奈良シカマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奈良シカマル(ならシカマル)は、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『NARUTO -ナルト-』に登場する架空の人物。アニメでの声優森久保祥太郎

概要[編集]

猿飛アスマ率いる【第十班】(アスマ班)の一員。チームメイトは山中いの秋道チョウジで、親の代から親交がある(特にチョウジとは長年の親友である)。父は上忍の奈良シカク、母は中忍の奈良ヨシノ。「猪鹿蝶トリオ」の中心的存在で、各自の能力をうまく組み合わせた連係プレーが特徴。上官のアスマには呼び捨てでタメ口で話すが、上官としてとても尊敬している。一人称は「オレ」。

黒髪の長髪を頭上にまとめて縛った髪型が特徴。下忍の頃から、父親から受け継いだお揃いのピアスをつけており、中忍昇格後はアスマから新たなピアスを貰い、それぞれの子供が忍になった時にそれを託すことになっている。将棋を得意とする(父には負けるが、上官である猿飛アスマには完勝している)。

「めんどくせぇ」が口癖で、常にやる気のなさを丸出しにしている。忍者学校以来の同期で、よくつるんでいたナルトに言わせれば「いつも文句ばかりのやる気ナシ男。グチタレオバカ」。忍者学校では、鉛筆を動かすのも面倒くさがっていつも居眠りをしていたため、ナルトに次ぐ成績の悪さだった。しかし、実はIQ200以上の切れ者で、作中トップクラスの頭脳の持ち主であり戦略家である。文句を言う事も多いが、基本的には冷静で落ち着きがあり、決して子供っぽい真似はしない。

一族秘伝の影を操る忍術・影真似の術をはじめとした術を駆使して敵を翻弄する。16歳にして暁の一員を単独で葬るなど、着実に力を伸ばし里屈指の実力者へと成長しつつある。アスマ曰く「火影にもなれる器」。第一部では女性と対戦することが多かったが(キン・ツチ、テマリ、多由也)、本人は周りが気の強い女性ばかりだからか(母親やいの、春野サクラなど)、女性の扱いを苦手としている。

中忍試験での対戦をきっかけとしてテマリとは縁があり、サスケ奪還任務では多由也に追い込まれたところを彼女に救われた。第二部はじめでは中忍試験の打ち合わせのためテマリの案内役をしていた(アニメ版では帰る彼女を見送っている)。無限月読の幻術の中では、結婚して苦労しているアスマや父の姿を見て「結婚はしない」と決めながらも傍にはテマリがいるなど、彼自身も何かしら思うところはある様子。

アニメ版においても、影ながらナルトの身を案じていた数少ない人物であり、木ノ葉の住民がナルトを迫害することに疑問視していた。

プロフィール[編集]

  • 忍者登録番号:012611
  • 忍者学校卒業年齢:12歳
  • 中忍昇格年齢:12歳
  • 誕生日:9月22日
  • 星座:おとめ座
  • 血液型:AB型
  • 好きな食べ物:サバの味噌煮、酢こんぶ
  • 嫌いな食べ物:かたゆでたまご
  • 好きな言葉:日々是平穏なり
  • 趣味:昼寝、将棋
  • 戦ってみたい相手:面倒くさいから無し

第一部[編集]

13歳。身長152cm。体重42kg。初めて受けた中忍試験では、その頭の切れで第三の試験本戦まで進出。テマリと頭脳戦を繰り広げ追い詰めたものの、チャクラ不足で自ら棄権したが、その頭脳を買われ同期の中で最も早く、かつその回の中忍試験受験者の中で唯一中忍に昇格した。

木ノ葉崩しの際は、サクラ同様に幻術のノウハウがある為か幻術返しを使用出来ているが、面倒くさがりのために術に掛かった振りをしていた。しかし、死を覚悟し音忍の足止めを買って出て、善戦後に窮地に陥るがアスマによって助けられた。

中忍昇格後最初の任務であるうちはサスケ奪還作戦では、下忍のナルト・犬塚キバ・チョウジ・日向ネジを招集し、リーダーとして作戦を指導。仲間達が苦戦する中、自身も多由也と戦い追い詰められるが、テマリの助けによって仲間と共に生還した。里に帰還後、任務失敗に加え、仲間も瀕死の重傷を負ったことから、自らを忍に向いていないと自責の念に駆られるが、父のシカクや綱手の言葉もあり次の任務は成功させると涙とともに固く誓った。

第二部[編集]

16⇒17歳。身長170cm。体重57kg。中忍試験の係員を任されたり「第四次忍界大戦」の作戦会議に呼ばれるなど、上層部からもかなり信頼されている(アニメではその高い能力が目に留まり大名名義で近衛機関に召喚されたことがあるが断っている)。そのため現在は多忙で、あまり勝手ができる立場ではない。テマリと一緒にいた所をナルトにデートだと勘違いされた(アニメのおまけコーナーでは交際疑惑の話題も挙げられた)。

角都飛段との戦いでは、飛段の能力を見破りアスマを助けるものの力及ばず、最後には師である彼の死を看取ることとなる。アスマの死後、その敵を討つまで彼のトレードマークであったタバコを吸った(アニメ版では喫煙シーンは一切無い)。また形見であるチャクラ刀を受け継いだ。その後、元十班であるいの・チョウジと共に、アスマの仇を討とうと暁の角都・飛段の元へ向かうが、一度は綱手に止められてしまう。しかしカカシの助けもあり再び角都・飛段と対峙。知略を巡らせた策を講じて(この際、角都に「将来高値の賞金首になる」と称された)、角都に一矢報い、最後は奈良一族しか入ることのできない森で、飛段をアスマの形見のタバコ(アニメではライター)で仕留め、生き埋めにした。その後アスマの墓前に煙草を手向け、紅に産まれてくる彼の遺した子の師となることを誓う。

自来也がペインとの戦闘で戦死した後は、落ち込んで元気の無いナルトを、自身がアスマを失った経験から励まし、自来也が残したダイイングメッセージの暗号を解く手がかりをナルトから得た。その暗号の解読結果「本物はいない」の意味を暗号班と共に思案している最中に、ペインが木ノ葉の里を襲撃してくる際には、自身はペイン天道による里殲滅の際に脚を負傷し、戦いには参加せず終わる。

ペイン戦終結後は、木ノ葉復興作業の中、同期生全員と話し合いサスケを木ノ葉の手で処理することを決意。かつてサスケ奪回に失敗した小隊長としての責任を感じており、第七班を説得する役に名乗り出てサクラにもその旨を伝える。しかし、鉄の国から帰ってきたナルトからサスケと闘うことを禁じられてしまう。

第四次忍界大戦では作戦会議に招集された他、第4部隊の副隊長に任命される(隊長である我愛羅が連隊長を兼任しているため、実質的には隊長)。戦場では、チョウジといのとのコンビネーションで穢土転生で蘇った雲隠れの金角とアスマを封印した。さらに蘇った角都と交戦。角都の動きを止めたところにトビが現れる。口寄せされた外道魔像から戦況を把握しトビを影真似の術で拘束した。その際トビにして「敵にしておくには惜しい男だ」と言わしめるものの外道魔像に襲われチョウジに間一髪救出される。

十尾復活後は他の部隊と共にナルトと合流。現場で本部からの指示を仰いでいたが、本部の壊滅を悟った父・シカクの遺言を受け取り、連合の指揮を引き継ぐ。 千手柱間とうちはマダラの闘いを目の当たりにし戦意喪失する忍連合軍に「小さな力でも使い用だ。それを役に立てる時の為に一瞬でも気を抜くな。」と発破をかける。これにより、砂隠れのテマリに「お前なら立派な火影になれる。」と評されている。その後、神樹により瀕死になるも、「ナルトが火影になった時に、自分以上に二代目火影千手扉間と同じくらい補佐できる忍びは他にいない。」と復活を遂げる。

能力[編集]

アスマから継いだチャクラ刀
奈良一族の紋様

相手の出方を窺い、一度に数十通りもの戦術を瞬時に導き出し、さらにそこから最適なものを選択・実行するためのプロセスを構築する指揮官タイプ。奈良一族秘伝の影を使った術を使用する。術の用途は基本的に敵の捕縛のため威力は低いが、戦術でそれをうまく補い勝利に繋いでいる。

使用術一覧[編集]

  • 秘伝
    • 影真似の術
    • 影首縛りの術
    • 影真似手裏剣の術
    • 影寄せの術
    • 忍法・影縫い
    • 影擬人の術(ナルティメットヒーロー2、3)
    • 忍法・影煙幕の術(ナルティメットアクセル2)
    • 影奈落の術(激闘忍者大戦!3、4)
    • 影鬼縛りの術(ナルティメットクロス)
    • 影空掌の術(ナルティメットクロス)
  • その他
    • 変化の術
    • 幻術返し
    • 土遁・練瓦の術
  • ブービートラップ
    • 撹乱戦法・起爆札乱れ撃ち(激闘忍者大戦!EX2)

映画[編集]

カミラをうまく誘導し、カンクロウの傀儡に捕らえさせる。
終盤に迎撃部隊の1人として登場。カカシ、テマリと共に大量の兵馬俑を退ける。
空忍の追撃部隊の一人に選ばれる。サイに交代し、空忍を迎撃した。
アスマ班・ガイ班・紅班を緊急招集し、カカシを助けに行くナルトを止めに向かう。ネジ達の足止めにより、ナルトたちと合流する。