バイオハザード4 地下世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイオハザード4 地下世界
著者 S・D・ペリー
訳者 野下祥子
発行日 2005年5月25日
発行元 中央公論新社
ジャンル ノベライズ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
コード ISBN 978-4-1250-0898-1
テンプレートを表示

バイオハザード4 地下世界』(バイオハザード4 ちかせかい)は、カプコンのゲームソフト『バイオハザードシリーズ』をS・D・ペリーが小説化したホラーゲームノベライズ。シリーズ第4弾である。作者S・D・ペリーによるオリジナルストーリー。翻訳野下祥子

出版経緯[編集]

書籍情報
バイオハザード4 地下世界 2005年 ISBN 4125008981

あらすじ[編集]

ラクーンシティの壊滅から生還したレオンとクレアは街の偵察に訪れたデヴィッドたちと合流し、S.T.A.R.S.の活動に加わることになる。彼らはヨーロッパのクリスらと合流するべくチャーター機に乗り込むが、トレントによって乗っ取られてしまう。彼らはそこでトレントからユタ州の砂漠に存在する生物兵器のテストのための地下施設の存在を聞かされる。そこにはアンブレラのコンピューターにアクセスするためのアクセスコードを収録した「コードブック」という品が保管されており、施設が稼働していない今しか奪取は不可能であるらしい。彼らは施設に侵入を試みるが感づかれ、部隊は地上と地下に分断されてしまう。

登場キャラクター[編集]

登場人物[編集]

S.T.A.R.S.の元隊員たち[編集]

  • レベッカ・チェンバースRebecca Chambers
  • デヴィッド・トラップ
  • ジョン・アンドリューズ

ホワイト・アンブレラ幹部[編集]

  • ジェイ・レストン
  • ジャクソン・コートランド
  • シドニー
  • ルイス

館からの生還者たち[編集]

その他[編集]

  • 謎の男 - トレント
  • 技術者 - ヘンリー・コール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]