アルバート・ウェスカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルバート・ウェスカー (Albert Wesker) は、カプコンのゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する架空の人物。

ゲーム版を初め様々な媒体では名字の「ウェスカー」が通称や表記に用いられているが、本項では名前の「アルバート」で表記する(理由は後述)。

登場作品[編集]

キャラクター設定[編集]

ラクーンシティ警察署特殊部門S.T.A.R.S.(スターズ)総隊長にして、同隊アルファチームのリーダー。生物工学に精通する知識を陸軍に買われて技術将校となり、民間企業の要職を経てS.T.A.R.S.中心人物として抜擢されたという、異色の経歴を持つ(民間企業とはアンブレラのことだが、元技術将校の経歴は証拠に乏しいため、偽称の可能性もある。しかし、過去にはなんらかの形で軍事訓練を受けたことがある模様)。

金髪のオールバック、夜間でも外すことのない漆黒のサングラスなど、その風貌は威厳と冷徹さに満ちている。本来は副隊長兼ブラヴォーチームリーダーのエンリコ・マリーニが年齢や技能、そして人望の点からも隊長になると思われていたが、スポンサーであるアンブレラの肝煎りでアルバートが隊長に就任することとなった。それでも、指揮官としては非常に有能かつ射撃技術も寄宿舎で飛行するワスプを難無く撃ち落とすなど、優れた技術を見せる。『CV』『4』『UC』『5』では、一部でプレイヤーキャラクターとして操作可能。また、後述するが自身に投与したウィルスに適応後には超人的な能力を得て、『4』『5』や実写映画では強力な体術や、『マトリックス』に登場したエージェントのような弾丸避けも駆使する。さらに小説版『UC』では、リサ・トレヴァー以外のB.O.Wと同調し、意のままに操れた。

趣味はフットボールと戦史研究。身長183cm(『5』では190cm)、体重84.5kg(『5』では90kg)、血液型はO型。

なお、年齢の推移は、38歳(1998年当時『1』『CV』)→42歳(2002年当時『DC』)→43歳(2003年当時『UC』)→44歳(2004年当時『4』)→46歳(2006年当時『5』)→48歳(2009年当時『5』)となる。

生い立ちに関しては、『5』でオズウェル・E・スペンサーの口から「ウェスカー計画」という、アルバート自身も知らなかった事実が語られる。スペンサーはウィルスを使った強制進化で新人類の創造主となる野望成就のため、完璧な肉体と頭脳を持つ従順な被験者を育成することを計画し、世界各地から才のある子供を集めてその全員に「ウェスカー」の名を与え、アンブレラによる庇護や極秘裏の監視下で英才教育を施した後、全員に様々な手段で謎のウィルスを投与させ、生き残った者を次の段階へ移行させようと目論んだ(同期でライバルのウィリアム・バーキンからアルバートが受け取ったウィルスも、実は自身に投与させるための策略であった)。しかし、この実験はアルバートを除くほとんどのウェスカーが死亡するという結果に終わり、アークレイ研究所で発生した生物災害事件(「洋館事件」)のトラブルも重なって計画は頓挫してしまう。唯一のウェスカーとなったアルバートの資質と成長にスペンサーは満足していたが、真実を知ったアルバートは自らがスペンサーの野望に取って代わることを決意し、彼を殺害した(アルバートいわく「貴様はその器ではない」)。

作品によっては主人公を務めることもある、ダークヒーロー的な存在とされている。また、『UC』ではプレイヤーキャラクターの他にナレーションも務める。

作中における行動[編集]

洋館事件前の経歴[編集]

元々、アルバート自身は生物工学を専門とした科学者であったが、1970年代には、アンブレラの幹部養成所に幹部候補社員として所属、しかし、アンブレラ現総帥であるスペンサーの指揮下、黙々とT-ウィルスの研究を続けていくうち、アルバートは次第に「アンブレラをも超え、世界の頂点に立つ」という野望を秘めるようになっていった。

彼はウィリアムと共謀し、当時自らが所属していた養成所の所長であると同時にアンブレラ内でスペンサーと権力闘争を繰り広げていた、ジェームズ・マーカス博士を殺害し、スペンサーの下、その地位を確固たるものとした。

ウィリアムがマーカスの研究を引き継ぎ、研究を続けていたT-ウィルスが完成の域に達した頃、科学者としての限界を感じ始めた彼は、諜報部に転属し、それと同時に、ライバル企業へ転身する機会を伺うようになる。

バイオハザード0/バイオハザード[編集]

アンブレラの計らいでS.T.A.R.S.隊長に就任したアルバート自身は、洋館事件を利用してライバル企業への手土産とするt-ウィルスや、それによって生み出されたB.O.W.(バイオ・オーガニック・ウェポン)とS.T.A.R.S.を戦わせた実戦データを回収しようと画策。先遣隊として洋館へ派遣させたブラヴォーチームを乗せたヘリコプターが墜落するように仕向けた。クリス(もしくはジル・バレンタイン)の活動も虚しく隊員が次々と命を落とす裏で暗躍。B.O.W.の実戦データを回収。計画に気付いたエンリコについては自らの手で射殺し、その上で計画をより完璧なものとすべく、アルファチーム隊員のバリー・バートンに家族を拉致したという旨を告げて脅迫、自らの手駒とした(実際には拉致していない。家族を愛するバリーの心に付け入ることは容易であろうというアルバートの独断による。バリーはハッタリで言いように利用されていたことになる)。最終的には研究所で自分の正体を突き止めたクリスやジルらの面前で、t-ウィルスが生み出した究極兵器「タイラント」(T-002型)による死を偽装するも、クリスやジルによってタイラントを倒されたために失敗。彼は力尽きる直前、予めウィリアムから貰っていた詳細不明のウィルスを注入しており(『5』にて、スペンサーの差し金による試作段階のウィルスと判明)、それによって得た超人的能力で死の淵から復活し、ゾンビやリサ・トレヴァーを退けて洋館からの脱出に成功した。

なお、『1』ではジル編のバリー生存ルートでのみタイラントに殺害されず、バリーに気絶させられた後タイラントとの戦闘終了後に起爆装置を作動させている。その後通常の攻略(寄り道をせず、クリスを救出するか無視して非常脱出口へ向かう)を進める場合にはアルバートは登場せず、このためルートによってはアルバートの安否は不明とも取れる描写だった。しかし実はこのルートの場合でもアルバートは起爆装置の前で死亡(同時にキメラが再配置されており、おそらくこれに殺害されたと思われる)しており、『1』の時点では明確に死亡している人物であった。このため「アルバートは安否不明」という誤解をしたプレイヤーもおり、平野耕太は漫画『進め!!聖学電脳研究部』にてアルバートを安否不明とした上で、『2』でバリーとレベッカが生存していることを受け「安否不明のキャラは生存となるのであれば、明確な死が描かれていない彼も生存し再登場するのではないか」と考察していた(結果的に生存・再登場の予測は的中していたが)。

ゲームキューブによるリメイク版のジル編(バリー生存ルートの場合)は、バリーに撃たれたあと、「二人そろって地獄へ行け」と言ってタイラントを起動させるものの、アルバートはタイラントによりはじき飛ばされてしまう。タイラントとの戦闘後、アルバートを調べると「哀れな死に様だ・・・。」と表記されるが、ジルがバリーのもとへ駆け寄り、バリーが目を覚ますとアルバートは忽然と姿を消しているという展開になる。

バイオハザード2[編集]

作品自体に彼は登場しない(ファイルや登場人物たちの会話の中で、名前や写真が登場するのみ)。

一度死亡したことによって、アンブレラのライバル組織「H.C.F.」のメンバーとなったアルバート自身であったが、アンブレラ幹部のセルゲイ・ウラジミールの根回しから制御コンピュータ「レッド・クイーン」に妨害され、洋館事件の際に十分なサンプルを持ち帰れなかったため、その後は名誉を挽回すべく、ウィリアムの手によって完成していたG-ウィルスの奪取を目論む(この様子は、『UC』で描かれている)。その後は同組織のエイダ・ウォンと平行して暗躍するも、レオン・S・ケネディクレア・レッドフィールド、U.S.S.(アンブレラ特殊工作部隊)のハンクによる妨害を受け、自身でのサンプル奪取には失敗、その後、レオン達の去った後に残っていたG生物の死骸からエイダに採取させたG-ウィルスを入手したことで、ようやく無能の汚名を返上する。

バイオハザード3[編集]

ゲーム本編では登場しないが、小説版『UC』では、ネメシスを裏でコントロールしていたことが判明し、レオン達が遭遇したタイラントもコントロール可能だと描写されている。なお、彼がB.O.Wと同調する際にはその感覚を共有でき、B.O.Wが受けた痛みが自分にも伝わる。

バイオハザード2の後/バイオハザード CODE:Veronica[編集]

アルバート自身はG-ウィルス入手だけで満足せず、次なる2つのターゲットを決める。1つ目はラクーンシティ壊滅後にアメリカ合衆国当局に保護されていたウィリアムの娘である、シェリー・バーキンで、G-ウィルス以外にもウィリアムによって生み出された何かがシェリーに隠されていると考え、当局の警戒を潜り抜けて彼女の身柄を抑えることに成功する。2つ目はかつてウィリアムを大いに苛立たせたほどの天才、アレクシア・アシュフォードが生み出した、t-Veronicaウィルスである。t-Veronicaを奪取すべく、自らロックフォート島や南極基地へ侵入した際、クリスやクレアと遭遇し、本来はアレクシアをサンプルとして奪取する予定だったが、t-Veronicaによる彼女の戦闘能力の高さと、クリスとクレアによる妨害のために失敗してしまう。しかし、その後にt-Veronicaを投与されたスティーブ・バーンサイドの遺体をサンプルと決め、奪取に成功。脱出間際には、因縁のあるクリスと一対一での決闘を行うが、倒壊に巻き込まれて顔を負傷し、撤退したため、この場で決着は付かなかった。

バイオハザード ダークサイド クロニクルズ /「オペレーション・ハヴィエ」[編集]

作中に登場するのは、ほんの少しだが、南米の麻薬王ハヴィエ・ヒダルゴに接触しており、彼に対しt-Veronicaを売り渡しており、それによって化け物に変異したハヴィエとレオン・S・ケネディとジャック・クラウザーが戦っている姿を終始遠くから観察していた。

また、本作の終了後、クラウザーが軍を除隊し、アルバートに接触、彼の所属する組織『H.C.F.』に加わった事が判明する。

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ/「アンブレラ終焉」[編集]

アルバート自身は、アンブレラ倒産直前のロシア支部にアンブレラの機密データが集中していることを知り、クリスのことは相変わらず憎んではいるが、その一方で彼の能力を誰よりも高く評価しているため、ロシア政府にあえてアンブレラの新型B.O.W.開発の情報を流してクリス達を誘き寄せ、陽動に利用して機密データの奪取計画を立てると、t-ウィルスに汚染されたロシア支部、コーカサス研究所に単身で乗り込んで怪物化したセルゲイを倒した後は、レッド・クイーンからアンブレラのデータを奪取してレッド・クイーンそのものを消去し、クリス達と遭遇する前に立ち去った。

また、クリス達が到着する前に予め下準備を整えておいたなど不審な点も目立つが、小説版『UC』では、ロシア政府が彼らに仕掛けていた盗聴器を傍受していたことが判明している。

その後、ラクーンシティ事件以来、国を相手どったアンブレラ裁判にコーカサス研究所で得たB.O.W.などのデータを提出し、アンブレラの全面敗訴が決定、アンブレラを完全崩壊に追い込む形となった。

バイオハザード4[編集]

アンブレラ倒産後も活動を続けているアルバート自身は、アンブレラの復活に向けて動き始めると、スペインを根拠地として活動を続けるロス・イルミナドス教団の持つ寄生体「プラーガ」を狙って、エイダやジャック・クラウザーを派遣し、その頃、誘拐されたアシュリー・グラハムを捜索すべく訪れたレオンによってまたも計画を妨害されかけるが、最終的にエイダはサンプル回収に成功している。

立場的にはエイダやクラウザーより上であるが、H.C.F.上層部からの信用はエイダより薄い。『エイダズレポート』には「組織の命令によりアルバートには別の物をプレゼントした」という旨の記述があり、具体的に何を渡されたのかや彼の反応については触れられていないが、『4』終了時点でサンプルそのものはアルバートの手元には渡っていなかった模様。『5』の時点でサンプルを用いた応用実験の数々を成功させた経緯も不明のままで、このレポートの内容にも謎が多い。

アンブレラ終焉後及び『バイオハザード5』の3年前『Lost in Nightmares』[編集]

アンブレラ崩壊以来、行方をくらまして隠遁生活を送っていたスペンサーの居場所を突き止めると、スペンサーから、彼の野望とアルバート自身の出生の秘密を聞かされた後に彼を殺害し、野望を引き継ぐことを宣言、その直後、同じくスペンサーの捜索に訪れたクリスとジルの襲撃に遭うも、超人的な身体能力(発射された弾丸を視認してから回避、ほぼ瞬間移動のような高速移動、クリスやジルを遥かに凌駕する筋力など)で2人を圧倒し、クリスに止めを刺そうとしたが、ジルの決死の突進により失敗し、彼女と共に屋敷の窓から谷へ落下して行方不明となる。しかし、実際は死亡してはおらず、普通なら落ちれば助からない高さを超人的な能力で崖を滑り、落下速度を抑え、共に落下したジルを殺さずに回収してトライセル社へ運び、ウロボロス・ウィルスの研究に利用していた。

バイオハザード5[編集]

アルバート自身は、トライセル社アフリカ支社長のエクセラ・ギオネと共に、アフリカで起きたバイオテロの裏で暗躍していたが、今作では、超人的な身体能力を引き起こす源となっている体内のウィルスは不安定であり、専用の安定剤「PG67 A/W」で抑制していることが判明する。

トライセルやエクセラ、ジルを利用し、t-ウィルスやG-ウィルスを上回る脅威であるウロボロス・ウィルスを完成させ、これを世界中へ拡散させることで、自身と同じくウィルスに選ばれた人間のみが生き残り、新しい秩序が築かれた新世界を作り出そうと画策、やがてエクセラを裏切ってウロボロス・ウィルス搭載ミサイルを積載した爆撃機を離陸させることには成功するも、クリスと彼の新たなパートナーであるシェバ・アローマに阻止され火山へ墜落。計画は失敗した。上空から地上に落とされたウェスカーだったが、それでも生存しており、ウロボロス・ウィルスを自らの体内に取り込んで暴走状態を発生。2人へ襲い掛かるが、2人からの攻撃を受けている最中足場が崩れて溶岩流の中へ沈み、最後の悪足掻きとして脱出しようとするヘリを溶岩流へ沈めようとしたが、最後は2人からRPG-7の攻撃をまともに受けて完全に倒された(カプコンの川田将央プロデューサーは「アルバートは死亡した」と公言している)。

バイオハザード6[編集]

前作で死亡したため、アルバート本人は登場しないが、本作では彼がまだ自分の体にウィルスを投与する以前の時期(詳細は不明だが、ジェイクの年齢から計算すると1993年辺りで、彼がまだアンブレラに籍を置いていた頃)に、とある女性との間に設けた息子ジェイク・ミューラーが登場する。しかし、彼とジェイクとの間に親子らしい出来事は存在せず、ジェイクはシェリー・バーキンと出会うまでアルバート本人の事はおろか、顔すら知らずにいた。また、アルバート本人がジェイクの存在を認識していたかどうかは不明。

実写映画[編集]

バイオハザードIII[編集]

俳優はジェイソン・オマラで、日本語吹き替えは立木文彦が担当している。本作では、坊主頭に近い髪形。作品そのものがゲーム版とはパラレルワールドに当たるため、アルバート自身もアンブレラを抜けたという設定ではない。生き残ったアンブレラ関係者で最高の地位にあるらしく、作中の会議では議長を務めている。北米支部のサミュエル・アイザックスにアリス計画とアンデッド飼い慣らし研究を進めさせていたが、彼の独断専行などは警戒している(事実、アイザックスはアルバートの声を加工し、自分に都合の良い命令を偽造していた)。ラストでは、東京の地下へ拠点を移していたことが発覚する。

バイオハザードIV アフターライフ[編集]

俳優はショーン・ロバーツへ変更された。東京の地下要塞を拠点にt-ウィルスの研究とアリス計画の指揮を行っていたが、冒頭でクローン達を率いたアリス・アバーナシーの襲撃を受けると、特殊爆弾で要塞ごとクローンアリス達を一掃し、自身だけは飛行機で逃亡する。飛行機内では密かに乗り込んでいたオリジナルのアリスと対決して彼女へt-ウィルスの中和剤を投与し、超人的能力を奪うと同時に中和剤の影響で戦うこともままならない彼女を追い詰めるが、それに気を取られて富士山への墜落を止められず、重傷を負う。しかし、自身の肉体にT-ウィルスを投与したことで、一命は取り留める。その後はアリス達が感染の恐れのない安住の地と信じていた船「アルカディア」を拠点に、各地から無線で呼び寄せた生存者達(台詞によると約2000人)を捕らえて研究の実験台にしていた。T-ウィルスの影響が強すぎて能力的にはゾンビやマジニを遥かに超越する力こそ得たものの、肉体自体は不安定となる。研究の実験台にするはずの生存者を食い殺してはそのDNAを取り込むことでかろうじて安定を保っていたが、それでも完全ではなく瞳孔は爬虫類のような形へ変貌し、赤く発光するようになった。そのため、アルバートを恐れたアルカディアの乗組員達には全員逃亡されてしまう。

東京での戦闘以降、アンブレラの衛星監視システムを用いて監視していたアリスがレッドフィールド兄妹と共にアルカディアへ現れると、先述の乗組員達に代わる新たな部下にしたベネットや、ペットである2匹のアジュレと共に迎え討つ。これまでの実験で唯一T-ウィルスに完全対応したアリスのDNAを取り込むことで自らの肉体を安定させようと、『5』での自らのような弾丸避けや高速移動などの超人的能力で彼女達を窮地へ追い詰めるが、敗れる。しかし、アリス達が去った後には脅威的な生命力によって蘇生を果たすと、ベネットを食い殺して傷を回復させ、再び飛行機で逃亡してアルカディアを特殊爆弾で一掃しようと謀るが、特殊爆弾はアリスによって機体の中へ移されており、飛行機そのものが爆破される。その直後、飛散する飛行機からはパラシュートが降下していく。

小説版『V』では、上記の飛行機爆発の際に爆死したアルバートはクローンだと本人に語られている。

バイオハザードV リトリビューション[編集]

前作の戦いから生き長らえていたが、自身が離れている間にアンブレラがクローン兵やアンデッドを従えるレッド・クイーンに乗っ取られていた上、更に彼女の最終目的が人類抹殺であることを知り、エイダ・ウォンをはじめとする部下達と共に逃亡した。世界中から生存者を集めてワシントンD.C.ホワイトハウスを要塞へ改造し、人類軍の指導者となる。人類対B.O.W.の最終決戦に備え、切り札としてアンブレラに監禁されたアリスを救助するよう、レオン・S・ケネディら腕利き達と交渉してロシアの地下施設へ突入させる。レオン達に連れられて帰還したアリスと対面すると、「彼女こそが人類最強の兵器」として封印されたT-ウィルスを解放させ、アンブレラ社と人類との最終戦争の幕を上げた。

その他の登場作品[編集]

『MVC3』での技一覧[編集]

特殊技[編集]

必殺技[編集]

  • 先崩掌打(せんほうしょうだ/Cobra Strike)
  • 覇砕双剛掌(はさいそうごうしょう/Ghost Butterfly)
  • 高速翻身(こうそくほんしん/Phantom Move)
  • 迅速移動(じんそくいどう/Jaguar Dash)
  • 轟砲膝(ごうほうしつ/Jaguar Kick)
  • 昇甲掌打(しょうこうしょうだ/Tiger Upper Cut)
  • 猛衝脚(もうしょうきゃく/Mustang Kick)

ハイパーコンボ[編集]

鎖巡型(さじゅんけい/Phantom Dance)
サングラスを外し、画面全体を縦横無尽に駆け回る。
獄突(ごくとつ/Raino Charge)
当て身技。成功すると、閃光を纏った貫手で貫く。
連環殺(れんかんさつ/Lost in Nightmare)
Lv3専用ハイパーコンボ。その場で打開を繰り出し、ヒット時は高速で無数の打撃を浴びせ、最後に空中からウロボロス・ウィルスを仕込んだミサイルを投げ落とす。
技名の「連環」とは、このウロボロス・ウィルスを指している。

ウェスカーを演じた声優[編集]

  • Selgio Jones(『1』)
  • リチャード・ウォー(『CV』『0』『4』)
  • Peter Jessop(『1』(リメイク))
  • D.C.ダグラス(『UC』『5』『DC』』『MvC3』『UMvC3』)
  • 立木文彦(実写映画日本語吹き替え版【ソフト版】)
  • 中博史(実写映画日本語吹き替え版【日曜洋画劇場版】)
  • 大塚明夫(実写映画日本語吹き替え版【日曜洋画劇場版】)
  • 中田譲治(『MvC3』『UMvC3』(日本語版))