12人のパパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
12人のパパ
Cheaper by the Dozen
監督 ショーン・レヴィ
脚本 サム・ハーパー
ジョエル・コーエン
アレック・ソコロウ
製作 マイケル・バーナサン
ベン・マイロン
ロバート・シモンズ
音楽 クリストフ・ベック
撮影 ジョナサン・ブラウン
編集 ジョージ・フォルシー・Jr
製作会社 ロバート・シモンズ・プロダクションズ
20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年12月25日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $190,212,113[1]
次作 12人のパパ2
テンプレートを表示

12人のパパ』(Cheaper by the Dozen)は、2003年アメリカ映画。フランク・B・ギルブレス・Jrとアーネスティン・ギルブレス・ケイリーの自伝的小説『愉快な家族』(1948年)の映画化作品『一ダースなら安くなる』(1950年)のリメイクである。日本での映画館公開はない。

北米3298館で公開され、初週末3日間で約2750万ドルを稼ぎ、2週目の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』に次いで初登場2位となった[2]

物語[編集]

イリノイ州に住むトム(スティーヴ・マーティン)は妻と12人の子供たちと暮らしていた。だがあるとき、仕事の都合で妻と離れて暮らすことになり、トムは12人の子供たちを一人で仕切ることになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
トム・ベーカー スティーヴ・マーティン 屋良有作
ケイト・ベーカー ボニー・ハント 小野洋子
ノーラ・ベーカー パイパー・ペラーボ 弓場沙織
チャーリー・ベーカー トム・ウェリング
ロレイン・ベーカー ヒラリー・ダフ 小笠原亜里沙
ヘンリー・ベーカー ケヴィン・G・シュミット
サラ・ベーカー アリソン・ストーナー
ジェイク・ベーカー ジェイコブ・スミス
キム・ベーカー モーガン・ヨーク
マーク・ベーカー フォレスト・ランディス
ジェシカ・ベーカー リリアナ・マミー
ティナ・シェンク ポーラ・マーシャル
ビル・シェンク アラン・ラック
シェイク リチャード・ジェンキンス
ニック・ゲルハルド ホームズ・オズボーン
ダイアナ・フィリップス ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ
コーチ・ブリッカー レックス・リン
アシスタントコーチ デヴィッド・ケルシー
ハンク アシュトン・カッチャー
(ノンクレジット)
小森創介
ブリー ジャレッド・パダレッキ
(ノンクレジット)
ベス ティファニー・デュポン

受賞・ノミネート[編集]

賞・映画祭 部門 候補者 結果
キッズ・チョイス・アワード 男優賞 アシュトン・カッチャー ノミネート
ゴールデンラズベリー賞 最低男優賞 アシュトン・カッチャー ノミネート
ティーン・チョイス・アワード Choice Breakout Movie Star - Male トム・ウェリング ノミネート
Choice Movie Blush ヒラリー・ダフ ノミネート
Choice Movie Hissy Fit アシュトン・カッチャー ノミネート
Choice Movie Liplock パイパー・ペラーボ
アシュトン・カッチャー
ノミネート
ヤング・アーティスト賞 アンサンブル演技賞 受賞
Best Performance in a Feature Film - Young Actor Age Ten or Younger フォレスト・ランディス 受賞
Best Performance in a Feature Film - Young Actress Age Ten or Younger アリソン・ストーナー ノミネート

脚注[編集]

外部リンク[編集]