孫悟空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西遊原旨の挿絵より
『玉兎』(月岡芳年『月百姿』)孫悟空と月の妖精
京劇『西遊記』の孫悟空

孫 悟空(そん ごくう、繁体字: 孫悟空; 簡体字: 孙悟空; ピン音: Sūn Wùkōng; ウェード式: Sun1 Wu4-k'ung1; 粤ピン音: syun1 ng6 hung1)は、中国の四大奇書小説『西遊記』の主要登場キャラクター[1]の一人である上仙。今も崇拝される道教の神でもあり、香港をはじめ、台湾や東南アジアでは一般に斉天大聖せいてんたいせいの号で呼ばれ、信仰されている[2]。別名は孫行者

元代の『西遊記』(最古とされる)のあらすじを収録した朝鮮の書『朴通事諺解』(1677年)には孫吾空として登場する。また、齊天大聖の登場する主な雑劇(説話)は以下のとおり。これら先行する各種作品をうけて代に100回本としてまとめられ集大成したもの[3]が分量が多すぎたため、代には整理簡略された簡本のうち康熙33年(1694年)刊行の『西遊真詮』が比較的よくみられる『西遊記』である。

  • 西遊雑劇(戯曲)
  • 斉天大聖(戯曲)
  • 八仙過海

概要[編集]

『西遊記』の雑劇などの書作品での通称は猴行者、あるいは通天大聖などさまざまな名前で呼ばれているが、孫行者の名に落ち着いた。日本でよく知られた孫悟空であり避諱により当時の中国では一般には使用されない。

以下、明、清の刊本の『西遊記』に基づく概略を記す。

生い立ち[編集]

昔々、東勝神州[4]傲来国ごうらいこくの沖合にうかぶ火山島である花果山[5]の頂に一塊の仙石があった。この石が割れて卵を産み、卵は風にさらされて一匹の石猿が孵った[6]。この石猿は、島に住む猿たちが谷川の水源を見つけたら王様にするというので、勇気を示して滝壺に飛び込み、水簾洞という住み処を見つけてきたので、猿たちに崇められ美猴王びこうおうと名乗ることになった。

ある時、限りある命にはかなさを感じたことから不老不死の術を求めて旅に出て、十年以上かけて西午賀洲[4]に住む須菩提祖師すぼだいそしという仙人を探し出して弟子入りした。祖師は、姓を持たぬという美猴王に孫という姓を与え、孫悟空の法名を授ける。7年後、兄弟子を差し置いて、念願の長寿の妙道を密かに教わり、さらに3年後に地煞数ちさつすうという72般の変化へんげの術[7]をことごとく会得した。さらに觔斗雲きんとうんの法も教わって自在に雲に乗れるようになる[8]。ところが、他の弟子に術[9]を見せびらかしたことから、祖師に怒られ故郷に帰るように命じられた[10]

花果山に帰郷すると、混世魔王という化け物が水簾洞を荒らしていたので身外身の術で退治したが、これをきっかけに傲来国に出かけて大量の武器を強奪して配下の猿たちに配って守りを固めさせ、配下の猿を軍隊にまとめ上げた。そうすると自分の武器も欲しくなり、海中の東海竜王敖廣の宮殿である龍宮にいき、如意金箍棒[11]を無理矢理譲ってもらう。さらに長く居すわって残りの三海の竜王たちからも武具を要求し、金の冠、金の鎧、歩雲履の防具一式[12]をもってこさせた。

牛魔王を含む6大魔王[13]の妖仙と義兄弟となり、宴席で酔いつぶれていると、幽冥界から使いが2人きて魂を連れ去り、「寿命が尽きた」という。しかしそんなはずはないと抗弁して暴れ、閻魔帳を持ってこさせると、なるほど孫悟空の寿命342歳とあるので、自分の名を墨で塗りつぶし、ついでに仲間の猿の名前もいくつか消した。もうお前らの厄介にはならんと冥界十王[14]を殴って帰ってきたところで、目が覚めたが、以後、悟空以外の山猿にも不老のものがふえたという。

大鬧天宮だいどうてんぐう[編集]

こうして死籍を消すに至ったことから、天界からも危険視される存在になった。天帝は石猿を討伐しようとするが、太白の意見で思い直し、官吏として天界に召すことで懐柔することにした[15]。悟空は、天界の使者に喜び、弼馬温[16]官職に任命されたが、半月後にその身分が低いと知ってへそを曲げ、不意に脱走してしまう。地上ではすでに十数年[17]経っていたが、帰還した美猴王を神としてかしずく猿たちに囲まれて気分がいいところに、独角鬼王という妖怪が訪ねてきて臣下となり、さらに褒めそやして煽てたので、有頂天になった悟空は斉天大聖[18]と自ら号するようになった。これを聞いた天帝は身の程知らずの石猿だと怒り、托塔李天王たくとうりてんおうを大将にする討伐軍に派遣したが、先鋒の巨霊神と哪吒太子なたたいしが敗れて歯が立たないと、悟空の神通力に恐れをなして退却した。

力で抑えるのが難しいとわかると、再び太白の意見で懐柔策をとることになり、二度目は悟空の希望通りの待遇とすることにして、新官職「斉天大聖」が創設され、正式に任命された。これは職務のない名目だけの官職であった。これでしばらくは悟空も満足していたが、天界では暇をもてあましていたので、新たに蟠桃園ばんとうえん[19]の管理を任されることになる。ところが、不老長寿は悟空の最も好むところであり、栽培されている仙桃が熟れるのを待って食べ尽くした。そこに仙女たちが桃をつみにきて宴会があるというので、宴席に忍び込んで酒番を眠らせ、仙酒仙肴を食べ荒らし、さらに酔ったはずみで兜率天宮に迷い込んだので、ついでに太上老君の金丹の全部を頬張って、再び天界を逃げ出した[20]

悟空が戻ると地上では百年経過していた。天帝は烈火のごとく怒り、天兵10万を派遣して包囲し、諸将を総動員して攻めかからせた。悟空の側は、七十二洞の妖怪たちと独角鬼王は生け捕られたが、猿たちはすべて逃げ延び、悟空は哪吒太子四大天王、恵岸を打ち負かした。ところが恵岸がその師である観音菩薩に苦戦を報告したところ、菩薩は天帝に顕聖二郎真君を推薦する。二郎真君は梅山の六兄弟と共に悟空を追い詰め、太上老君の投げた金剛琢こんごうたくで悟空が脳天を打たれてふらふらのところを捕まえた。

天帝は、悟空を斬妖台にひきだして八つ裂きの刑にするというが、悟空は仙丹の力で無敵の体となっていたので刀も斧も歯が立たず、火も効果がなかった。太上老君の八卦炉に押し込めて熔かそうとするも、いぶされて目が真っ赤になって「火眼金睛あかめ」となったのみで、八卦炉から飛び出す[21]と大暴れして手が付けられない。困った天帝は、雷音寺の釈迦如来に助けを求めた。如来は悟空に身の程をわきまえさせるために賭けを持ちかけ、如来の手のひらから飛び出せなかった悟空を取り押さえて、五行山[22]に封印してしまった。

取経の旅へ[編集]

5百年後、観世音菩薩の救済によって三蔵法師の弟子となって功徳を積むことを許され、天竺までの取経の旅[23]を助けることになる。三蔵法師からはおもに孫行者そんぎょうじゃ[24]と呼ばれている。 弟子になってからも初めはかなり反抗的で、納得できない時は相手が如来だろうと菩薩だろうと平気で文句を言う。しかし仁義や礼儀に精通しており、その他で無礼を働くことはない。初め三蔵法師に反発して脱走も試み、その後もいわれのない罪で破門されたりしているが、観世音菩薩や釈迦如来の導きもあり[25]、結局はいつも三蔵法師のもとに戻ってくる。旅では失敗を繰り返して学習し、次第に行いが改まっていくが、かなり粗暴である。三蔵との関係は師匠と弟子というよりも、無力な人間を庇う守護者のような役回りで、人使いの荒い三蔵には困らされることが多い。

ついに取経の旅に成功すると、その魔を降して善を広めたという抜群の功績が認められて仏になることができた[26]

なお、ここで書いたとおり孫悟空は本篇や漢詩中で、各種の名前や肩書きで呼ばれている。ここに書いたほかにも、大聖翁、猴仔公、心猿などと呼ばれている。

孫悟空のモデル[編集]

中国西部の陝西省チベットなどに生息するキンシコウを研究する日本モンキーセンター世界サル類動物園長の小寺重孝が、NHKの動物の生態を紹介するテレビ番組『ウォッチング』で、「美猴王」を名乗った孫悟空のモデルにふさわしい美しいサルであり、もしかしたらこれがモデルなのかもしれないと紹介した。後に『アサヒグラフ』1985年3月29日号にて、小寺重孝本人も勘違いと認めているが世間に広まったためひっこみがつかなくなっているという談話が掲載されている。『西遊記』そのものを研究している中国文学研究者は、作中描写から判断するとマカク属アカゲザルである可能性が高いとする説を提唱しており、例えばニホンザルと異なり水泳を好むアカゲザルの生態などが巧みに『西遊記』の中に描写されていることなどを指摘している。

これとはまた別に、インドの有名な叙事詩ラーマーヤナ』の猿の神として登場するハヌマーンも黄金の肌と真紅の顔面そして長い尾っぽを持つ姿として描かれているところから、ハヌマーンが孫悟空のモデルとする説も唱えられている。インドのヒンドゥー教寺院ではハヌマンラングールがハヌマーン神の使いとして手厚く扱われ、参詣者から餌などを与えられて闊歩している。ハヌマーンもまた孫悟空と同様に、超常的な神通力を使用し、空を飛んだり、体の大きさを変えたりした。また、場面によって猿軍団を率いる、山を持ち上げるなどの行為を行ったとされる。『ラーマーヤナ』の物語中でヴィシュヌの化身とされるラーマを助けて様々な局面で活躍する猿神の姿は、『西遊記』において猿妖である孫悟空が三蔵法師を護衛して活躍する姿と相似ている部分も多々見受けられ、『西遊記』の物語形成過程に『ラーマーヤナ』が少なからず影響を与えたことも考えられる。

また、中華人民共和国の安西地方に存在する楡林窟東千仏洞などで発見された唐僧取経図には、玄奘三蔵のインドへの旅の様子が描かれているとされ、その中に出てくる案内人が孫悟空などの原型となっているのではないかともよく言われる。

名の「悟空」については、唐代に実在し、インドまで赴いた僧侶・悟空731年 - ?)の名をとったものではないかとする説がある。

泉州開元寺西塔浮彫[編集]

泉州開元寺の仁壽塔(西塔、嘉元年1237年完成)浮彫は梁武帝、「唐三藏」、東海火龍太子、猴行者の4種あり、『西遊記』の孫悟空となる前の姿がかいまみえる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大鬧天宮の話などでは主人公であり、京劇などでは最も重要な役とされる
  2. ^ 齊天大聖” (中国語(繁体字)). 2009年7月23日閲覧。
  3. ^ 100回本の作者として、中国では魯迅による呉承恩説があるが、日本の研究者(太田辰夫・中野美代子ら)は根拠に乏しいとして否定的である。中野は100回本を成立させた「作者」が複数存在する可能性も指摘している。
  4. ^ a b 『西遊記』における世界観では、世界は「東勝神州とうしょうしんしゅう」「西午賀州せいごがしゅう」「南贍部州なんせんぶしゅう」「北倶蘆州ほくぐろしゅう」の四大陸に分かれているとされている。なお、これは仏教の四天王の統治する世界である。孫悟空の出身地・花果山は東勝神州の近海に、中国(作中では)は南贍部州にあるとされている。また、三蔵一行の目的地である天竺は西午賀州にあるとされており、中国からすると文字通り「西方浄土」ということになる
  5. ^ ただの山ではなく神仙の棲む特別な霊山である
  6. ^ 孫悟空が生まれたのが、岩から生まれた卵であったことは有名。誕生まもなくその目から金色の光がほとばしって天界まで達したので、天帝を驚かせた
  7. ^ これは72個の命を意味する
  8. ^ 他には分身する術など。身外身の術という、にこ毛を噛み砕いて吹いた物を多数の猿に変化させて使役する術はよく使われる
  9. ^ 仙術はすべて秘伝の技であり、術を見せれば見た者は自分も習いたくなってきっと邪心を起こすので、みだりに見せたりしてはならなかった
  10. ^ 祖師は、悟空がきっと禍を引き起こすだろうと予測し、決して誰から術を教わったか口外するなときつく言い渡した
  11. ^ これは重さ一万三千五百の「天河鎮定神珍鐵」とう名で、両端に金のたががはまった黒い棒で、伸縮自在、すなわちまたの名を如意金箍棒である
  12. ^ 南海の敖欽は鳳翅飾りの紫金冠を、西海の敖閏は黄金の鎖編みの鎧を、北海の敖順は藕糸はすいとで編んだ歩雲履を持ってきた
  13. ^ 残りは、蛟魔王こうまおう鵬魔王ほうまおう獅駝王しだおう獮猴王びこうおう𤟹狨王ぐしゅうおう(犭に禺で一字)。悟空を加えた7兄弟は、七大聖と呼ばれ、牛魔王が長兄。詳しくは斉天大聖で説明
  14. ^ 冥途の十人の王のことで、十殿冥王ともいう。秦広王、楚江王、宋帝王、忤官王、閻羅王、平等王、泰山王、都市王、卞城王、転輪王の十人
  15. ^ 太白は穏健派で、外交官の神としても知られる。
  16. ^ 弼馬温は中国語で「ピーマーウェン」と読み、日本語音は「ひつぱおん」。職務は天界の厩舎の管理人で、馬の飼育係という賤職であったので、のちのち悟空を罵倒する言葉としても使われる。なお、猿を厩の管理人とするとされたのは、弼馬温と同音の避馬瘟というサルはウマを守るものとの伝承がインドから中国に伝来したことによる。
    *水神の話:「河童駒引」をめぐる動物考―馬・牛・猿(3)
    同様の伝承は日本に伝わり、日本でも武家屋敷の厩でサルが飼育されていた様子が、鎌倉末期の13世紀末ころの絵巻である『男衾三郎絵詞』の図に見られる
  17. ^ 天界の一日は地上の一年に相当するため
  18. ^ 「天にもひとしい大聖人」の意
  19. ^ 天界で供される桃を栽培する果樹園。蟠桃をはじめ数種類の桃が作られているが、いずれも食べることで不老長生を得ることのできる神聖な桃(仙桃)である
  20. ^ 二度目の逃走はかなり確信犯的で、はっきりと悪事を働いた自覚を持って逃げ行く
  21. ^ この時割れて地上に落ちた八卦炉の破片が火焔山となった。
  22. ^ 別名「両界山」。この山が中国の国境であり、ここから先は妖仙の住む領域。
  23. ^ 三蔵法師の旅は、大乗仏教の経典を授かることが目的であったため、「取経の旅」といった表現がなされる。
  24. ^ 風貌が小坊主に似ているという理由である。このことから悟空は猿のなかでも毛の短い猿であることがわかる
  25. ^ 最初の脱走の際に、以後の脱走を防ぐ抑止力として頭にはめられたのが「緊箍児」(きんこじ、別称「金剛圏」)と呼ばれる輪っかである。これは「緊箍呪」という呪文をとなえることで輪が収縮し、頭が締めつけられるというものである。しかしこの後に三蔵法師は緊箍児によって直接的に脱走をふせごうとすることはほとんどなかった
  26. ^ 仏としての名前は闘戦勝仏とうせんしょうぶつ。なお、仏となったのちには緊箍児は消えていた

参考文献[編集]

外部リンク[編集]