須賀健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すが けんた
須賀 健太
本名 須賀 健太
生年月日 1994年10月19日(19歳)
出生地 日本の旗 日本東京都江戸川区
身長 166 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1998年 -
家族 妹・須賀さくら(子役)
主な作品
映画
ALWAYS 三丁目の夕日
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
ALWAYS 続・三丁目の夕日
死にぞこないの青
釣りキチ三平
ALWAYS 三丁目の夕日'64
スイートプールサイド
テレビドラマ
人にやさしく
喰いタン
新撰組 PEACE MAKER

須賀 健太(すが けんた、1994年10月19日 - )は、日本俳優タレントである。

東京都江戸川区出身。ホリプロ所属(2006年3月まではセントラル子供劇団に、2012年3月まではセントラルプロダクションに所属していた)。

来歴・人物[編集]

  • 俳優になりたいと思った動機は、『電磁戦隊メガレンジャー』を見た時に同い年の子を見つけ、自分も出たいと思ったからだという[1]。その後、実際に『忍風戦隊ハリケンジャー』に出演したが、逃げるだけの役だったため、戦隊ヒーローの一員として戦う役がやりたかったという[2]
  • 1999年に子役デビューし、2002年のドラマ『人にやさしく』の五十嵐明役で注目を集めた。当時は小学校で自作の名刺を好きな子に渡していたという。
  • 『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年11月公開・シリーズ1作目)撮影時から『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(2007年11月公開・2作目)撮影時までの約2年間で18cmほど身長が伸びたが、2作目は前作の4か月後という時代設定だったため、声変わりと併せて監督を困らせた[3]。また、『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年11月公開・1作目)撮影時から『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(2012年1月公開・3作目)撮影時までの約6年間では40cmほど身長が伸びた。
  • 3人兄弟の一番上で、妹で子役の須賀さくらと弟がいる。左目が二重瞼、右目が一重瞼である。視力は両目ともにA[4]
  • 2009年3月頃から剣道を始めており、初段の資格を持っているという[5]
  • 2010年4月から2013年3月まで高等学校に在籍。評定平均が4.6以上という好成績を収めた[6]
  • 趣味は映画鑑賞とゲーム[8]
  • 幼い頃から戦隊ヒーロー物が大好きで、いつレッド役のオファーが来てもいいように、プライベートでアクションとアクロバットを習っているという。週3日通って毎回違った練習メニューをこなしており、バク転ぐらいなら朝飯前とのこと。以前は主役であるレッド役への想いが強かったが[11]、現在はそれほどこだわっていないという[12]。2012年1月26日に放送された『ダウンタウンDX』で、アクションシーンなどの練習風景をテレビで初めて公開した。なお、2013年公開の映画『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』では、自身が演じたイナズマンの声以外にゲキレッドの代理声優も行った。
  • 2012年のホリプロ若手俳優舞台第3弾公演「少しはみ出て殴られた」で本格的な舞台に初出演。その際に当舞台の宣伝用として2012年10月4日から12月10日までの期間限定で、役名であるサダヌキサトル名義でTwitterのアカウントを開設した。2013年7月2日からは本人名義に変更した上で同アカウントの運用を無期限で再開しており、Twitter社から公式認定を受けている[13]
  • 2014年公開の映画『スイートプールサイド』では、男子なのに毛が生えないことをコンプレックスにしている高校1年生の役を演じるにあたり、髪の毛以外のすべての毛を剃って撮影に挑んだ[14]。本作出演のオファーが来たころは、ちょうど「今までのイメージを壊したいと思っていた」という[15]
  • 今後挑戦したい役どころは、最初から最後まで善に寝返ることのない究極の「悪役」とのこと[16]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • オペラ劇「ヤマトタケル」(2001年) - 少年 役
  • ミュージカル公演「セントラルフェスタ2003」(2003年) - 少年 役
  • ミュージカル公演「セントラルフェスタ2006」(2006年) - 少年 役
  • ホリプロ若手俳優舞台第3弾公演「少しはみ出て殴られた」(2012年) - サダヌキサトル 役
  • いのうえシェイクスピア第2弾公演「鉈切り丸」(2013年) - 源義経
  • 「タンブリングFINAL」(2014年) - 火賀淳平 役

ゲーム[編集]

PV[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • ウミガメが教えてくれること(2009年3月21日、TBS)

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

受賞歴[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2007年6月17日の『おしゃれイズム』出演時の話より
  2. ^ 2008年4月17日の『さんぷんまる』出演時の話より
  3. ^ 2007年10月25日の『ダウンタウンDX』出演時の話より
  4. ^ 2011年10月11日の『踊るさんま御殿』出演時の話より
  5. ^ 2010年1月7日の『はなまるマーケット』出演時の話より
  6. ^ 2010年1月7日の『はなまるマーケット』出演時の話と須賀健太公式ブログと2014年6月4日付の「シネマトゥデイ」インタビュー記事より
  7. ^ 2011年10月11日の『踊るさんま御殿』出演時の話と須賀健太公式ブログと須賀健太Twitterより
  8. ^ 須賀健太公式ブログより
  9. ^ 須賀健太公式ブログより
  10. ^ 須賀健太公式ブログと小越勇輝公式ブログより
  11. ^ 2012年1月26日の『ダウンタウンDX』出演時の話より
  12. ^ 2014年6月6日付の「CREA WEB」インタビュー記事より
  13. ^ 須賀健太Twitterアカウント https://twitter.com/suga_kenta1019
  14. ^ 2014年6月7日付の「クランクイン!」記事より
  15. ^ 2014年6月11日付の「シネマトゥデイ」記事より
  16. ^ 2014年7月1日付の「まんたんウェブ」特集記事より
  17. ^ 歴代最年少で受賞(2007年当時)

外部リンク[編集]