うる星やつら オンリー・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うる星やつら オンリー・ユー
監督 押井守
脚本 金春智子
原作 高橋留美子
製作 多賀英典
出演者 古川登志夫
平野文
主題歌 小林泉美「I, I, YOU & 愛」
撮影 若菜章夫
製作会社 キティ・フィルム
スタジオぴえろ
配給 東宝
公開 日本の旗 1983年2月13日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
テンプレートを表示

うる星やつら オンリー・ユー』は、高橋留美子原作の漫画及びテレビアニメシリーズの『うる星やつら』の劇場版オリジナル長編アニメーションである。1983年2月13日公開。

概要[編集]

アニメーション監督、押井守実質上の劇場初監督作品。他の女に走る諸星あたるラムが追いかけるという原作初期の『うる星やつら』を彷彿させ、原作者の高橋留美子から絶賛された。だが、押井はこの作品を「完全な失敗作・大きいテレビ」と後に語っている。

公開対談で押井は「本来この作品は別の監督が就任して作業をしていたが、途中で勝手に降板したため、結局自分がやる羽目になった」という事を述べている。押井が参加した時点の制作状況は、原作者から示されたキャラクター「エル」のイラストと、メカデザインが数点と完成していた脚本のみで、それ以外は全く進行しておらず、期限は残り5ヶ月という最悪の状態でのスタートであった(その経験が押井の実写作品『トーキング・ヘッド』にも反映されているとのこと)。更に押井は脚本に不満を抱き、内容を改変したものをそのまま絵コンテに切っていった(そのため、完成脚本は存在しない)。プロデューサーや脚本家の金春智子からクレームが付いたが、既に期限が迫っており、結局押井の修正したストーリーがそのまま採用された。

このように、迫るスケジュールの中で苦労して内容を破綻しないようにまとめ上げ、「うる星」の原作・TVにそれまで登場した主要なキャラクターが一堂に会し、ドタバタなラブコメディの展開をベースにしつつ、時空を股に掛けた壮大なスケールでラムを助ける形で活躍するなど、TVアニメの劇場版の王道ともいえるふんだんにファンサービスを加えた作風は原作者やファン、スポンサーからは歓迎された。だが、映画監督の金子修介曰く、伊丹十三(当時はまだ俳優)から「甘いケーキ菓子のような映画」と評され、初めて対談した宮崎駿からも批判された(ただし、テレビシリーズについては、宮崎は絶賛している)。もちろん押井本人もダメな映画の例だと認識している。また、併映作品であった相米慎二監督の『ションベン・ライダー』が本作品と比べてあまりにも監督の自由が反映された作風であった事に、押井は衝撃を受けたという(ロマンアルバム「攻殻機動隊 PERSONA 押井守の世界」より)。これらの経験が、次回作の『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』以降、押井の作家性を大きく打ち出すことに繋がってゆく。

ダスティン・ホフマン主演の映画『卒業』をイメージしたシーンは有名。また、ラムがあたるを「ダーリン」と呼ぶのと対照的に、エルはあたるを「ハニー」と呼んでいる。キャラクターデザインにおいても、ラムのスタイルをそれまでのテレビシリーズより更に良くしてある。

公開時、併映作品との関係から上映時間を短くすることとなり、一部シーンがカットされている。後にファンの声に応えて完全版として再上映、LDDVD販売などがされている。だが、このノーカット版を『プロデューサーズ・カット』と揶揄する押井は「やっぱり長過ぎた」と後に語っている。

なお、この完全版でも収録されていない完成フィルムも多々存在する。一番尺が長いものは星間タクシー内でのメガネ達の宴会シーン(この映像は一部が予告編に収録)で、その他にも本編中盤まで細かい未使用カットがあり、それらについては公開当時発売されたフィルムコミック上巻に台詞入りで収録されている。

音楽を担当したのは、テレビシリーズにも参加した安西史孝で、当時、1千万円以上と高価だったシンセサイザーフェアライトCMI』を用いBGMを演奏、独特な音色でこの作品世界を表現している。また、当時は珍しかったオーケストラル・ヒットを使用(エル星の牛丼屋のシーンなど)した。他にも、原作者・高橋留美子の叫び声をサンプリング・加工し、BGMとして使用(面堂家、エルの庭園、エル星での暴動のシーンのBGM)するなど、実験的な試みを多く行っている事も特色である。

あらすじ[編集]

影踏み遊びをするシルエットの少年と少女。影踏みに勝ったと主張する少年は、少女から11年後に結婚しようと告げられる。そして少女は宇宙へと去っていった。

ある日、あたるのクラスメイトやラムの友人達に、あたるとエルという女との結婚式の招待状が次々と届けられた。あたるには「エル」という宇宙人の婚約者が既に存在しているというのだ。あたるはラム親衛隊のメガネ達から拷問され、三宅しのぶからは凄まれ、面堂終太郎は私設軍隊を引き連れ、ついにはラムの電撃を受けて問い詰められるが、あたるにはそんな記憶は全くない。しかしエルからの使い・ババラが現われ、エルが美人であると聞くと、いつもの浮気癖を出したあたるはあっさり約束を受けた。

ラムは事情を聞いて地球に来た弁天と相談し、あたるとその両親を始め、面堂・しのぶ・サクラ・錯乱坊・ラム親衛隊らの友引町のメンバーをバス型UFOに巻き込んで宇宙の果てへ飛び立つ。宇宙空間でラムの両親や、弁天、海王星のおユキ、ラン、レイ、クラマ姫などと合流し、エルよりも先にあたると結婚式を挙げようとしたが、その前にあたるを奪いに来たエル星の艦隊が立ち塞がる。激怒したラムの父はエル軍との宇宙戦争を宣言。交戦開始寸前の状況まで発展するが、その隙にエル星のスパイであるロゼの手により、あたる(と面堂やメガネ達までも)が連れ去られてしまう。ラムはあたるを取り戻すため戦闘機に乗り追跡するが、修理中であったこの機体はエンジンが爆発してしまう。「ラム!」爆発を見たあたるはラムの身を案じて叫ぶが、ラムが救出カプセルで脱出し一命を取り留めたのを見て胸を撫で下ろした。ラムの叫びも空しく、結局あたるはエル星艦隊と共に去っていった。

エルとはエル星の若き女王であった。彼女と結婚すれば当然「王」となるあたるは、ハーレムが作れると有頂天になる。しかし、エルの横取りを画策した面堂が、エルの宇宙中の美形コレクションの10万人目として選ばれ、コールドスリープ処理をされかける。その現場をメガネ達と共に見てしまったあたるは、必死に「心から愛している」と許しを請うエルを「浮気者」と罵り、婚約破棄を宣言した。しかしエルはそんなあたるを「誰にも渡さない」と拘束し、「なぜそこまで執着するのか」と訝るババラをよそに、結婚式を強行することを決定する。テンと共に牢屋に入れられたあたるは、牛丼を貪り食いながらラムの愛情を感じ始めていた。

一方、母星に帰還したラムもあたるへの想いを断ち切れずにいたが、冷凍処理されエル星から送り返されてきた面堂達から話を聞き、あたるを奪還するため、挙式当日に変装して招待客に紛れてエル星に潜り込む。ラムの決意に気づいた弁天、おユキ、ラン、レイ、クラマ達も後を追ってエル星に潜入し、繁華街や各地で行動を開始する。コールドスリープされていた美男達を解放するなど暴動を起こしてエル軍の警戒を引きつけている間に、ラムはあたるのいる結婚式場へと向かい、あわや誓いのキス成立かというところで式に乱入する。ラムの呼びかけに応えたあたるはラムを抱き締め、弁天達と一緒にバスUFOで脱出を試みるが、あたるに懸命にしがみついていたエルも一緒に引き揚げられ、弾みでバスUFOのワープ装置が作動、大容量惑星の引力圏内でワープしてしまったために時空が変化し、過去へとタイムワープしてしまう。一同が飛んだのは奇しくも11年前の地球。そこには、夕暮れの公園で無邪気に遊ぶ、あの幼き日のあたるとエルの姿があった。そこであたる達は、エルとあたるの影踏みの契りに伴う「真実」を知る。

登場人物[編集]

ゲストキャラクター[編集]

エル・ド・ローゼンバッハ
声 - 榊原良子(幼少期:詩織)
エル星の888代目女王。11年前地球にやってきた時に、当時6歳だった少年あたると影踏みをして遊んだ。あたるがエルの影を踏んだと言ったため、「影を踏んだら私と結婚しなくてはならない。11年後必ず迎えに来る」と言い残して去って行った。そして11年後、あたるをうる星に連れて行こうとする鬼族から、あたるを奪い取る。「誰もが私に従う中、あなただけは自分の意志で私を選んでくれた」とあたるに寄り添い、あたるもエルの美しさに一時期ラムのことも忘れ心躍ったが、彼女には美男をコールドスリープ処理し、自分のコレクションにするという恐ろしい趣味があった。それを知って激怒したあたるから結婚をやめると宣言されたが、エルはあたるを手放そうとしなかった。結婚式当日、弁天、お雪、ラン、レイ、そしてラムの乱入により結婚式は中断され、混乱のさなか過去にタイムワープし、11年前の影踏みの光景を眺めることになる。その時、あたるがエルの影を踏んだというのはあたるの嘘だったことが発覚し、結婚は無効となった。劇中、あたるのことを「ハニー」と呼んでいた。
ババラ
声 - 京田尚子
エルの乳母。エルからの使者として地球に現われた。あたるの事はあまりよく思っておらず、結婚拒否に転じたあたると、それでも結婚を強行することを決めたエルに、「なぜそうまであのような男に執着なさいますのか」と問うたほどだった。弁天から「ババラばばあ」と呼ばれていた。
ロゼ
声 - 丸山裕子
エルの教育係。スパイも兼ねており、ラムの後を尾行したり、鬼族の艦隊に潜り込んであたるをさらったりしている。あたるだけを連れて来るようにという命令に対し、メガネ、面堂、しのぶらまで連れてきてしまったためひどく叱責され、やけ酒に暮れる。
司令官
声 - 青木和代
エル星の軍司令官。他の隊員に比べ恰幅が良い。弁天達がエル星各所で起こした暴動を鎮圧するために部下に指示をしていた。オーバーアクションが非常に目立つ。
ドライバー
声 - 桜庭裕一
バス型UFOの運転手。
子供A・B
声 - 鈴木一輝藤枝成子
冒頭で影踏み遊びをするシルエットの少年と少女。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「I, I, YOU & 愛」
作詞 - 安藤芳彦 / 作曲・編曲・歌 - 小林泉美
挿入歌
「ラムのバラード」
作詞 - 實川翔 / 作曲・編曲 - 西村コージ / 歌 - 平野文
星空サイクリング
作詞・作曲・編曲・歌 - ヴァージンVS
「影ふみのワルツ」
作詞 - 安藤詩織 / 作曲・編曲 - 西村コージ / 歌 - 詩織

映像ソフト化 [編集]

本編のDVDは、『犬夜叉 時代を越える想い』の公開を記念し、ノーカットバージョンで2001年12月19日発売。

外部リンク[編集]