ラミ・マレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラミ・マレック
Rami Malek
Rami Malek
2012年
本名 Rami Said Malek
生年月日 1981年5月12日(33歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 2004年 - 現在

ラミ・マレック(Rami Malek, 本名: Rami Said Malek, 1981年5月12日 - )は、ロサンゼルス生まれのアメリカ合衆国の俳優である。

来歴[編集]

エジプト系[1][2]で双子の兄弟がいる[3]。インディアナ州のエバンズビル大学で学ぶ[4]

2005年2007年に放送されたFOXのコメディ・ドラマ『The War at Home』における、主人公家族の隣に住むゲイの少年ケニー(Kenny)役で一躍人気をつかむ。

2006年2009年公開の映画『ナイト ミュージアム』シリーズで「展示物」である若きエジプト国王アクメンラー役を演じる[4]。以降、その独特な風貌を生かしたオリエンタルな役を多く務める。

2010年、『24 -TWENTY FOUR-』第8シーズンに、エジプト人の自爆テロ犯マルコス・アル=ザカール(Marcos Al-Zacar)役で出演。

2010年にアメリカ・日本で放送されたテレビドラマの『ザ・パシフィック』ではニューオーリンズ出身の、メリエル・シェルトン伍長を演じた。この役は登場時「嫌な奴」というネガティブイメージの役だったが、ジョゼフ・マゼロ演じる主人公のユージン・スレッジと戦場でお互い次第に理解し合えるようになり、「飼い犬が死んだ」と気落ちしたスレッジを「気の毒に」「犬の1年は、人間で言うと7年らしいから・・・」と気遣うといった、「不器用ながらも非常に人間くさく、友情には義理深い」という役を演じた。

2011年公開、トム・ハンクス主演の映画『幸せの教室』に出演。(トム・ハンクスは『ザ・パシフィック』で製作総指揮を務めている)

2012年公開の映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』で、エジプト族のヴァンパイア、ベンヤミン役が決定。『家族戦争(The War at Home)』で恋人同士を演じたジャクソン・ラスボーンと、久々の共演となる。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2006 ナイト ミュージアム
Night at the Museum
アクメンラ
2009 ナイト ミュージアム2
Night at the Museum: Battle of the Smithsonian
アクメンラ
2011 幸せの教室
Larry Crowne
スティーヴ
2012 バトルシップ
Battleship
当直士官
ザ・マスター
The Master
クラーク
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2
The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2
ベンヤミン

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2004 ギルモア・ガールズ
Gilmore Girls
アンディ 1エピソード
2005 ミディアム 霊能者アリソン・デュボア
Medium
ティモシー 1エピソード
2005-2007 家族戦争
The War at Home
ケニー 21エピソード
2010 24 -TWENTY FOUR-
24
Marcos Al-Zacar ファイナルシーズンの3エピソード
ザ・パシフィック
The Pacific
リエル・“スナフ”・シェルトン伍長 6エピソード
2012 ALCATRAZ/アルカトラズ
Alcatraz
ウェブ・ポーター 1エピソード

参照[編集]

  1. ^ California Births, 1905–1995”. Family Tree Legends. 2011年7月1日閲覧。
  2. ^ Interview with Rami Malek of "The War At Home"”. AfterElton.com. 2011年1月6日閲覧。
  3. ^ Rami & Sami Malek.jpg”. Robin Platzer/Twin Images. 2011年1月6日閲覧。
  4. ^ a b IMDb – Rami Malek”. IMDb.com. 2011年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]