煙管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

煙管(きせる)とは、日本喫煙具の一種で、パイプに類似する。麻薬関係での使用については、麻薬の各項目を参照されたい。

煙管。2010年5月、伊勢市おかげ横丁にて撮影

語源[編集]

語源については異説もあるが、カンボジア語で管を意味する「クセル」が、なまったものといわれる[1]。しかし、カンボジア語の「クセル」には、たばこを喫煙する管という意味しかなく、「キセル」もしくはキセルの語源となった言葉からの派生と考えたほうがよいかもしれない。

このほかの説として、ポルトガル語のsorverもしくはスペイン語のsorberが挙げられている。いずれも「吸う」の意である。関係代名詞queを接頭につけ、「吸う物」の意味で que sorver もしくは que sorber とした場合、発音としては「キソルベル」となる[2]

煙管の部品[編集]

大きくわけると、刻み煙草を詰める火皿(椀形の部分)に首のついた「雁首」(火皿の付け根から羅宇と接合する部分まで)、口にくわえる部分の「吸い口」、それらをつなぐ管の「羅宇」(らう;らおとも読む)にわけられる。また、羅宇の語源は、カンボジアに近い羅宇国(ラオ国・ラオス)の竹(黒斑竹)を使用していたことによるというのが定説である。しかし、「キセル」またはキセルの部位の語源を東南アジアに求めることに疑問は多く、ポルトガル語にrabo(「柄」の意)、スペイン語にrabo(「軸」の意)があることから、こちらを語源と考えたほうがより自然であるとする論考もある[3]

煙管の材質[編集]

雁首、火皿、吸い口については耐久性を持たせるためにその多くが金属製であり、羅宇については、高級品では黒檀なども見受けられるが、圧倒的に竹が多いようである。このように羅宇が植物性の煙管を「羅宇煙管」と呼ぶ。幕末以降には吸い口に草花などの彫刻や鍍金装飾がみられる。これに対して、全体が金属製の煙管を「延べ煙管」と呼んでいる。使用される金属の種類は亜鉛、またはそれらの合金など多様で、鍍金象嵌を施したものもある。また全体が陶製やガラス製のもの(最近のガラスパイプなどとは形状が違う)もあり、中には竹や木でできた簡易煙管もあった。

使用方法[編集]

煙草盆。陶製の火入れの中に埋められた炭火を起こして火を付け、竹製の灰吹きに吸殻を捨てる

煙草は以下のようにして吸われる。

  1. 細く刻まれた繊維状の刻みたばこを適当な大きさに丸める。
  2. 雁首の火皿に丸めたたばこを詰める。袋物のたばこ入れの中に雁首を突っ込んで詰める人もいる。
  3. 煙草盆の炭火に雁首を近づけて火を点ける。
  4. たばこをそっとゆっくり喫う。
  5. たばこが燃え尽きて煙が出なくなったら、煙草盆の灰吹きのふちを軽く叩くなどして灰を落とす。
  6. 火皿に灰が残っていたら空吹きをして灰を飛ばす。
  7. 火皿一杯で満足できない場合は、1 – 6 の繰り返し。

燃え尽きる前の火のついた灰の塊を掌に載せ、それが消える前に新しいたばこを火皿に詰め、掌の燃えさしで着火し、連続して喫煙する人もいる。

煙管の手入れ[編集]

紙を捻ったコヨリなどの細い物を管に通してヤニをとる。煙管全体が金属製の場合は、ぬるま湯に浸けおくとふやけてくるので掃除がしやすい。 また、アルコールなどの有機溶剤を流してヤニを取る方法もある。

羅宇屋[編集]

らう屋、またはらお屋とも読む。かつては、羅宇のヤニ取りやすげ替えを生業とする露天商があって、羅宇屋と呼ばれていた。小型のボイラーから出る蒸気で羅宇を掃除し、その際に鳴る「ピー」という笛にも似た音が特徴的であった。ラオ屋は戦後に急激に数を減らし昭和39年には東京で4軒だけとなった[4]。そして最後の羅宇屋は、浅草寺門前で営業していたが2000年頃に廃業した。が、ここ最近背負子スタイルの羅宇屋で復活している。

刻みたばこについて[編集]

刻みと呼ばれているが、紙巻きたばこの中身のように細かく刻まれたものではなく、干した葉を重ねて包丁もしくはカンナで糸のように細く切ったもの。世界のたばこ製品の中で最も加工度が低いものの一つで、タバコ葉本来の味が楽しめるとして熱心なファンが多い。江戸時代には、手間賃を取って葉タバコを刻む賃粉切りという職人がいた。専売制が実施される前は個人経営のたばこ店がそれぞれの刻みたばこを製造販売し、何千種類もあったが、専売制の下でマスプロ化が進んだことと、紙巻きたばこの消費増大で需要が減ったことで数銘柄からさらには1銘柄に減り、ついには国内での製造が打ち切られた。しかし日本の伝統文化として復活と存続を望む声が多かったため、たばこ農家に在来種の栽培再開を依頼し、1銘柄(『小粋』)ではあるが昔ながらの良質の刻みたばこが復活した。

現在ではその他に柘製作所がベルギー製の煙管用刻みたばこ宝船黒船を販売している。葉は在来種ではなくアメリカンブレンドとなっており、刻みは小粋ほど繊細ではない。 

煙管と文化[編集]

多くの時代劇等で煙管は重要な小道具として登場することが多いが、16世紀以前の話に登場すれば全くの嘘であり、16世紀以後でも喫煙人口の少ない古い時代に庶民が立派な煙管を持っているのもおかしい。また武家や商家などでは、贅沢の禁止と防火の意味から使用人には喫煙を禁止することもあり、誰もが煙草入れをぶら下げていたわけではない。

武士の場合はステータスシンボルと同時に自分の志の表現として、特別に自分の好みを施した煙管を注文したりした。明治維新後に刀の携帯が禁止されたので、護身用にと鉄扇ないし重量のある鉄の煙管を持ち歩く士族達もいた。

江戸時代においては、多くの場合に大店の主人や番頭等が自分にあった道具を誂えたりと、嗜好の世界というより一種のファッションやステータスシンボルであった。また、煙草入や煙管筒に流行もあったといわれる。この中では根付のような関係する工芸文化も存在し、この根付は明治時代の交易に関連して海を越え、英国にまで愛好者を増やした。ロンドンのビクトリアアンドアルバート美術館には、この根付コレクションの展示室も存在する。

江戸時代の吉原等の大見世(上等な女郎屋)の太夫(上等の遊女)などの間では、位が上ると帯の幅が広くなり、それに合せてその帯に挿す煙管の赤塗りの羅宇も長くする仕来りがあり、煙管の長さで女郎の格をはかることができた。(長羅宇:ながらう・ながらお)

遊女は気に入った客に煙管を差し出し、客が受け取るとその遊女を気に入ったということになる。歌舞伎『助六由縁江戸桜』の台詞にある「煙管の雨」とは、助六の男っぷりを暗に示す。

時代劇及びここから派生した時代物の劇画では、登場人物のヤクザや武士等が咥え煙草を動かしたり、煙草盆に叩き付ける仕草をする。特にヤクザ映画等では、煙管を口に銜えたまま振ったりと、親分の意思表示の小道具に使用される。例えば、銜えたままの煙管の雁首を上げることは、強く噛み下唇を突き出す怒りや不快感の表情を強調するなどであるが、この他にも煙草盆に強く叩き付ける(灰を捨てる)動作で、休息を取り止め行動に移るなど気持ちの切り替えを表す。またこれ以外にも身近な棒状の道具として、手に持ったり銜えたりした煙管を振るなどの動作で配下に対して、指示棒のように指示を出したりした。

なお、21世紀において嫌煙が常識化すると、時代劇において喫煙シーンおよび煙管が登場することがほとんどなくなったが、これもまた別な意味での間違いである。

現代の煙管[編集]

現在は、たばこの喫煙用としての煙管使用者の絶対数は少ないが、下記の理由などでその文化は存続している。

  • 自然なたばこの味を楽しむため(香料を使わない刻みたばこを吸う方法として最良であること)
  • 紙のタール問題への配慮から(紙巻たばこの紙からのタールが癌の原因という説があるため)
  • 紙巻たばこの吸殻の再利用のため
  • 趣味の世界として(時代劇ファンやコレクター)
  • 両切りたばこの場合「葉が燃え尽きるまで吸えて経済的」「葉が口に入らない」などのメリットがあるため(平成期の青年に、煙管の先に紙巻煙草を差して、喫煙をしている例がある)
  • フェティシズムのため(愛好例として、女性の陰部に挿して火皿に火を入れる使用例がある)
  • 喫煙の頻度や吸い方によっては紙巻より安価であるため

喧嘩煙管[編集]

喧嘩煙管(けんかきせる)とは江戸時代町奴が主に用いていた煙管である。町奴は町人であるゆえ、刀や長い脇差の携帯が許されなかった。そこで旗本奴に対抗するための武器として総鉄製の煙管を造らせ、これを携帯していた。長さは40 – 50cm、太さも数cmあり、羅宇を六角形にしたり、羅宇全体にいぼをつけるなど棍棒さながらの加工がなされている。

生物の名[編集]

生物のなかでもその形状がキセルに近いものにその名が付けられている。以下は「キセル」を取り込んだ正式和名の数例。

歌舞伎の煙管[編集]

助六が敵役である髭の意休にキセルを足で差し出す場面

観客の眼を引くように大きく、かつ軽く作られる。「楼門五三桐」の石川五右衛門の銀の延煙管、「博多小女郎浪枕」の毛剃のオランダ模様のある大きな煙管など、歌舞伎狂言によってそれぞれ形があり、なかでも助六の朱羅宇煙管は「煙管の雨が降るようだ」の名台詞とともに好劇家にはなじみ深いものである。

その他[編集]

  • 煙管関係の職業としては、羅宇を付け替える職業の人がいた。
  • 江戸時代には、寝煙草を原因とする火事も多かった。参考:江戸の火事
  • 慣用句として『雁首をたれる』という表現がある。
  • 雁首を上げて吸うと、格好は良いが脂(やに)が下がるので味が落ちる。このことから格好優先で煙管を吸う男を「やに下がった」と表現するようになった。


キセル乗車[編集]

キセル乗車キセル)あるいは(中間無札(ちゅうかんむさつ))とは、旅客の旅行区間において、有効区間が連続せず乗車駅および下車駅についてのみ有効な乗車券を所持し、中間の区間の運賃支払いを不正に免れようとする行為を指す。中間無札はとりわけ定期乗車券(定期券)や回数乗車券、および入場券や初乗り運賃の乗車券を使用(悪用)したものが見られる。

  • 言葉の由来は、煙管では吸い口とたばこを乗せる部分である雁首(がんくび)にのみ金属を使用することから、「入るときと出るときは金を使うが、中間には金を使わない」意味とされる。
  • 「不正乗車行為全般」を指す言葉として「キセル」と誤用されることもあるが、本来の意味はあくまでも中間無札のみである。

参考文献[編集]

  1. ^ 渡邊 實 『日本食生活史』 吉川弘文館。
  2. ^ 鈴木達也著 『喫煙伝来史の研究』 思文閣出版。
  3. ^ 鈴木達也著 『喫煙伝来史の研究』 思文閣出版
  4. ^ 朝日新聞昭和39年3月5日記事

関連項目[編集]