永井一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ながい いちろう
永井 一郎
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本大阪府池田市
死没地 日本の旗 日本広島県広島市中区[1]
生年月日 1931年5月10日
没年月日 2014年1月27日(82歳没)
血液型 A型
身長 160 cm
職業 声優俳優ナレーター
事務所 青二プロダクション(最終所属)
配偶者 あり[2]
声優活動
ジャンル アニメ特撮ゲームナレーション吹き替え
俳優活動
活動期間 1956年 - 2014年
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

永井 一郎(ながい いちろう、1931年[3]5月10日 - 2014年1月27日[4])は、日本声優俳優ナレーター

大阪府池田市出身。血液型A型。身長160cm、体重55kg[5]。所属事務所は劇団三期会・東京俳優生活協同組合同人舎プロダクション・東京アーチストプロを経て、最後は青二プロダクションに所属していた。

来歴[編集]

大阪第二師範学校(男子部)附属国民学校(現在の大阪教育大学附属池田小学校)卒業。大阪府立池田高等学校卒業(入学時は学制改革前の旧制中学校「大阪府立池田中学校」)。京都大学文学部仏文科卒業。

大学時代に演劇を始め、卒業後は役者を志して上京。新劇の劇団を受けるも全て落ち、2年間広告代理店電通に勤務しながら俳優の養成所に通う。養成所を卒業し、愛川欽也俳優座の3期生が集まって結成した劇団三期会に参加。この三期会がアメリカのテレビ映画スーパーマン』にユニット出演していたため、永井も吹き替えの仕事を始めるようになったという。三期会では25歳と最年長だったため、当初から舞台でも中年や老人の役が多かった。特に海外ドラマローハイド』の老カウボーイのウィッシュボン役が老け役専門になる決定的な出来事だったと語る。以後、声優の仕事でスケジュールが埋まり、舞台や映画の仕事をやれなくなり、自然と声優に専念するようになっていった[6]

2009年、第3回声優アワード功労賞を受賞。

死去[編集]

2014年1月27日12時半頃(日本時間)、投宿先の広島市中区ホテルの浴槽で倒れているところを従業員に発見されて病院へ運ばれたが、死亡が確認された[1][4]。82歳没。所属事務所より、死因は虚血性心疾患と発表された[7]

永井は死去の前日から27日にかけ、中国放送製作の特番(TBS系列で同年2月2日14時30分 - 15時54分放送[8])のナレーションを製作局の中国放送で収録するため、広島市を訪れており[1][9]、これが生前最後の仕事となった。同番組のエンディングには、「永井一郎さんは、この番組を収録した翌日、1月27日(月)に亡くなられました。永井さんのご冥福をお祈りいたします」と追悼テロップが流れた[10]。また、磯野波平を演じていた『サザエさん』は2014年2月9日放送分(同年1月23日収録)が最後の出演となった[9]

戒名は「壽聖院勲譽一叡聲導居士」(じゅしょういんくんよいちえいせいどうこじ)で、「周りの人々をほのぼのと温かく豊かに見守り、声によって救い導く」という意味が込められている。通夜は2月2日18時から営まれ、加藤みどり麻生美代子津村まこと三ツ矢雄二水島裕古谷徹井上和彦らが参列した[11]。葬儀・告別式は2月3日に営まれ、浦沢直樹、加藤みどり、冨永みーなが弔辞を読み[12][13]貴家堂子近石真介増岡弘野村道子増山江威子玄田哲章山寺宏一らも参列した[14]。出棺の際には永井の弟の呼びかけにより、波平の口癖であった「バカもーん!」という言葉で送り出された[15]

特色[編集]

サザエさん』の磯野波平をはじめ、アニメ創成期より数々の作品に出演した声優界の重鎮の一人。その他にも吹き替え・特撮作品など幅広い分野で活躍した。主に中年から老人役を演じることが多く、主役以上の存在感を持つ脇役を演じることも多かった。また、大阪弁の役柄を演じることもあった。

アニメ作品では、1962年の劇場用作品『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』(東映動画)でのアーマッド役が初めての出演だった。その後1963年のテレビアニメ『鉄腕アトム』にゲスト出演し、1964年の『ビッグX』の博士役で初のレギュラー出演と、アニメ黎明期から活躍していた。その後も、『サザエさん』、『宇宙戦艦ヤマト』、『機動戦士ガンダム』や『うる星やつら』、『YAWARA!』など多くのヒット作品に出演。バラエティ番組でもナレーションを数多く務めた。

映画『スター・ウォーズ』日本語版制作時には、ヨーダの声役の候補に挙がった当時、ジョージ・ルーカス監督から「ナガイは英語は話せるのか?」と、出演を打診されたことがある[16]

フジテレビ『プロキング』で声優121人が選ぶNo.1声優第4位に選ばれた。主な投票理由は「声を変えずにキャラクターを変える演技力」。

人物像[編集]

仕事に対する姿勢[編集]

1962年2月東京新聞東野英治郎が「洋画の吹き替え、アニメのアフレコなど自分の尺で演技出来ない、芝居とは呼べない外道の所業」とのコラムを寄稿した。これに対して19年後の1981年になって東野の発言を批判した。ただし、「声優の前に俳優」とあるように芝居の基本ができていないと意味がないという見解は声優業確立以前から活動している他の人物たちと同様で、生前若手声優たちが専らアニメやドラマCDやTVゲームといった作品にばかり出演する90年代以降の状況に対し、舞台での研鑽を積むべきではないかとこの状況に苦言を呈したことが多かった[17][18]

1988年には『オール讀物』で「磯野波平ただいま年収164万円」と題した記事でアニメ出演料の安さを訴えている。その後、声優360人を代表して野沢雅子内海賢二らと共にアニメがビデオ・DVD化された際に音声制作会社に声の使用料の支払いを求める訴訟を起こし、2004年に勝訴している。

もともと舞台俳優ということもあり、舞台に対する思い入れは強く、後輩の劇団公演に参加したり舞台セットの撤収まで付き合ったりと、かなり面倒見がよいことでも知られていた。

出演作品との関わり[編集]

サザエさん
著書『バカモン!波平、ニッポンを叱る』(新潮社刊)の中で「『サザエさん』をやっていても年収は160万円ぐらいだった」と告白している。
『サザエさん』で2代目磯野カツオを担当した高橋和枝の葬儀の席では、弔辞を朗読。この中で、波平がカツオに怒鳴るような口調で「こら、カツオ。親より先に逝ってしまう奴がどこにおるか」「カツオ、桜が咲いたよ。どうだ、散歩に行かんか」と呼びかけた。永井は弔辞を冷静に語ろうとしたが、感極まって涙声になった。実際は高橋の方が永井より2歳(高橋が早生まれのため、学年上は3学年)年上である。
『サザエさん』の収録では、常にスーツにネクタイという服装で現場入りしていた[19]。また、「波平と同じ生活をする」という理由からタクシーを使わず、電車で移動していた。
2009年11月15日に放送された「実写版 サザエさん」では自動車教習所の所長役として顔出し出演し、片岡鶴太郎演じる波平と対面している。実写を演じるにあたり、片岡は永井の叱り方の演技を意識したとのこと。
永井は波平の人物像について「どんな時代にでも通用する父親像」「どんな時代にでも通用する父親像とは理想的な父親像」「だから今の子供たちにもわかる」と語っている[20]
機動戦士ガンダム
『機動戦士ガンダム』においては、ナレーターやデギン、ドレンといった名有りのキャラクターの他、ホワイトベースに乗り込んだ避難民など、数十人に及ぶ端役の声(主に老人役)を担当しており、第13話では「難民キャンプの老婆」役まで担当した。また、ガンダムブームのさなか、ラジオ番組『アニメNOW!』内でガンプラのCMのナレーションと歌を担当した。歌詞は「ガンダムは走る、ガンダムは戦う、ガンダムは耐える」という内容であった。
2009年4月26日アニマックスで放送された『機動戦士ガンダム30周年記念 みんなのガンダム 完全版』において、永井自身のナレーションで「演じたキャラクターが最多」ということを語っていた。
高橋留美子作品
多くの高橋作品に出演しており『うる星やつら』、『らんま1/2』、『犬夜叉』、『高橋留美子劇場』、『1ポンドの福音』など、常連声優の一人であった。
大島渚作品
映画監督の大島渚は大学時代の友人で、彼の初期映画作品に俳優として出演している[21]

性格・趣味[編集]

仕事場には常に背広を着て来ることについて、古谷徹ら多くの同僚声優が言及している。また、自家用車にはシトロエンに乗るなど幅汎くダンディな趣味で固めているとのことである。趣味はフラメンコギターの演奏[17]。他に、油絵・スキー・ビリヤード等[22]

電通時代[編集]

電通勤務の当初はアルバイト(メッセンジャーボーイ)で、京大卒ということが上司に知れると正社員にされるかもしれないと懸念した永井は、高卒であると嘘を言っていた。しかし京大卒であることが先輩を通じて知られ、永井の懸念通り無理矢理正社員にされたという[23]

持病と「酒」[編集]

35歳でバセドウ病に罹り、その後50代で糖尿病を患い終生、病との共存を強いられた。『サザエさん』の収録現場にある食堂の店主の話によると、食事制限のあった永井のために、そうめんと小鉢セットを用意していたという[19]。さらには1994年には食道癌が見つかり内視鏡手術、2000年には直腸癌で入院、手術している。食道癌で手術をした後から声が出なくなり、原因がわからないまま2週間ほど経過した頃、後輩に誘われ酒を酌み交わしていたところ、自然と声が出ていたという。再び出にくくなって飲んでみたところ、また声が出た。医者に説明しても首をかしげられたが、以来、「声を出すために」敢えて酒を飲むようになった。その後、血糖値に影響が出にくく自分に合う酒を試しながら、行きついたのは「芋焼酎」だった。(あくまで永井の場合に限っては)最高300mg/dlまであった血糖値も2、3年で150台で安定するようになり、体調も順調になったことから、芋焼酎をこよなく愛し、ファンを貫いた。そうした一方で、実は45歳頃までは全く酒を苛まず下戸だった。また糖尿との付き合いが始まり、芋焼酎と出会うまでは医者から注意されていたという[24]

没後[編集]

東京都世田谷区の商店街に存在する波平の銅像には、ファンからの献花が相次いだ[25]。また、大阪市中央区の大丸心斎橋店ではアニメ放送45周年記念イベント「みんなのサザエさん展」が図らずも追悼の場となった[26]

2014年1月30日には『サザエさん』の同年2月16日放送分の収録が行われたが、永井の後任については調整中だったため、波平の分は仮の人の声が当てられた[27]。その際、カツオ役の冨永みーなが泣きっぱなしだったため、サザエ役の加藤みどりが「泣くな! 釣られるじゃないか!!」と叱咤激励した[28]。また、同年2月2日青山葬儀所で営まれた通夜の際、フネ役の麻生美代子は悲しみのあまり10分弱で弔問を済ませ、立ち去った[29][30]

鈴木次郎吉役を担当していた『名探偵コナン』では、1月17日に松本清長役の加藤精三も死去しており、729話「ダイヤと絵画と大女優」(2014年2月8日放送)の最後に「名探偵コナンで警視庁・松本管理官役の加藤精三さん、園子の叔父・鈴木次郎吉役の永井一郎さんが1月にお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈り申し上げます。」と追悼テロップが流れ、その後に同番組のホームページにも期間限定で掲載された。

毎週の生ナレーションを担当していた『情報7days ニュースキャスター』では、2月1日に追悼特集が放送され、司会の安住紳一郎も涙で故人を偲んだ[31]。同番組では、2014年3月15日まで生前のアーカイブを使用したコーナータイトルコールが継続して使用された[32]。また、没後に発表された『ドラゴンボール改』(魔人ブウ編)のカリン、『ドラゴンボールヒーローズ』(邪悪龍ミッション 4弾)の鶴仙人、『機動戦士ガンダムUC』(episode 7 虹の彼方に)のサイアム・ビストの他、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにオープンした「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」内のアトラクション『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー』におけるアルバス・ダンブルドアの声は、永井が生前に収録した音声が使用されている。

後任[編集]

永井の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品(俳優)[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • こどもドラマ『トランプの国』(1956年3月22日、NHK)
  • 内田康夫サスペンス 愛するあまり… 樹海の失踪殺人事件(2001年7月29日、BSジャパン) - 署長 役
  • SPドラマ『サザエさん』(2009年11月15日、フジテレビ) - 自動車教習所の所長 役
  • ドラマ10離婚同居』 最終話(2010年6月15日、NHK) - 秋山 役
    番組の予告ナレーションも担当していた。
  • ゲゲゲの女房 第115回(2010年8月9日、NHK) - 猫 役

舞台[編集]

  • 賢者の贈り物(劇団京 客演)
  • ファンタスティックス
  • 本牧めるへん
  • 夢の検閲官(原作:筒井康隆

出演作品(声優)[編集]

太字はメインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1963年

1964年

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1997年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

2014年

OVA[編集]

1984年

  • BIRTH(バオ・ルザン)

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1998年

2000年

2001年

2010年

劇場アニメ[編集]

1962年

1968年

1969年

1971年

1975年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

  • 悪魔くん ようこそ悪魔ランドへ!!(ファウスト博士)

1991年

1992年

1993年

1995年

1996年

1997年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

ゲーム[編集]

1985年

1988年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

  • さらば宇宙戦艦ヤマト(佐渡酒造、徳川彦左衛門)
  • SDガンダム GGENERATION-F(ドレン、クラックス・ドゥガチ)

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

吹き替え[編集]

俳優[編集]

映画[編集]

年度不詳

1961年

1967年

1970年

1972年

1976年

1977年

1980年

1981年

1982年

1984年

1985年

1987年

1988年

1989年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

1974年

1976年

1977年

1978年

1990年

2007年

2008年

2009年

2011年

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

ドラマCD[編集]

ナレーション[編集]

映画

情報番組・バラエティ番組

テレビドラマ

CM[編集]

特記がない限りはTVCMのナレーションである。

その他[編集]

著書[編集]

  • 朗読のヒント 蕗薹書房(1999年2月)
  • バカモン!波平ニッポンを叱る 新潮社(2002年3月)
  • 朗読のススメ 新潮文庫 (2009年6月)

脚注[編集]

  1. ^ a b c “波平さん役の声優・永井一郎さん死去 収録先のホテルで”. 朝日新聞DIGITAL. (2014年1月27日). オリジナル2014年1月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140128101601/http://www.asahi.com/articles/ASG1W669MG1WPITB019.html 2014年1月29日閲覧。 
  2. ^ “永井一郎さん葬儀・告別式は2月3日に”. (2014年1月29日). オリジナル2014年1月30日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/uLKPA 2014年1月30日閲覧。 
  3. ^ 役者として人間の本質を問いかける”. スペシャル対談〜藤本裕子が各界トップに迫る. トランタンネットワーク新聞社 (2006年). 2011年9月20日22:38閲覧。
  4. ^ a b “訃報:永井一郎さん82歳=声優、サザエさんの波平の声も”. 毎日新聞. (2014年1月27日). オリジナル2014年1月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140128235342/http://mainichi.jp/select/news/20140128k0000m040040000c.html 2014年1月29日閲覧。 
  5. ^ 日本タレント名鑑』より。
  6. ^ 『アテレコ人生半世紀』(ラジオの項を参照)にて、永井自身がコメント。
  7. ^ 青二プロダクション / WHAT'S NEW/ 訃報”. 青二プロダクション (2014年1月27日). 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  8. ^ 世界が知りたいニッポンの技〜美と食の匠たち…ひろしま篇〜”. RCCテレビ. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月1日閲覧。
  9. ^ a b “「サザエさん」波平役の永井一郎さん急死 ”. nikkansports.com. (2014年1月28日). オリジナル2014年1月29日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/gLlCk 2014年1月29日閲覧。 
  10. ^ “永井一郎さん 最後の仕事放映…テロップで訃報流れる”. Sponichi Annex. (2014年2月2日). オリジナル2014年2月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/IoOYV 2014年2月3日閲覧。 
  11. ^ “永井一郎さん通夜…サザエさん加藤ら涙”. nikkansports.com. オリジナル2014年2月3日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/VnOFN 2014年2月3日閲覧。 
  12. ^ “【弔辞全文】「YAWARA!」原作者・浦沢直樹 永井一郎さんへ「残念で、残念でなりません」”. 芸能ニュースラウンジ. (2014年2月3日). オリジナル2014年2月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140220011240/http://newslounge.net/archives/114180 2014年2月20日閲覧。 
  13. ^ “カツオ「もっと一緒にお風呂に」サザエ「料理を褒めて…」”. Sponichi Annex. (2014年2月3日). オリジナル2014年2月3日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/soKLg 2014年2月3日閲覧。 
  14. ^ “サザエとカツオが役柄で弔辞「もっと叱られたかった」”. ORICON STYLE. (2014年2月3日). オリジナル2014年3月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140305031938/http://www.oricon.co.jp/news/2033642/full/ 2014年3月5日閲覧。 
  15. ^ “「バカもーん!」で永井さん出棺 告別式に約400人参列”. ORICON STYLE. (2014年2月3日). オリジナル2014年3月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140305031945/http://www.oricon.co.jp/news/2033652/full/ 2014年3月5日閲覧。 
  16. ^ Clese up インタビュー / 第20回 愛情あふれる「バカモン!」の一言 声で演じる理想の父親、磯野波平とともに40年 / 声優 永井一郎さん”. KDDI株式会社 (2009年12月16日). 2011年2月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  17. ^ a b 月刊OUT[いつ?]
  18. ^ 『とり・みきの映画吹替王』[どこ?]洋泉社。
  19. ^ a b NHK総合テレビジョンサラメシ』2014年8月25日放送分より。
  20. ^ ちちんぷいぷい (テレビ番組)(毎日放送) 2009年11月12日
  21. ^ 「情報7days ニュースキャスター」2014年2月1日に放映された追悼特集内より
  22. ^ 「VOICE ACTOR DIRECTORY」。
  23. ^ 2002年7月19日テレビ朝日系『徹子の部屋
  24. ^ 本格焼酎と泡盛 / 人つなぐ和 / 「うまい!が集う」第6回…永井一郎氏”. 日本酒造組合中央会. 2014年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月28日閲覧。
  25. ^ “永井さんしのび波平銅像にファンの献花相次ぐ”. NHK NEWS WEB. オリジナル2014年1月31日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/SttPv 2014年2月2日閲覧。 
  26. ^ “永井波平に怒られたい サザエさん展、追悼の訪問続々”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月1日). オリジナル2014年3月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140317235925/http://www.asahi.com/articles/ASG214WNNG21PTIL018.html 2014年3月17日閲覧。 
  27. ^ “サザエさん、永井さん不在で収録 波平後任は「調整中」”. ORICON STYLE. (2014年2月3日). オリジナル2014年3月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140305031950/http://www.oricon.co.jp/news/2033656/full/ 2014年3月5日閲覧。 
  28. ^ “永井一郎さん代役 スタッフが務める”. デイリースポーツONLINE. (2014年2月3日). オリジナル2014年2月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140221004051/http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/02/03/0006682445.shtml 2014年2月21日閲覧。 
  29. ^ “永井一郎さん通夜…サザエさん加藤ら涙”. nikkansports.com. (2014年2月3日). オリジナル2014年2月3日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/VnOFN 2014年2月3日閲覧。 
  30. ^ 【お悔やみ全文】サザエ・加藤みどり、カツオ・冨永みーな永井一郎さん悼む…「厳しい悲しさでした」 - 芸能ニュースラウンジ
  31. ^ “安住アナ涙で永井さん悼む「本当に…」”. nikkansports.com. (2014年2月1日). オリジナル2014年2月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/S1H94 2014年2月2日閲覧。 
  32. ^ 同番組は2014年4月5日に『新・情報7days ニュースキャスター』としてリニューアルされ、ナレーションそのものが廃止された。
  33. ^ “波平さん後任は“永沢君”! 茶風林「精いっぱい務めます」”. SANSPO.COM. (2014年2月9日). オリジナル2014年2月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140209210349/http://www.sanspo.com/geino/news/20140210/oth14021004000000-n1.html 2014年2月10日閲覧。 
  34. ^ “故・永井一郎さん:「H×H」ネテロ会長後任に銀河万丈 「ガンダム」のギレン・ザビ役”. MANTAN WEB 毎日新聞デジタル. (2014年2月18日). オリジナル2014年2月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140221235633/http://mantan-web.jp/2014/02/18/20140217dog00m200025000c.html 2014年2月21日閲覧。 
  35. ^ “故・永井一郎さん:「はじめの一歩」猫田役の後任に山寺宏一”. MANTAN WEB 毎日新聞デジタル. (2014年2月28日). オリジナル2014年4月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140405165823/http://mantan-web.jp/2014/02/28/20140227dog00m200067000c.html 2014年4月6日閲覧。 
  36. ^ このほか、アニメーターの大塚康生が演じたタクシー運転手のセリフを担当している。
  37. ^ EPISODE 02”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  38. ^ “永井一郎さん : 「はじめの一歩」で最後の猫田役”. MANTAN WEB. (2014年2月6日). オリジナル2014年2月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140221222349/http://mantan-web.jp/2014/02/06/20140205dog00m200039000c.html 2014年2月21日閲覧。 
  39. ^ CAST&STAFF”. 『劇場版 HUNTER×HUNTER―The LAST MISSION―』公式サイト. 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  40. ^ 永井一郎さんが演じられた最後の劇場作品『劇場版HUNTER×HUNTER-The LAST MISSION-』DVD/BD発売決定 !”. フォーラムオフィス (2014年4月28日). 2014年7月23日閲覧。
  41. ^ 週刊ファミ通』2012年12月20日増刊号より。
  42. ^ 週刊ファミ通』2014年12月4日増刊号、エンターブレイン、2014年11月20日
  43. ^ FMシアター 2013年 放送済みの作品:NHKオーディオドラマ”. NHK. 2014年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月3日閲覧。
  44. ^ NHK高校講座 / 世界史 / 第40回 未来につなぐ世界史”. NHK ONLINE. 2013年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月5日閲覧。
  45. ^ “「波平」永井一郎さんの声、健在 福井市郷土歴史博物館”. 福井新聞. (2014年2月6日). オリジナル2014年2月9日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ChmVN 2014年2月9日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]