杉村升

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杉村 升(すぎむら のぼる、1948年6月28日 - 2005年2月24日)は日本脚本家

来歴[編集]

脚本家・小川英に師事し、'74年に杉村のぼる名義で『太陽にほえろ!』で脚本家デビュー。以降師である小川と連名ながらも時代劇・刑事ドラマ・アニメで数々の作品を執筆。1987年より杉村升名義に改名。80年代半ば以降は、活動のメインを東映制作の特撮作品を中心に活躍。その後はゲームのシナリオを主な活動の場とした。株式会社フラグシップ設立主要メンバーの一人であり、脚本家の荒木憲一、元作家の有賀博之は杉村に師事していた。

2005年2月24日、56歳で急性心不全により急逝。

エピソード[編集]

  • 東映特撮で最初に携わった作品が『星雲仮面マシンマン』である。参加のきっかけは杉村と親しい監督の小西通雄が東映の吉川進プロデューサーに紹介したことによる。以降、『兄弟拳バイクロッサー』、『時空戦士スピルバン』でサブライターとして関わり、途中参加にも関わらず『仮面ライダーBLACK』では後半実質メインライターとして活躍し頭角を現すことになる。
  • スケバン刑事』は当初杉村と『太陽にほえろ!』で杉村と同じく小川英の弟子だった土屋斗紀雄がメインの予定だったが、第1話の杉村との共作を最後に土屋は降板した。後に雑誌『B-CLUB』インタビューにて土屋は「先輩の杉村さんを立てないといけないが、自分としてはそれが不満だったので1本だけで勘弁してもらった」とその降板理由を語っている。土屋は続編のII・IIIでメインとしてシリーズに返り咲き、杉村はIIにて1本だけ作品を提供した。
  • 東映の白倉伸一郎によると『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の第11話「ご主人さま!」(渡辺勝也の公式監督デビュー作品でもある)で『アラジンの魔法のランプ』に出てくるランプの精が「魔法のランプで、なんでも望みをかなえ、子供たちの欲望をかぎりなくかきたてる敵」というストーリーを進めていたが、その話を聞いた杉村が「ランプの精は、子供たちにとって夢だろう。それを悪者にして、子供の夢を壊すのか? それが子供番組をつくる者の姿勢か!」と大激怒したという。これは白倉にとって「正に痛恨の一撃」の出来事であったといい、非常に勉強になったと語っている。
  • 急逝の際は仕事上で付き合いがあった白倉、映画監督の雨宮慶太、フラグシップの岡本吉起、女優の河合亞美がそれぞれ自身のホームページやブログで哀悼の意を表し、高久進小西通雄が雑誌にて追悼文を掲載し故人の死を悼んだ。
  • その追悼文の中で高久は杉村の仕事ぶりについて、一つのシナリオに2つも3つと惜しみなくアイデアを注ぎ込むライターであったと評している。高久は杉村に「勿体無いよ」と忠告したそうだが、杉村は「大丈夫。また別の話を書くときには違うアイデアを考えればいいんだ」と答えたという。
  • 杉村の葬儀の際は、仕事仲間だった三ツ村鐵治宮下隼一と抱き合って号泣したことを述懐している。

主な作品[編集]

テレビ[編集]

太字はメインライターを担当した作品。

この中の一つ、152話『次元と帽子と拳銃と』では、次元は帽子がないと弾が当たらないという特異な設定を作り出している。

映画[編集]

ゲーム[編集]

関連人物[編集]