六神通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

六神通 (ろくじんずう, Pali:chalabhiññā)とは、仏教において菩薩などが持っているとされる6種の超人的な能力。6種の神通力(じんずうりき)。六通ともよばれ、「止観」(瞑想)修行において、「止行」(サマタ瞑想禅那禅定四禅)による三昧の次に、「観行」(ヴィパッサナー瞑想)に移行した際に得られる、自在な境地を表現したものである。

内容[編集]

具体的には以下の6つを指す。

  • 神足通(じんそくつう, Pali:iddhi-vidha-ñāṇa) - 機に応じて自在に身を現し、思うままに山海を飛行し得るなどの通力。
  • 天耳通(てんにつう, Pali:dibba-sota-ñāṇa) - ふつう聞こえる事のない遠くの音を聞いたりする超人的な耳。
  • 他心通(たしんつう, Pali:ceto-pariya-ñāṇa) - 他人の心を知る力。
  • 宿命通(しゅくみょうつう, Pali:pubbe-nivāsānussati-ñāṇa) - 自分の過去世(前世)を知る力。
  • 天眼通(てんげんつう, Pali:dibba-cakkhu-ñāṇa) - 全ての物や事象を見通す力。
  • 漏尽通(ろじんつう, Pali:āsavakkhaya-ñāṇa) - 自分の煩悩が尽きて、今生を最後に、生まれ変わることはなくなったと知る力。

他の呼び名[編集]

最後の漏尽通を除く5つを、五通と呼ぶこともある。

また、宿命通、天眼通、漏尽通の3つをまとめて、三明と呼ぶこともある。

経典の記述[編集]

『沙門果経』[編集]

パーリ語経典長部の『沙門果経』においては、釈迦がマガタ国王に仏教の沙門(出家修行者、比丘比丘尼)の果報を問われ、まず戒律順守によって得られる果報、次に「止行」(サマタ瞑想禅那禅定四禅)によって得られる果報を次々と述べた後に、その先の「観行」(ヴィパッサナー瞑想四念住四念処))によって得られる果報を、以下のように述べている[1]

  • (四禅の次に)「自身の身体が、元素から成り、父母から生まれ、食物の集積に過ぎず、恒常的でない衰退・消耗・分解・崩壊するものであり、意識もその身体に依存している」と悟れる (= 「身念住」身念処
  • (その次に)「思考で成り立つ身体(意生身)を生み出す」ことができる
  • (その次に)「様々な神通(超能力)を体験する」ことができる (以下、神足通
    • 「一から多に、多から一となれる」
    • 「姿を現したり、隠したりできる」
    • 「塀や、城壁や、山を通り抜けられる」
    • 「大地に潜ったり、浮かび上がったりできる」
    • 「鳥のように空を飛び歩ける」
    • 「月や太陽をさわったりなでたりできる」
    • 「梵天の世界にも到達できる」
  • (その次に)「神のような耳(天耳通)を獲得する」ことができる
    • 「神と人間の声を、遠近問わず聞くことができる」
  • (その次に)「他人の心を(自分の心として)洞察する力(他心通)を獲得する」ことができる
    • 「情欲に満ちた心であるか否かを知ることができる」
    • 「憎しみをいだいた心であるか否かを知ることができる」
    • 「迷いのある心であるか否かを知ることができる」
    • 「集中した心であるか否かを知ることができる」
    • 「寛大な心であるか否かを知ることができる」
    • 「平凡な心であるか否かを知ることができる」
    • 「安定した心であるか否かを知ることができる」
    • 「解脱した心であるか否かを知ることができる」
  • (その次に)「自身の過去の生存の境涯を想起する知(宿住通(宿命通))を獲得する」ことができる
    • 「1つ、2つ・・・10・・・100・・・1000・・・10000の過去生を想起できる」
    • 「それも、幾多の宇宙の生成(成刧)、壊滅(壊刧)を通して想起できる」
    • 「それも、具体的・詳細な映像・内容と共に想起できる」
  • (その次に)「生命あるものの死と生に関する知(死生通(天眼通))を獲得する」ことができる
    • 「生命あるものがその行為()に応じて、優劣、美醜、幸不幸なものになることを知ることができる」
    • 「生命あるものが(身口意の)業の善悪により、善趣・天界や悪趣・地獄に生まれ変わることを知ることができる」
  • (その次に)「汚れの滅尽に関する知(漏尽通)を獲得する」ことができる
    • 「苦しみ(汚れ)、苦しみ(汚れ)の原因、苦しみ(汚れ)の消滅、苦しみ(汚れ)の消滅への道(以上、「四聖諦」)を、ありのままに知ることができる」
    • 「欲望・生存・無知の苦しみ(汚れ)から解放され、解脱が成され、再生の遮断、修行の完遂を、知ることができる」

脚注[編集]

  1. ^ 『世界の名著 1』 中央公論社 pp531-537

関連項目[編集]