ルチオ・フルチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルチオ・フルチ
Lucio Fulci
ルチオ・フルチLucio Fulci
ルチオ・フルチ(右)と映画監督アンドレアス・シュナース(左) - 1994年
生年月日 1927年6月17日
没年月日 1996年3月13日(満68歳没)
出生地 ローマ
死没地 ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア

ルチオ・フルチLucio Fulci イタリア語発音: [ˈlutʃo ˈfultʃi] 1927年6月17日 - 1996年3月13日)はイタリアローマ出身の映画監督脚本家。主にホラー映画スプラッター映画を舞台に多くの作品を製作した。

経歴[編集]

ローマ生まれ。映画製作者を志してローマ実験映像センターに学んだのち、イタリア式コメディで名を馳せた映画監督ステーノに師事した。1959年"I ladri"でデビューし、1970年代後半までコメディーとサスペンス(ジャーロ)映画で一定の評価を得た。しかし、生来の反骨気質ゆえに1969年"Beatrice Cenci"1972年の『マッキラー』といった娯楽映画の中でカトリック教会を痛烈に批判し、扱いづらい職人監督というレッテルも貼られた。

1979年に南国を舞台にしたゾンビ映画『サンゲリア』を監督したことによってフルチの監督人生は180度変わる。攻撃的な人体破壊シーンと全編を流れる耳障りなノイズは多くのクリエーターに影響を与え、ジョージ・A・ロメロと双肩を成すゾンビ映画監督、もしくはマスター・オブ・ゴアという肩書きを手に入れた。日本でも多くのビデオが題名に「ルチオ・フルチの~」と冠して発売されるという、大巨匠なみの栄誉に浴している。ファンの多くは『サンゲリア』『地獄の門』『ビヨンド』を絶頂期の三大傑作とし、続く『墓地裏の家』『ザ・リッパー』と徐々に衰弱して、以降の作品はことごとく失敗作とする意見が多いが、前述の3作品以外にも今尚カルト的人気を誇る作品も少なくない。娯楽映画の体を成しながら難解な結末が用意されている事が多く、その点で賛否は大きく分かれる。作品毎に作風が変化してくるところも特徴的だった。

1996年ダリオ・アルジェントの製作による『肉の蝋人形』を監督する予定だったが糖尿病の合併症により死去した。

人物[編集]

  • 今日ではスプラッター映画における巨匠の1人に数えられている。残虐かつ理不尽なイメージによるゴア描写を得意としているなか、特に眼球破壊にこだわっている節が多く見受けられる(『ザ・リッパー』など)
  • 残した作品の過激さ故か、後世の評価が極端に分かれる傾向がある。例えば彼個人の人物評でも役者を追い詰めるサディストというものから温厚なインテリまで様々である。
  • 映画人としての評価に至っては「多作すぎて質を落とした」(彼より多く作品を撮った監督も少なくない)、「経済的に困窮していた」(監督としての活動開始時から老年期まで大きなブランクもなく作品を任され、浪費のうわさも無い)など根拠不明の諸説が入り乱れており、注意が必要である。
  • 『サンゲリア』などアメリカ俳優を起用しアメリカを舞台とした作品も多く撮っているが、フルチ自身は英語が全く駄目で撮影には常に通訳が同行した。

監督作品[編集]

  • I ladri (1959)
  • I ragazzi del juke box (1959)
  • Urlatori alla sbarra (1960)
  • Colpo gobbo all'italiana (1962)
  • I due della legione (1962)
  • Le massaggiatrici (1962)
  • Uno strano tipo (1963)
  • Gli imbroglioni (1963)
  • I maniaci (1964)
  • I due evasi di Sing Sing (1964)
  • I due pericoli pubblici (1964)
  • 002 agenti segretissimi (1964)
  • Come inguaiammo l'esercito (1965)
  • 002 operazione Luna (1965)
  • I due parà (1965)
  • Come svaligiammo la Banca d'Italia (1966)
  • 真昼の用心棒 Le colte cantarono a morte e fu... tempo di massacro (1966)
  • Come rubammo la bomba atomica (1967)
  • Il lungo, il corto, il gatto (1967)
  • 奇想天外 泥棒大作戦 Operazione San Pietro (1967)
  • One on Top of the Other (1969)
  • Beatrice Cenci (1969)
  • 幻想殺人 A Lizard in a Woman's Skin (1971)
  • All'onorevole piacciono le donne (1972)
  • マッキラー Non si sevizia un paperino (1972)
  • 白い牙 Zanna Bianca (1973)
  • 名犬ホワイト 大雪原の死闘 Il Ritorno di Zanna Bianca (1974)
  • 荒野の処刑 I Quattro dell'apocalisse (1975)
  • Il Cav. Costante Nicosia demoniaco, ovvero: Dracula in Brianza (1975)
  • La pretora (1976)
  • ルチオ・フルチのザ・サイキック Sette note in nero (1977)
  • 新・復讐の用心棒 Sella d'argento (1978)
  • サンゲリア Zombi 2 (1979)
  • 野獣死すべし Luca il contrabbandiere (1980)
  • 地獄の門 Paura nella città dei morti viventi (1980)
  • ルチオ・フルチの恐怖!黒猫 Black Cat (Gatto nero) (1981)
  • ビヨンド E tu vivrai nel terrore - L'aldilà (1981)
  • 墓地裏の家 Quella villa accanto al cimitero (1981)
  • ザ・リッパー Lo Squartatore di New York (1982)
  • マンハッタン・ベイビー Manhattan Baby (1982)
  • SFコンクエスト 魔界の征圧 La conquista (1983)
  • 未来帝国ローマ Rome, 2072 A.D. the New Gladiators (1984)
  • ルチオ・フルチのマーダロック Murderock - uccide a passo di danza (1984)
  • イノセント・ドール 虜 Il Miele del diavolo (1986)
  • 怒霊界エニグマ Aenigma (1987)
  • タッチ・オブ・デス 死の感触 Quando Alice ruppe lo specchio (1988)
  • ルチオ・フルチのゴーストキラー Il Fantasma di Sodoma (1988)
  • サンゲリア2 Zombi 3 (1988)
  • ルチオ・フルチのホラー・ハウス La Dolce casa degli orrori (1989)
  • ルチオ・フルチのクロック La Casa nel tempo (1989)
  • Hansel e Gretel (1990) ※クレジットなし
  • ナイトメア・コンサート Un Gatto nel cervello (1990)
  • ルチオ・フルチの新デモンズ Demonia (1990)
  • ルチオ・フルチの地獄の門2 Voci dal profondo (1991)
  • ヘルクラッシュ! 地獄の霊柩車 Le Porte del silenzio (1991)

日本公開作品[編集]

いずれも日本初公開年月を記した。製作年は上記リスト参照。

  • 1967年1月 『真昼の用心棒』
  • 1980年5月 『サンゲリア』
  • 1991年5月 『イノセント・ドール 虜』

外部リンク[編集]