三上真司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三上 真司(みかみ しんじ、1965年8月11日 - )は、ゲームデザイナー山口県岩国市生まれ。元カプコン第4開発部部長。現在はゼニマックスグループ傘下のTango Gameworks代表。

人物[編集]

1990年同志社大学商学部卒。大学在学中は中国拳法に打ち込む。卒業後、カプコンに入社。『カプコンクイズ ハテナ?の大冒険』、『アラジン』などを開発。1996年にはディレクターとして『バイオハザード』を送り出す。その後、『バイオハザード』シリーズ、『ディノクライシス』シリーズ、『デビルメイクライ』などをプロデュースする。また、『逆転裁判』1~3の製作総指揮をとった。 『バイオハザード4』では自らディレクターも務めた(途中、チーフディレクターに変わる。それについては、『バイオハザード』シリーズ 供給媒体に関する経緯を参照)。

2004年7月1日カプコンの子会社であるクローバースタジオに移籍し、『GOD HAND』のディレクターを務めるが、2005年の11月には親会社のカプコンを退社してフリーの立場で同作品を完成させる。同年12月に有限会社Straight Storyを起業。カプコン退社後もソフトウェア開発の契約は個別に結んでいる。2007年2月、SEEDS株式会社のちのプラチナゲームズ株式会社とのプロジェクトを個別契約を結び開発している。

2010年3月1日に株式会社Tango設立。10月28日にゼニマックスグループ傘下に入り、TangoGameworksに改名。

バイオハザードの生みの親ではあるが、そう呼ばれることを嫌がっている[1]

2010年に自らが運営する公式サイトでミニゲーム『HARAKIRI』を公開した。

主な作品[編集]

※移植作品を含まず

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊見習いディレクター中村193のリアルTango第1回 Tango Gameworks、2010年10月28日付。
  2. ^ 日本未発売作品

外部リンク[編集]

関連項目[編集]