劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 絆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 絆
監督 亀垣一
脚本 武上純希
配給 東宝
公開 2008年8月2日
製作国 日本
言語 日本語
前作 劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝
次作 劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者
テンプレートを表示

劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 絆』(げきじょうばん ナルト しっぷうでん きずな)は、2008年8月2日に公開された日本のアニメ映画。漫画『NARUTO -ナルト-』を原作としたテレビアニメの劇場版。監督は亀垣一。アニメ第2期の劇場版としては、これが第2作目である。キャッチコピーは、「宿命の再会――」。2007年に発表された仮題は、劇場版NARUTO疾風伝08であった。興行収入11.8億円。

ストーリー[編集]

突如、謎の忍者軍団の奇襲を受けた木ノ葉隠れの里。敵の正体は、かつて木ノ葉に滅ぼされた「空の国」の忍・空忍だった。ナルト達が駆けつけると凄腕の医師・神農が現れる。同じ頃、神農の弟子・アマルが木の葉に辿り着く。アマルの故郷が何者かに襲撃されたらしい。綱手の命令で空忍をシカマル達に任せて、ナルト・サクラ・ヒナタのチームは神農・アマルと共にアマルの村に向かう。その頃、大蛇丸の命令を受けたサスケもまたアマルの村に向かっていた。「空の国」という忘れ去られた忍達との戦いの中、ナルトとサスケに宿命の再会の時が迫る。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

以上の人物についてはNARUTO -ナルト-の登場人物を参照。

オリジナルキャラクター[編集]

アマル
声 - くまいもとこ
神農を師匠として慕っており、医者を目指しているが、理由は幼い頃に患った難病を治してもらったため。一人称は「オレ」だが、実は女の子である。
神農
声 - 石塚運昇
世界を渡り歩いた医者で、アマルを弟子としている。木ノ葉が襲撃された時は完璧な治療で負傷者を助けたが、その正体は空の国の忍であり、世界を渡り歩いた理由は、零尾に関する巻物を手に入れ世界征服を行うためだった。アマルの村が襲撃された時は空忍が仕掛けた罠で死亡したかに見えたが、実際はチャクラによる肉体活性術で傷を治癒していた。
アンコールバンティアンでナルトとアマルの前に現れ醜悪な正体を現し、闇のチャクラの力と八門遁甲全てを常に開放できる超活性拳でナルトを圧倒するが、突如参戦したサスケにより体のチャクラの流れを乱され、形成が悪化し零尾のもとへ逃亡、チャクラを無効化し、零尾と融合し、ナルトとサスケを追い詰めるが、2人の猛攻の末に敗れ去る。
空忍
声 - 興津和幸、他
かつて第三次忍界大戦によって滅ぼされたはずの「空の国」の忍。チャクラを流した飛行凧で空を飛ぶことができ、クナイを連射するマシンガンのような武器を携行する。
とある入江に隠した母艦を拠点としていたが、シノの寄壊蟲で全ての船体を喰われ壊滅、生き残った者たちはアンコールバンティアンからの砲撃に巻き込まれ全滅し、一方、アンコールバンティアンにいた者達も、暴走した零尾の巻き添えを食らっている。

用語解説[編集]

零尾(れいび)
人の心にあるマイナスの思いをエネルギーとする化け物。顔には「零」と書かれた白い仮面のようなものを付け、大蛇のような長い体から無数の触手を出し、敵を攻撃する。零尾に関する巻物は神農が木ノ葉で発見した。作中では神農の死がショックだったアマルに憑依し、具現化。なお、一人につき憑依できるのは一度だけである。
アンコールバンティアン
遺跡に偽装されていた、空の国の空中要塞。神農は零尾を動力源としてこれを浮上させた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

映像ソフト化 [編集]

  • 本編のDVDは特別限定版及び通常版含め2009年4月22日発売。

外部リンク[編集]