四大奇書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

四大奇書(しだいきしょ)とは、中国代から代にかけ、俗語体で書かれた4つの長編小説の総称。「奇書」とは「世に稀なほど卓越した書物」という意味である。「四大奇書」は代前期の書店が販売促進用につけたキャッチフレーズであり[1]、その名は清中期の乾隆年間(1736年 - 1795年)に芥子園刊本において確立した[2]

「四大奇書」に挙げられているのは『三国志演義』、『水滸伝』、『西遊記』、『金瓶梅』の4作品である[3]。だが、本場中国では清中期になってから『金瓶梅』の代わりに『紅楼夢』を加えたものを「四大名著」と呼ぶ[4]ようになり、「四大奇書」よりこちらの方が一般的である。

日本の推理小説における「四大奇書」[編集]

日本では、推理小説における小栗虫太郎著『黒死館殺人事件』、夢野久作著『ドグラ・マグラ』、塔晶夫(中井英夫)著『虚無への供物』以上三作品を「三大奇書」と称していた。これに竹本健治著『匣の中の失楽』(三大奇書の項にて言及されているように異論もあるようだが)を加えたもののことを指す。

台湾においては、「脳髄地獄」(「ドグラ・マグラ」)、「黑死館殺人事件」(黒死館殺人事件)、「獻給虛無的供物」(虚無への供物)、「匣中的失樂」(匣の中の失楽)が「日本推理四大奇書」として刊行されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『「四大奇書」の研究』(小松謙、汲古書院、2010年、ISBN 9784762928857)序。
  2. ^ 『明代小説四大奇書』(浦安迪(Andrew.H.Plaks)、中国和平出版社、1993年)第一章「文人小説的歴史背景」。
  3. ^ 川越泰博編『中国名数辞典』国書刊行会、1980年、p. 51。
  4. ^ 中国文学者井波律子は、『中国の五大小説』(上下、岩波新書, 2008-09年)で、講演体で設立順に論じている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]