サイ (NARUTO)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイは、岸本斉史作の漫画作品『NARUTO -ナルト-』に登場する架空の人物。アニメ版での声優日野聡


概要[編集]

第二部途中から登場(アニメでは疾風伝第1話より登場)。小隊長であるはたけカカシの戦線離脱により配属されたカカシ班の補充要員で、暗部養成機関【根】に所属している。サイという名はカカシ班配属にあたりダンゾウに与えられた仮称であり、本名は不明。年齢はナルトらより1つ上である。容姿と声が少しサスケに似ていると言われている。非常に色白な肌で、長湯でナルトが赤くのぼせる所が普通の肌色になる程。後述のようにコミュニケーションが苦手であり、意図せずに人を小馬鹿にするような言い方をしたりする。

第二部に登場する木ノ葉関係者の中で最初にサスケと対面した人物。「ナルトとサスケのつながりを守りたい」という、感情を捨て任務に徹する忍者らしからぬ発言をしたことにより、サスケからは「ぬるい奴」と厳しい評価を受けている。感情を殺す訓練を受けてきたためか、一切の感情を持っていないと自認しており、登場当初は作り笑いをしながら下品な発言をしたり、里を抜けたサスケについての厳しい言動によってナルトやサクラと対立することもしばしばあったが、2人とも感情論で反論するため収拾がつかないことが多かった。

「絵心」という特殊能力を持ち、【忍法・超獣戯画】により絵を実体化、自在に操ることが可能。背中に文鎮刀という武器を背負っている。直接の描写は無いが霧隠れの里の上忍を抹殺しており、本人もメンバーたちに「ぼくはけっこう強いよ」と話している。またダンゾウからは「里の同世代の誰よりも強い」と言われている。なお舌には、ダンゾウの情報を他人に話すことができないように呪印が施されていたが、ダンゾウの死によって呪印は解除された。

肉親はいないようで、幼い頃に知り合った【根】の先輩・シンを兄と慕っていた。彼の存在がサイの内面に大きな影響を与えているようである。徐々に感情を取り戻し、ナルト達と打ち解け始めてはいるが、未だ他人とのコミュニケーションが苦手で、相手に対して自分の思った事を正直に口にしたりして怒らせることがある。ナルトと本当の友達になりたいらしく、彼なりに努力をしており、当初は犬猿の仲だったがだいぶ打ち解けてきた様子。サクラからは怒らせてよく殴られているが、サイ本人はなぜ怒られるのか理解できていない。分からないことがあると本を読むが、その内容を鵜呑みにしすぎる傾向がある。

自来也は、雨隠れの里に潜入する前に「【根】には気をつけろ」と発言しているため、当初綱手には厳しい目で監視されていた。

第二部[編集]

Masque anbu sai.svg

17歳。身長172cm。体重57kg。天地橋の任務にて【根】の元主座ダンゾウの推薦を受け、第七班に配属される。ナルト達とともに任務に赴き、同じ任務を遂行していたように思われたが、実は「木ノ葉崩し」を計画している上司のダンゾウから「大蛇丸とのパイプ役になるように」との極秘任務を命じられており、後にその真の目的は「大蛇丸の次の体となる予定であるサスケの殺害」であることが明らかになる。自分に課せられた任務に非常に忠実で、大蛇丸を前にして臆することなく交渉を仕掛け、アジトに潜り込む等、忍として素養の高さを感じさせる。しかし、ナルト達との出会いや、彼らの影響によって幼い頃に別れた兄との記憶を思い出したことから、人と人との「つながり」に興味を持ち始め、サスケを木ノ葉に連れ帰る事に目的を変更した。任務の終盤においては第七班のメンバーと共にそのサスケと交戦。サスケからは力量の差を見せつけられるが、サスケがナルトを刀で切りつけようとした時はその動きを見切り瞬時に止めに入った。

綱手の意向に加え、本人の希望もあって天地橋の任務終了後も第七班に残留する。飛段・角都戦ではサクラと共に奈良シカマルの元へ駆けつけるが、既にシカマルが飛段に勝利しており出番はなかった。

サクラにラーメンを食べさせて貰えるのかと喜ぶナルトに、横からラーメンを食べさせる等空気の読めなさは健在だが、ほのぼのとした七班のメンバーとしてのコミカルな日常も描かれている。

第八班との共同任務(うちはイタチと暁の捜索)では、カカシの忍犬2匹と共に捜索に出る。

ペインによる木ノ葉襲撃の際は、ヤマト、みたらしアンコと共に薬師カブトの追跡任務に出ていて里には不在だった。事後に帰還し、ダンゾウよりナルトの行動の報告命令を受ける。その後ナルト達とサスケの話をしていたところ、通りかかった雲隠れの使者オモイ・カルイの襲撃を受ける。カルイに殴られ続けるナルトを命令通り監視するが、いたたまれず止めに入る。

あまりサスケのことを良く思っていない節があり、サスケのことで傷ついてばかりのナルトやサクラが求めるサスケとの繋がりを疑問視する面も垣間見える。しかしカルイに責め立てられるサクラを庇ったり、カルイに殴られるナルトを止めに入ったり、ナルトのサクラへの好意に気付くなど以前より仲間意識や感情が芽生え心優しい一面が伺えるが、逆に根の者からは信用されなくなってきている。

ナルトが1人でサスケの件を何とかしようとしていることに居ても立っても居られず、サクラの元へ行きナルトがカルイに殴られ続けたことと雷影に許しを請いに行った事を告げる。そしてナルトが背負っているサクラとの約束が「まるで呪印のようだ」と言い放ち、サクラもまたナルトを苦しめていること、同時にナルトに頼りすぎていると指摘する。

サクラ、リー、キバと共に鉄の国に赴き、サクラと共にサスケ追跡を始めるが、自らは先の指摘によりサクラを追い詰めてしまった責任を感じ、密かに分身をナルトのもとに送り、木ノ葉がサスケの始末を決定したこと、サクラが自らの手でサスケを葬ろうと覚悟を決めたことを伝える。本体である彼はサスケ討伐についてキバ、リーと揉めた末、サクラにより眠り玉で眠らされてしまう。サスケが去った後に目を覚まし、ナルトたちと共に木ノ葉の里への帰還途中に遭遇した暗部の先輩たちに、カカシを火影に推挙するために話し合いを持ちかける。

第四次忍界大戦では奇襲部隊に配属される。緒戦で、カブトに穢土転生され使役される義兄シンと遭遇する。シンの腹に起爆粘土を埋め込んで道具扱いをするデイダラたちに怒りを露わにし、忍法・超獣偽画でデイダラとサソリを打ちのめす。そして、シンがずっと見たかったサイの絵を見て昇天した際には涙を流していた。その後、穢土転生された白たちの奇襲を受けるが、カカシ率いる第3部隊に助けられる。

能力[編集]

暗部養成機関で訓練を積んでいたことから、暗殺術などの高い戦闘能力を持つ。

動物の絵を実体化して操る忍術【忍法・超獣偽画】を使用する。

使用術一覧[編集]

(術の詳細についてはNARUTO -ナルト-の術を参照)

  • 忍法・超獣偽画(狛犬・蛇・鳥・鼠)
  • 忍法・超獣偽画・風神・雷神
  • 忍法・超獣偽画・白描(ナルティメットアクセル2)
  • 忍法・超獣偽画・龍(ナルティメットアクセル2)
  • 忍法・超獣偽画・飛翔(激闘忍者大戦!EX2オリジナル)
  • 忍法・墨流し(アニメオリジナル)
  • 瞬身の術
  • 墨霞の術
  • 墨分身の術
  • 封印術・虎視耽弾

登場映画[編集]

空忍討伐隊のメンバーとして、戦闘に参加。空忍と互角以上の空中戦を繰り広げ、囮役として十分な成果を挙げた。
ナルトとサクラのカカシ追跡には置いて行かれるが、本の内容を参考に、あえて遅れて援護に向かう。
序盤と終盤のみ登場。