STAND BY ME ドラえもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STAND BY ME
ドラえもん
監督 八木竜一山崎貴
脚本 山崎貴
原作 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
音楽 佐藤直紀
主題歌 ひまわりの約束秦基博
製作会社 2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会
公開 日本の旗 2014年8月8日(予定)
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

STAND BY ME ドラえもん』(スタンド バイ ミー ドラえもん)は、2014年8月8日に公開の日本アニメ映画。シリーズ初の3D作品であり、『ドラえもん』を再構築した作品[1]である。

キャッチコピーは「すべての子供経験者の皆さんへ。」「いっしょに、ドラ泣きしません?[2]

概要[編集]

テレビアニメ第2作2期シリーズの3D作品で、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品となっている。本作はいままでのドラえもんのアニメのどれとも繋がらない全く新しいドラえもんのアニメーションである。2011年に公開された「friends もののけ島のナキ」の制作陣が再集結して制作される。

『ドラえもん』の映画が春ではなく夏に公開されるのは1981年の『ぼく、桃太郎のなんなのさ』以来、33年ぶりである。

ストーリー[編集]

本作では原作の記念すべき第1話「未来の国からはるばると」[3]、ドラえもんとの別れを描く「さようならドラえもん」、しずかとのプロポーズから結婚までを描く「雪山のロマンス」「のび太の結婚前夜」のストーリーを再構築し、ドラえもんとのび太の出会いから別れ、のび太としずかとの愛が描かれる。

声の出演[編集]

スタッフ [編集]

主題歌[編集]

ひまわりの約束
作詞・作曲 - 秦基博 / 編曲 - 秦基博・皆川真人 / 歌 - 秦基博アリオラジャパン/AUGUSTA RECORDS)

脚注[編集]

  1. ^ 『ドラえもん』初の3DCG映画化!
  2. ^ 「ドラ」の部分は『ドラえもん』のロゴで書かれている。
  3. ^ 自ら一緒に暮らすようになる原作とは異なり、本作ではドラえもん自身はあまり乗り気でなかったため、セワシによって「成し遂げプログラム」をセットされ、のび太が幸せになるまで帰れなくなり、半ば強制的に一緒に暮らすようになる。
  4. ^ 妻夫木聡、3D版『ドラえもん』で青年・のび太の声に 「本当に緊張しました!」 Cinemacafe.net 2014年6月30日
  5. ^ なお、「ReBORN」CMでも30歳ののび太の役で出演しており、同作のシーンが登場している。
  6. ^ 田原アルノ公式ブログ2014 Vol.91 ファンの方も世代交代していますが…観てください! 田原アルノ 公式ブログ 2014年7月21日

外部リンク[編集]