死亡した。
オットー・ワレンスキー
演 - ジョー・ハースリー
クレア車団の一員。メンバーの乗るバスの運転手。未開封の缶詰を振った時に聞こえる音だけで中身を言い当てるという、変わった技能(本人曰く「廃れつつある技術」)を持つ。冗談好きで、子どもたちに対しても陽気に接している。中盤、クロウに襲われ死亡。

彼ら以外にも老若男女問わず、30人程[3] のメンバーによってクレア車団は構成されているが、劇中におけるクロウの大群の襲撃と、ラスベガスでのスーパーアンデッドとの戦いにおいてそれぞれ数人程の犠牲者を出し、最終的にヘリでアラスカに向かう事が出来たのは、クレアやKマートを含めて十数人程であった。

敵役[編集]

サミュエル・アイザックス
演 - イアン・グレン
前作終盤から登場したアンブレラ社の科学者。科学部門のヘッドであり、アリス計画の中心人物。実験に没頭するあまりウェスカーの命令に背いたり、部下を危険にさらしては見捨てるなど、性格は極めて身勝手かつ冷酷。アンデッドを兵士や労働力として飼い慣らす計画も進めていた。アリスの血液を入手しようとするが失敗、さらにアリスの血清で強化されたアンデッドに噛まれてしまい、抗ウイルス剤を投与するも、一度に多量に投与した事が原因でタイラントに変貌してしまい暴走、拠点であった研究施設を壊滅させた後、乗り込んできたアリスに襲い掛かる。アリスを追い詰めるも最期はレーザートラップで斬殺される[4]
アレクサンダー・スレイター
演 - マシュー・マーズデン
アンブレラ社の科学部門部長。アイザックスの分を弁えない研究内容とその手段に対し、不信感を抱いている。終盤、本社からの命令を捏造していたアイザックスを射殺して、下克上を図るも、直後にタイラント化したアイザックスに目と口を刺され、虐殺される。
アルバート・ウェスカー
演 - ジェイソン・オマラ
アンブレラ社の上級幹部。各支部長達から構成される委員会の議長で、自身はホログラム通信を介してアイザックスや各支部長達と接している。アリス計画などで結果を出せないアイザックスに解任を示唆する。確率や実験結果を重要視する完璧主義者。
ホワイト・クイーン
演 - マデリン・キャロル
アンブレラ社研究施設の人工知能。白い服を着た少女のホログラムを介し、アイザックスなどと会話する。以前アリスと接触したレッド・クイーンとは別の人工知能である模様[5]。物語終盤でアリスに人類を救う「アリス計画」の真意を伝え、暴走したアイザックスを倒すように祈願すると共に激励する。『I』の小説版では、ラストでアリスに記憶媒体にコピーされ、壊滅した世界の中、行動を共にしている。
アリスのクローン達
アンブレラ社の施設に捕らえられていた頃のアリスから採取した血液のDNAを元に、大量複製されたクローン。物語序盤に登場する個体をはじめ、アイザックスのアリス計画のために多数の個体が次々と実験[6]の犠牲となり、死亡していった。遺体は血液のサンプルを採取された後、アンデッドの侵入を防ぐフェンスに囲まれた施設敷地内の素堀の窪地へ無造作に投棄されている。服装は『I』と同じ。
オリジナルのアリスが持つ超能力は使えない[7]。物語終盤において彼女の目前で起動した個体が、アイザックスとの最終決戦で勝利するきっかけとなる。

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日曜洋画劇場
アリス・アバーナシー ミラ・ジョヴォヴィッチ 本田貴子 岡寛恵
クローン・アリス
カルロス・オリヴェイラ オデッド・フェール てらそままさき 江原正士
クレア・レッドフィールド アリ・ラーター 岡寛恵 林真里花
ロイド・J・ウェルズ (L.J.) マイク・エップス 江川央生 高木渉
Kマート スペンサー・ロック 小笠原亜里沙 弓場沙織
サミュエル・アイザックス イアン・グレン 水内清光 大塚芳忠
アルバート・ウェスカー ジェイソン・オマラ 立木文彦 中博史
ホワイト・クイーン マデリン・キャロル 川田妙子 釘宮理恵
マイケル・ファーバー(マイキー) クリストファー・イーガン 杉山大 浪川大輔
ベティ・グリア アシャンティ 小松由佳 東條加那子
アレクサンダー・スレイター マシュー・マーズデン 内田夕夜 津田健次郎
チェイス・マラヴォイ リンデン・アシュビー 原康義
オットー・ワレンスキー ジョー・ハースリー 鳥海勝美 板倉光隆
その他の吹き替えキャスト 丸山壮史
佐藤美一
斉藤貴美子
江藤博樹
荻野晴朗
岩崎正寛
冨田泰代
川島悠美

テレビ放映[編集]

2010年9月26日にはテレビ朝日の『日曜洋画劇場』枠で初放送された。アリスをはじめ『II』から続けて登場した人物については、以前フジテレビで放送された『I』『II』と同一の声優陣による吹き替えが施されている。

前週の同年9月19日に『II』の本編が終了した後には本作の冒頭部分が放送され、本作の本編が終了した後には当時公開中だった『IV』の冒頭部分が放送された。

なお2014年5月25日にも『日曜洋画劇場』(ただし『芸能界もしもアワード びっくりぃむ2014』編成のため22:00開始)の予定だったが、当日は『2014 AFC女子アジアカップ・決勝戦』中継(日本の旗なでしこジャパン×オーストラリアの旗オーストラリア)に差し替えられ、放送されなかった。

登場クリーチャー[編集]

詳細はバイオハザードシリーズ#登場クリーチャーやリンク先の個別項目を参照。

アンデッド(ゾンビ)
T-ウイルスに感染した人々のなれの果て。最も本能的な欲求である食欲に突き動かされ、生き残りの人々を次々と襲う。アンブレラ社の研究によれば、食欲はあっても活動上食べる必要はなく、飲まず食わずで10年以上は動き続けることができるという。前作まではかなり動きが愚鈍だったが、今作からはゲーム版と同様に獲物に飛びかかる際には動きが敏捷になっている。
ゾンビ犬
犬(主にドーベルマン)が、T-ウイルスに感染してアンデッド化したもの。アンデッドと同じく食欲に突き動かされており、俊敏に人を襲う。
クロウ
アンデッドの死体を食べたことでT-ウイルスに二次感染したカラス。大群で人々を襲う。名前の由来はカラスを意味する英単語「crow」。ゲームでは雑魚敵に過ぎなかったが今作ではゲームよりも脅威的になっており、ベティやオットーなど多数の車団メンバーが犠牲となった(アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『鳥』のオマージュ)。最期は、アリスの超能力によって火炎放射機の炎を受けた事によって焼き尽くされ、全滅する。
スーパーアンデッド
アンデッドの強化計画において、アリスの血液から作られた血清を注入されたアンデッド。容貌は眼球が黒く染まった以外アンデッドと大差無いが、知能と敏捷度が向上されており、食欲に突き動かされるままの闇雲な行動より、対象を執拗に追い詰めて襲う行動を取るようになっている。また、体内に宿すT-ウィルスも感染力が強くなっている。
タイラント
スーパーアンデッドに噛まれたアイザックスが、抗ウィルス剤を大量投与したことで突然変異を起こし、クリーチャーと化した存在。ゲームのタイラントよりも醜い容姿をしている。負傷してもすぐ再生・強化する強靭な身体能力を持つ他、右手の指は自在に伸縮する触手と化し、口は雄叫びだけで強力な衝撃波を起こす。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

『I』『II』とは趣が異なる。『II』から引き続き登場する人物はアリス、L.J.、カルロス、アイザックス博士のみで、ジル・バレンタインとアンジェラ・アシュフォードは登場しない。ジルとアンジェラのその後については、『II』の最後から『III』の冒頭に至るまでの物語が補完されているノベライズ版『バイオハザードIII』(角川書店)が描く。詳細は#小説を参照。

原作の登場人物からはクレア・レッドフィールドアルバート・ウェスカークリス・レッドフィールド(ノベライズ版で名前のみ)が新たに登場しているが、原作と役割上の関連は無く、名前のみのカメオ出演

プロモーション[編集]

日本では、「もしも日本にバイオハザードが起こったら」という題で、エレベーター編、合コン編、渋滞編、セックスレス編、映画館編、学校編などの様々なシチュエーションのパロディCMが製作された。

小説版[編集]

キース・デカンディード著、富永和子訳『バイオハザードIII』(角川ホラー文庫、2007年) ISBN 978-4-04-294302-0

『II』の最後から『III』の冒頭に至るまでの物語が補完されている。 アンブレラ社の追手からの逃亡中、アリスら仲間達を逃がすためにオトリとなってはぐれてしまったジルは、単身で証拠を集めてアンブレラ社の実態を世界中に伝えようとしたが、T-ウィルス感染が世界へ拡大して文明社会そのものが崩壊したため、徒労に終わってしまう。その後、ボルチモアにてショッピングモールに立て篭もって水や食料などを独占する武装集団と遭遇したジルは、生き残った人々と協力して武装集団を撃退し、ショッピングモールを奪取する。ジルは役目を終えたとその場を去ろうとするが、生き残った人々から要請され、彼らを束ねるリーダーとなった。

一方、T-ウィルスの研究にはオリジナルのアリスが不可欠であるため、彼女へのアンブレラ社の追手は途絶えていなかった。また、感染を繰り返した果てに変容してしまったT-ウィルスにアンジェラは感染してもう実験には不要と判断したアイザックスは、アリス計画の人工衛星を介してアリスの身体を強制的に操作し、アンジェラを射殺させる。その後、自身がいつ再びアイザックスに遠隔操作されて間接的に仲間を殺しかねないと懸念したアリスはカルロス達から離れ、1人で人工衛星からの監視を避けながら行動するようになる。また、自身を使ってアンジェラを殺したアイザックスに対し、より強い敵意を持つようになった。

ちなみに、ジルも噂伝いにアンジェラの死を知っている。なお、ミラ・ジョヴォヴィッチは『III』披露時のインタビューにおいて、「『II』と『III』の間の過程でジルとアンジェラは死んでしまったのだろう」と答えていたが、『IV』でジルは再登場を果たした。映画版ではアンジェラの生死は不明。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Resident Evil: Extinction”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月21日閲覧。
  2. ^ その際、謎の一味は全員ゾンビ犬に襲われて死亡した。
  3. ^ クレア曰く当初は50人程いたが、旅の中で相次いで命を落としていき、今の人数まで減少したらしい。
  4. ^ その際アリスも一緒にいて、「それにお互いここで死ぬ」といっていたものの、アリスのクローンがレーザートラップを停止させ、アリスは無事だった。
  5. ^ アリスはレッド・クイーンのことを「(あなたの)お姉さん」と呼び、またホワイト・クイーンもレッド・クイーンを「姉のコンピュータ」と呼んでいる。しかし、『I』の小説版に登場しているホワイト・クイーンはレッド・クイーンとの姉妹関係が逆転している。
  6. ^ 実験区画はオリジナルのアリスを意識し、『I』や『II』に登場するアンブレラ社地下施設「ハイブ」やラクーンシティ病院を模した構造となっている。
  7. ^ 『IV』ではクローン達も使えるようになっている。

外部リンク[編集]