春野サクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

春野 サクラ(はるの サクラ)は、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『NARUTO -ナルト-』に登場する架空の人物及び本作のヒロイン。アニメでの声優中村千絵。ミュージカルでの俳優は三倉茉奈三倉佳奈(ダブルキャスト)。

概要[編集]

カカシ班のくノ一。ピンク色の、淡い緑色の瞳を持つ。赤いアオザイ風の服を好んで着る。広い額がチャームポイントだが、アカデミー時代はそれを気にしており、前髪を伸ばしていた。額当ては髪をまとめるために使っている。第二部では空手風の衣装になっており(者の書より)、手にグローブを付けるスタイルになっている。同期の中で唯一凡人家系の育ちで、それ故に家族については本編中では語られず、劇場版第9作にて登場する。父は春野キザシ(声 - 松本保典)、母は春野メブキ(声 - 伊倉一恵)。

成績優秀ではあるが、一方で感情的かつ短気な一面があり、「内なるサクラ」と呼称される。これはサクラの本性を具現化したようなもので、ナルトやカカシへの陰口やサスケへの想いを吐露していた。第二部からはこの「内なるサクラ」が出てくることはなくなったが、代わりに怒りなどの感情を素直に表に出すようになった。その気性の荒さから原作・アニメ共に周りから綱手に似てきたと発言される事が多い。涙脆いが芯は強く、チヨ曰く男気を持ち合わせている。

一人称は「私」。気合を入れるときの口癖は「しゃーんなろー!」。好きな言葉は「一生愛の人生よ」(臨の書)→「勇気」(闘の書)。

第一部では特技も無く目立った活躍は無かったが、第二部では医療忍術と怪力を身に付けており、砂隠れのチヨの協力があったとはいえ、暁のサソリを倒すほどの実力を身につけている。特殊なチャクラを持っているわけではないが、チャクラのコントロールに優れている。またカカシ曰く、幻術の才能があるらしく幻術に掛からず見破ったり、誰に教わるでもなく幻術返しをするなど片鱗は見受けられるが、幻術を使用するシーンは無い。

幼い頃からうちはサスケに恋愛感情を抱いており、後に抜け忍となった彼の現状を知らされ、苦悩するも、想いを捨てられずにいる。

因みに番外編でのシノの発言やヒナタの胸を羨ましがることから、くノ一メンバーの中では最も貧乳のようである。アニメでは料理の腕も壊滅的である。

第一部[編集]

12⇒13歳。身長148⇒150cm。体重35kg。忍者学校(アカデミー)時代の筆記試験はいつも満点の優等生である一方、引っ込み思案ないじめられっ子でもあった。額の広さをからかわれて泣いていた時に同期の山中いのと出会い、その際にリボンをいのからプレゼントされて励まされ、親友になる。後のいじめっ子の嫌がらせからもいのに助けられ、いじめは収まった模様。そのおかげでサクラは勝気で明るい女の子になる。 後にいのとは互いに恋心を抱いているサスケを巡り、亀裂ができるが、忍者学校卒業後、いのにもらった思い出のリボンをつき返し、自分の弱さに決別した。

アカデミー卒業後、うずまきナルト、うちはサスケとともにカカシが上官を務める【第七班】所属となる。元はロング好きという噂のサスケの気を引くためロングヘアにしていたが、中忍試験・第二の試験の際、死の森での音隠れのくノ一キンに後ろから髪を掴まれ動きが取れなくなったため髪をクナイで切って脱出。それ以来髪の毛をショートにしている。綱手との修行シーンでは一時期ロングヘアにしていた。

中忍試験・第三の試験予選でいのと対戦。幼い頃から彼女に対して抱き続けていたコンプレックスを払拭するため、「額当てをきちんと巻くのは、女の忍としていのに負けられないとき」という誓いの下、額に額当てを巻き、また彼女の本気を引き出すため、必要以上に挑発して戦った。結果はダブルノックダウンで引き分け。一部の頃は顔を合わせれば口喧嘩をしていたが、唯一の女友達にしてライバルでもある。この関係は二部でも続行中。

木ノ葉崩しでは、ナルトとシカマルと共にサスケを追う任務をカカシに言い渡される。そしてサスケを庇い我愛羅に攻撃され捕らわれの身となるが、ナルトの奮闘により救出される。

死の森での大蛇丸の言葉や呪印・ナルトとの対立等から、サスケが里を抜け出してしまうのではないかと危惧するようになる。門の前に現れたサスケに必死に説得を試み幼い頃から抱いていた想いをぶつけるが彼を止めるには至らなかった。その翌日、サスケ奪回任務に向かうナルトに縋り「サスケを連れ戻す」という一生の約束を交わした。

しかし、サスケ奪回任務に失敗し、傷付きながら帰還したナルトを見て、サスケを止める事が出来なかったという現実を改めて実感する。仲間に頼りきりで自身の鍛錬を怠ったがために、ナルトに泣いて縋る事しか出来なかった非力な自分をようやく見つめ直し、五代目火影・綱手のもとへ弟子入り、医療忍術を教わる。チャクラコントロール技術の高さから飲み込みは早く、特訓中、綱手にシズネ以来の逸材と評価される。

第二部[編集]

16歳。身長161cm。体重45kg。ナルトが自来也と修行中の2年半の間に中忍になって登場。師匠譲りの怪力とキレやすい気性を指して、自来也から「綱手2号」と称され、ナルトには「サクラちゃんの前で馬鹿すんのはもう辞めよ」と言われる。ナルトに対しての対応は若干丸くなっているが、ぶちぎれたりすると、ナルトに八つ当たりすることもあるので、理不尽な面は相変わらずのようである。

なお、修行中に綱手の書斎を勝手に漁り、その際にナルトの体に九尾が封印されている事などを知ったが、ナルト自身は既にそれを察知していたらしく、砂隠れに向かう際に指摘された。

五代目風影(我愛羅)奪還任務においては、に犯されたカンクロウを毒抜きと解毒剤で救い、五影クラスの力を持つ【】のメンバー赤砂のサソリと砂の忍でサソリの祖母でもあるチヨと共に交戦。持ち前の負けん気と怪力、医療忍者としてのスキルを上手く利用し戦い、チヨと共にサソリを倒す。戦いの後にチヨに綱手を越えるくノ一になると評価される。

大蛇丸のアジトにおいて遂にサスケとの念願の再会を果たすが、サスケ本人の意思により彼女とナルトの悲願である「サスケと一緒に木ノ葉に帰る」という願いは叶わなかった。この任務では九尾化したナルトを止めようと走り寄るが、自我を喪失したナルトに攻撃され負傷する(ナルトはヤマトの木遁忍術により鎮められサクラの傷も完治までは至らないが、敵である薬師カブトの自称「ボランティア」行為により治療された)。

自来也の死後、彼の暗号を奈良シカマルとシホと共に解読していたが、木ノ葉の里を襲撃してきたペインに応戦する。畜生道ペインが口寄せした大ムカデを殴り倒し、襲われていた女の子の傷を治療すると、イルカの指示で木ノ葉病院へ向かい、負傷者の治療に当たる。天道ペインの手により里が壊滅し、ナルトが帰還してからは、チャクラが尽きて動けなくなった綱手のそばでナルトの戦いを見守るが、感じ取ったナルトのチャクラの変化と日向一族の者による状況説明によりナルトが九尾化したことを知り、カツユを通じて里の人々を避難させる。その後ピンチに陥ったナルトを助けるためにペインの前に飛び出し負傷し倒れていたヒナタの治療をする。戦いが終わりナルトが戻ってきた際には、無茶ばかりするナルトを怒りいつもの様にど突き、すぐ抱擁しお礼を言った。

里の復興作業が続く中、雲隠れの使者オモイ、カルイからサスケが暁に加担しているという事実を知り泣き崩れる。テントで綱手を見守る中、サイからナルトがカルイに殴られ続けたことや、雷影にサスケの許しを請いに行った事を告げられる。そしてナルトが自分に本当に好意を抱いていること、「サスケを連れ戻す」という2人の約束が、まるで呪印のようにナルトの重荷になっており、自分もまたナルトを苦しめているということを指摘されショックを受ける。そして戦争を阻止するため、サスケ討伐を決意したシカマルら同期の提案を受け入れた。

キバと赤丸、リーサイと共にナルトを追って鉄の国に赴き、「ナルトのことが好きになったからサスケの事はもうどうでもいい」「あの約束はもう無しにしよう」と告白し、「サスケを連れ戻す」約束の破棄を強要する。この言葉の真意は、サスケを諦めナルトを好きになったと言うことで「サスケを連れ戻す」という一生の約束の重荷を解くこと、そしてその償いとして、今回こそは自分の手でケリをつけるという意味であったが、当のナルトにはその告白は嘘だと見抜かれ、「約束が無くても自分の意思でサスケを追い続ける」と告げられる。サスケを想う自分を見抜いたナルトの言葉を受け入れず、心の中でナルトに謝罪しながらサスケ粛清の話を伝えぬままその場を立ち去る。

キバからサスケの正確な位置を聞き1人で向かおうとするも、その目論みを阻止しようとするサイとの戦闘になる。しかしそのどさくさに紛れ眠り玉でキバ達3人と1匹を眠らせ単身サスケの元へ向かう。ダンゾウとの戦闘を終えたサスケと再会するが、かつてないほど非情な性格に変わってしまったサスケに戸惑っているうちに背後から攻撃されそうになり、駆け付けたカカシに助けられる。カカシ達から離れ香燐の治療をするが、万華鏡写輪眼の酷使により目に違和感を覚えたサスケの隙を突いて背後を取り、毒を塗ったクナイを突きつける。しかしサスケへの想いや過去の思い出を振り切る事が出来ず攻撃を躊躇してしまい、逆にサスケに首を絞められ奪われたクナイを向けられるが、ナルトに間一髪で救出される。ナルトに頼り切っていた自分を振り切ったつもりだったが、優柔不断で何も変わっていないこと、ナルトの強い思いや決意を聞き覚悟の差を改めて思い知る。最後まで両者を信じることを決め、ナルトのおかげでまた第七班で笑い合える未来を諦めないでいられることに心の中で礼を述べた。木ノ葉の里に帰還後、綱手が意識を取り戻し、ナルトにもその事を知らせているが、同期達との話し合いでサスケを殺さなかった事を咎められながらも、何かを隠している彼を見て違和感を抱いている。

第四次忍界大戦では第3部隊に配属され、白と再不斬に再会する。その後、医療班として忍連合軍の大連隊の治療を行う。その最中に、ネジに変化して医療テントに侵入していた白ゼツを言動から見破り、拳骨をくらわせて正体を暴き、白ゼツが姿形だけでなくチャクラまで同じに変化していることに気付き、忍連合軍本部にその事実を報告した。その後、岩隠れの夫婦らしき忍に化けた白ゼツにそそのかされて襲われそうになるが、間一髪のところで駆けつけたナルトの影分身に助けられた。その後、ナルト本体のいる戦場に向かった。

そして復活した十尾と交戦するナルトたちと合流し、十尾と交戦する。サスケが歴代火影たちと共に戦列に加わると、額の百豪の印を解放し、カツユを使役して連合の忍たちの回復に努める。ナルトがマダラによって九喇痲を抜かれ瀕死の状態になった際は、我愛羅の要請でナルトの生命維持を受け持つ。「無限月読」をサスケの「須佐能乎」の影で防いだ後は、マダラを介して出現した大筒木カグヤと相対する。

能力[編集]

膨大なチャクラで影分身を多用できるナルト、写輪眼を持つサスケと違い、元々忍として特別な才能は持っておらず、下忍当時使えた術は全て忍者学校で教わる基本忍術だけで体術もいまひとつ、数少ない特技はチャクラのコントロール能力と優秀な頭脳、幻術の技術だけだった(そのため木ノ葉崩しの際、「大した取り柄のないくノ一」とシカマルから酷評されている)。しかしサスケが木ノ葉を去って間もなく綱手に弟子入りし、高度な医療忍術と医学知識、そしてチャクラコントロールを応用した怪力を身につける。また、綱手同様に額にチャクラを溜め込み続けており、十尾との戦いでこれを解放し、さらなる力を引き出している。

使用術一覧[編集]

(術の詳細についてはNARUTO -ナルト-の術を参照)

  • 医療忍術
    • 細患抽出の術
    • 創造再生
  • 忍具
    • サクラ吹雪の術(劇場版)
  • 結界忍術
    • 結界・四方封陣(アニメ、いの・シズネ・ヒナタと共に使用)
  • 体術
    • 桜花衝
  • その他
    • 変わり身の術
    • 幻術返し
    • 忍法・雪桜の舞(ナルティメットヒーロー3、ナルティメットアクセル1~2、ナルティメットクロス)
    • 分身の術
    • 口寄せの術(蛞蝓・カツユ)

映画[編集]

主人公ナルト以外で唯一すべての作品に登場している。