東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京タワー
〜オカンとボクと、時々、オトン〜
Tokyo Tower - Mom and Me and Sometimes Dad
監督 松岡錠司
脚本 松尾スズキ
原作 リリー・フランキー
出演者 オダギリジョー
樹木希林
内田也哉子
小林薫
松たか子
音楽 上田禎
主題歌 福山雅治
東京にもあったんだ
撮影 笠松則通
編集 普嶋信一
製作会社 「東京タワー o.b.t.o」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗 2007年4月14日
上映時間 142分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 18.8億円[1]
テンプレートを表示

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(とうきょうタワー オカンとボクと、ときどき、オトン)は、リリー・フランキー同名小説を原作とした日本映画である。2007年4月14日松竹配給で公開された。オダギリジョー主演。第31回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。

ゲストとして小泉今日子六角精児宮崎あおい仲村トオル柄本明塩見三省などがカメオ出演していることでも話題となった。

あらすじ[編集]

1960年代。3歳のボクは、真夜中に帰ってきた酔っ払いのオトンにいきなり焼き鳥の串を食べさせられる。オトンに手を焼いたオカンはボクを筑豊の実家に連れ帰り、妹の“ブーブーおばさん”の小料理屋を手伝いながら、女手一つでボクを育て始めるのだった。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

受賞記録[編集]

  • 第20回日刊スポーツ映画大賞(2007年12月4日発表)
    • 助演女優賞:樹木希林
  • 第17回東京スポーツ映画大賞
    • 主演男優賞:オダギリジョー
  • 第31回日本アカデミー賞(2008年2月15日発表)
    • 最優秀作品賞:「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」
    • 最優秀監督賞:松岡錠司
    • 最優秀脚本賞:松尾スズキ
    • 最優秀主演女優賞:樹木希林
    • 最優秀助演男優賞:小林薫
    • 優秀主演男優賞:オダギリジョー
    • 優秀助演女優賞:松たか子
    • 新人俳優賞:内田也哉子

日本アカデミー賞受賞を巡る出来レース騒動[編集]

その年、多くの賞レースで賞を総なめにしていた『それでもボクはやってない』に全く票が入らず、日本アカデミー賞主催の日本テレビが出資した本作が賞をほぼ独占するという理解しがたい結果だった。この結果に、国内映画関係者、映画ファンから審査員による不正な票操作が行われたのではないかという意見が挙がった。最優秀主演女優賞を受賞した樹木希林は、受賞時のインタビューで「これは組織票だ、この結果はおかしい」と審査結果を痛烈に批判し、作品賞や監督賞を始め、ほとんどの受賞は不当だと話して会場は騒然となる。後日、樹木希林は雑誌インタビューでは「あの結果は私も納得していない」と語った。[2]

関連商品[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]