タバコ・ファトワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タバコ・ファトワーは、ムスリムによるタバコの使用を禁止するファトワーイスラム教の法的見解)である。

歴史[編集]

1891年タバコ・ボイコット運動において、アーヤトッラーen:Marja'ペルシア語: مرجع تقليد‎ Marja-e taqlid)とen:Mirza Mohammed Hassan Husseini Shiraziペルシア語: میرزای شیرازی‎‎)が出したファトワーが最初のものである。

インドネシア[編集]

インドネシアのムスリム組織ムハマディヤは2010年に喫煙ハラーム (禁止)を宣言した[1]。この組織は以前に喫煙を単にマクルーフ (忌避されるもの)として挙げていた。[1] タバコ会社は2007年1月から10月にかけて1,350の若者向けのイベントを後援し、また、しばしば無料の紙巻タバコを若者たちに与えている。[2]

フィリピン[編集]

大ムフティーのシェイク・オマル・ パシガンが率いるフィリピンのイスラム法学者の最高評議会は、2010年6月に紙巻タバコの喫煙はハラーム であると明言した。[3]

シンガポール[編集]

2011年5月に、シンガポールの大ムフティーは紙巻タバコの喫煙・販売はハラームであると言った。しかし2011年7月に、シンガポールのムスリムたちはそのファトワーを拒否するか拒否しないか決定するように求められ、ほとんどの人はそのファトワーを拒否すべきであると言った。

そのファトワーは2011年1月、シンガポールにおけるタバコの禁止が拒否されたため作られた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

発展資料[編集]

  • Katib Chelebi, The Balance of Truth, Chapter 5

外部リンク[編集]