特定健診・特定保健指導

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特定健診・特定保健指導(とくていけんしん・とくていほけんしどう)とは、2008年4月より始まった40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした保健制度である(高齢者の医療の確保に関する法律第十八条、国民健康保険法第八十二条)。

正式には「特定健康診査・特定保健指導」という。一般には「メタボ健診」といわれており、健診の項目は平成19年厚生労働省令第157号第1条に規定されている。以下、本項では断りのない限り、「特定健診・特定保健指導」を「メタボ健診」と記載する。

概要[編集]

40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員が健診対象となり、まずは腹囲の測定及びBMIの算出を行い、基準値(腹囲:男性85cm、女性90cm / BMI:25)以上の人はさらに血糖、脂質(中性脂肪及びHDLコレステロール)、血圧、喫煙習慣の有無から危険度によりクラス分され、クラスに合った保健指導(積極的支援/動機付け支援)を受けることになる。

受診率や保健指導実施率、のち(2008→2012年度)の目標到達度によって後期高齢者医療制度への財政負担が保険組合や自治体に対して最大10%内で増減される。

特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準

  1. 既往歴の調査(服薬歴及び喫煙習慣の状況に係る調査を含む。)
  2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重及び腹囲の検査
  4. BMIの測定
  5. 血圧の測定
  6. GOTGPTγ―GTPの検査(肝機能検査
  7. 血清トリグリセライド(中性脂肪)、HDLコレステロール及びLDLコレステロールの量の検査(血中脂質検査)
  8. 血糖検査
  9. 尿中の糖及び蛋白の有無の検査(尿検査)

特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準 第一条

意義[編集]

  • メタボリック・シンドローム生活習慣病の大きな一因となっているという学説に基づき、内臓脂肪を減らすことで生活習慣病対策、ひいては将来の医療費削減につながるだろう[1]
  • 生活習慣や運動について細かに学ぶことが出来る。
  • 後期高齢者医療制度へのいわゆる「アメとムチ」によって、保険者は受診を促し、被保険者はメタボリック・シンドロームを解消する動機付けができる機会が増す。

疑問点[編集]

  • メタボ健診の基準は適切か。
    • 日本人成人男性の腹囲の平均は85cm前後となっており、多くの人が腹囲の基準で引っかかってしまう。また、基準が厳しいとの声が医学会からも起こっている[2][3]。2008年に国際基準が統一され、腹囲は基準から外れたが、日本肥満学会は対象者絞込みのため、腹囲基準を設けているとして優秀性を強調している[4]
    • メタボ基準の策定に関わった研究者の多くが製薬企業から寄付金を受けており、公正性が確保されているのか疑問である。
  • ペナルティは適切か。
    • 受診率、保健指導実施率、目標到達度が基準を下回った場合、企業や自治体(の人々)が連帯責任を取らされる[5]
    • 肥満者がいることで企業の社会保障コストが増える恐れがあるため、雇用されにくくなったり、職場で冷遇される危惧がある。
    • 目標到達度によるペナルティを有限の予算内で回避するために、基準をわずかに上回る人への保健指導が優先され、大幅に上回る人が放置される恐れがある。
    • 初年度は多くの肥満者を受診させ、年度を追う毎に受診者の肥満率を減らし続けることにより、目標到達度をコントロールできる。以下を全て満たす保険者に悪意があれば、ペナルティから逃れ易くなる。
      • 受診率や指導実施率は確実に達成可能である。
      • この手法を用いるために必要な情報を利用できる。
      • 受診対象としない人からの疑問に対し「予算オーバーする」などと堂々と説明でき、口外される恐れが極めて低い。
  • 実施主体の保険者への変更は適切か。
    • 従来、扶養家族や事業者健診を実施していない中小企業の従業員などは、自らの意思のみで自治体健診を受診できた。しかし、制度変更により、保険者及び雇用者の意思を伴わなければ受診できなくなった。
    • 加えて、従来無償で受けられた健診が、制度変更後は有償となった場合もある。
    • これらは結果的に、受診率の向上を目指すとされる厚生労働省の目論見と矛盾していると言えよう。
  • 保健指導、治療、投薬等で逆に医療費を増やすことに繋がらないか。

脚注[編集]

  1. ^ 厚生労働省はメタボ健診によって年2兆円の医療費を削減できるとしている。だが、この見込みは楽観的すぎるという批判も多い。メタボ検診費用の方が多くて、かえって赤字になるだろう、という批判もある。
  2. ^ 読売新聞2008年4月2日社説
  3. ^ 国際糖尿病連盟は男性90cm、女性80cmを日本人の基準としている
  4. ^ <メタボ>腹囲が必須条件から外れる 診断基準を国際統一 毎日新聞 2008年8月20日
  5. ^ 机上の空論、メタボ健診:(その2)目標達成遠い、財政悪化拍車 毎日新聞 2008年3月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]