紅楼夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紅楼夢
Hóng Lóu Mèng
徐宝篆の挿絵
徐宝篆の挿絵
著者 曹雪芹
発行日 18世紀中頃
ジャンル 小説
中華人民共和国の旗 中国
言語 中国語
テンプレートを表示
紅楼夢の一場面を描いた磁器(頤和園

紅楼夢(こうろうむ、繁体字紅樓夢簡体字红楼梦ピン音:Hóng Lóu Mèng、ウェード式:Hung Lou Meng)は、清朝中期乾隆帝の時代(18世紀中頃)に書かれた中国長篇白話小説。作者は曹雪芹とするのが定説だが、別人であるとする異説もある。『三国志演義』『水滸伝』『西遊記』とともに旧中国の傑作古典小説に数えられ、「中国四大名著」とも言われる。石頭記(せきとうき・いしき)ともいう。

概要[編集]

上流階級の賈氏一族の貴公子賈宝玉(か・ほうぎょく)を主人公とし、繊細でプライドの高い美少女の林黛玉(りん・たいぎょく)、良妻賢母型の薛宝釵(せつ・ほうさ)の三角関係を軸に展開する。小説は上流階級の生活の細部を描き、主人公たちの交情を克明に記しながら進行する。清代末期から紅楼夢を専門に研究する学問を紅学といい、この言葉は現代でも使用される。毛沢東も愛読し、1950年代の中国で紅楼夢論争も戦わされた。現代中国でも非常に有名な小説であり、映画や演劇、テレビドラマ化されることが多い。

この小説の特徴はストーリー中心のロマンではなく、大貴族の深窓の令息令嬢の心理のひだが繊細に描きこまれていることにある。士大夫経世済民という表向きの世界ではなく、弱くて感じやすい「児女の情」をテーマとするといえる。三国志演義の「武」、水滸伝の「侠」に対して紅楼夢は「情」の文学であるとされる。その一方で、主人公たちは儒教道徳や官僚の腐敗、不正に対する痛烈な批判を口にしており、乾隆盛世と呼ばれた当時の社会に対する批判的色彩も帯びている。また、当時の上流階級の日常生活が登場人物400人を超える規模で細部まで克明に描かれており、文化史的にも価値があるとされる。男女の人情を描いた中国の長篇小説としては金瓶梅に次いで古いものであるが、恋愛模様がプラトニックに徹しており情感も洗練を極めている点において好対照の位置にある。

作者とされる曹雪芹についてはよくわからないことが多い。雪芹は字で、名は霑(てん)という。曹雪芹の祖父は康熙帝の時代に江寧織造として江南で清朝のために情報収集活動を行っていた曹寅という人物である。康熙帝の寵愛を得て莫大な富を蓄積し、曹雪芹の父もその職を継いだが、雍正帝の時代になると寵愛は失われ、家産は没収された。一家は後に北京に移り、曹雪芹が紅楼夢を書いた18世紀半ばにはを啜るような窮貧生活であったとされる。

あらすじ[編集]

賈宝玉は、祖先の勲功により代々高官を出し、皇室の姻戚でもある賈氏一族の貴公子である。賈宝玉は勉学が嫌いで、豪邸に同居する美少女たちと風流生活を送る。賈宝玉は趣味の合う美少女、林黛玉と相思相愛の関係となるが、お互いの気持ちをうまく伝えられない。だが、二人はお互いに引かれながらも、ささいな嫉妬から大喧嘩をし、結局病弱な林黛玉は悲しみを抱いて死、賈宝玉は「金玉の縁」で結ばれた温和な良妻賢母型の薛宝釵と結婚する。賈家は権勢を嵩に民衆を苦しめた罪で家産を没収され没落し、人々も離散していく。

登場人物[編集]

賈宝玉(か・ほうぎょく)
林黛玉(りん・たいぎょく)
薛宝釵(せつ・ほうさ)
上京する黛玉
太虚幻境(たいきょげんきょう)を訪れる賈宝玉
黛玉が花を埋める場面「黛玉葬花」

主人公[編集]

賈宝玉(か・ほうぎょく)
主人公。才能はありや恋愛小説(当時小説や戯曲は下等なものとされていた)には興味を示すが、科挙方面の勉学は大嫌いで、詩の腕も黛玉や宝釵には及ばない。「女の子は水で出来た体、男は泥で出来た体」といってもっぱら一族の美少女・美女たちを相手に様々な趣きの交際や交流を楽しんでいる。黛玉を好きだが素直になれず時々悲しませたり泣かせたりしてしまうこともある。海棠詩社でのは怡紅公子。

金陵十二釵[編集]

十二人の主要美少女・美女。

林黛玉(りん・たいぎょく)
宝玉の従妹で幼なじみ。詩才と機知に富む一方病弱で繊細。厭世的悲観的かつ神経質で極めて感受性の強い美少女。宝玉が好きだがプライドが高いためか素直になれない。西施趙飛燕にたとえられる華奢で嫋やかな儚げな美貌。西施同様よく眉を顰めている。海棠詩社での号は瀟湘妃子。
薛宝釵(せつ・ほうさ)
メインヒロインその二。宝玉の従姉。健康優良、頭脳明晰、人格円満、優等生タイプの少女。詩も学問も人に優れてよくできるが、それらが女性にとって価値があるものとは思っていない。兄夫婦は共にステレオタイプの極悪人。林黛玉とは正反対の楊貴妃にたとえられる肥満体で大らかで華やかな容姿。黛玉とはよく対比され、中国には「恋をするなら林黛玉、妻にするなら薛宝釵」というフレーズもあるという。
史湘雲(し・しょううん)
賈母の実家である史家の一族の少女。両親を早く亡くして叔父に養われているが、快活で率直な物言いをする。海棠詩社での号は沈霞旧友。
王煕鳳(おう・きほう)
宝玉の伯父賈赦の息子の妻。宝玉の母方のいとこでもある。賈家随一のやり手で、気が強く頭脳明晰。奥向きの采配を一手に引き受ける実力者。あまり学問はない。
秦可卿(しん・かけい)
宝玉の曾祖父初代栄国公の兄初代寧国公の玄孫の妻。従って年上ながら宝玉を「おじさま」と呼ぶ。優しく落ち着いた人柄で「黛玉と宝釵の長所を併せ持つ」と讃えられ、誰からも慕われる佳人。「の賈珍と密通していたという描写があったが作者が思い直して削除した」という説もあり、謎の多い人物。
賈元春(か・げんしゅん)
宝玉の同母姉。皇帝に召されて貴妃となった。後世の解釈で曹雪芹の生家曹家を庇護していた康煕帝に対比されることがある。里帰りする元春を迎えるために大観園が造営された。
賈迎春(か・げいしゅん)
賈赦の娘(宝玉のいとこ)。善良だが無力な人物。海棠詩社での号は菱洲。
賈探春(か・たんしゅん)
宝玉の異母妹。賢明で詩才のある美少女で、異母兄宝玉とも親しくしている。同腹の弟がいるが、こちらは愚鈍で母共々なにかと宝玉を陥れることを考えており、探春とはあまり仲が良くない。大観園詩社海棠詩社)が結成されるのは探春の呼びかけによるもの。詩社での号は蕉下客。
賈惜春(か・せきしゅん)
賈珍の妹。潔癖症で、兄に代表される屋敷の淫蕩な空気を嫌っている。絵心があり、大観園の絵図を描いたことがある。
妙玉(みょうぎょく)
有髪の尼僧。聡明にして文筆の才あり若くして大観園内の草庵に庵主として招かれたが性狷介、俗人と交わるを潔しとしない孤高の美少女。
賈巧姐(か・こうしゃ)
王熙鳳の娘。名前は、劉ばあさんが名づけた。
李纨(り・がん)
寡婦。

その他[編集]

襲人(しゅうじん)
宝玉付きの侍女。宝玉の初体験の相手でもあり、正式では無いが宝玉の役でもある。侍女連の筆頭格。主人思いの良識的な人格者だが、その「主人思い」はえてして「宝玉に科挙方面の勉強に打ち込んでもらおう」という方向に発揮される。本名は花珍珠で、宝玉が陸游の詩にちなんで襲人と命名した。
平児 (へいじ)
王煕鳳付きの侍女の筆頭格。有能で情け深い人柄で煕鳳の秘書役もこなす。煕鳳の勧めでその夫のの立場になったが、これは煕鳳が嫉妬深い本心を隠すためにやったことで(男子が出来ない妻が妾を夫に勧めるのは旧中国では婦人の美徳の一つであった)、それを心得てめったに同衾せず侍女の分を守っている。
賈母 (かぼ)
宝玉の祖母(宝玉の父賈政の母)。一族の最長老で最高実力者。宝玉を溺愛しており、賈政が宝玉に厳しくできないのは賈母を恐れてのことである。信心深い。平凡社ライブラリー版では「後室」と訳されている。
劉ばあさん(りゅう・ばあさん)
賈宝玉の母王氏の遠縁の家に娘を嫁がせた老女。わずかな縁を頼りに賈家を訪れ、機知が受けて援助を引き出す。
賈政(かせい)
宝玉の父。賈母とその夫賈代善の次男。謹厳な人物で、宝玉が勉強に熱心でないことはよく思っていないが、官職が多忙であることと賈母が宝玉を溺愛していることから半ば放任状態。
賈赦(かしゃ)
宝玉の伯父。賈母とその夫賈代善の長男。好色で賈母も「いい年をして」とあまりよく思っていない。賈母お気に入りの侍女をにもらい受けようとして大騒ぎを引き起こしたこともある。
賈敬(かけい)
宝玉の祖父である栄国公賈代善の従兄弟である寧国公賈代化の子。物語の時点では隠居の身で、郊外の道教寺院で仙人修業に凝っている。俗塵を嫌うと称して自分の誕生祝いの宴会にも出て来ないほど。
賈珍(かちん)
賈敬の子で寧国府の当主。威烈将軍の職にあるが戦争に行っている様子は全くない。こちらも好色漢で息子の嫁や妻の妹にまで手を出している背徳的な人物。

評価[編集]

大観園(北京市)

台湾出身の著作家張明澄によれば、胡適蔡元培などの大御所たちは『紅楼夢』をいつもカバンに入れ、数百回も繰り返し読んでいたという。しかも第一回は非常に読みづらく、最後までまともに読める人がいない。二回目はやや面白くなるが二回目くらいではあまり熱中する人はいない。第三回を読み始めると中毒状態になり、仕事や学習をさぼってでも読むようになるという。中国人からアヘンマージャン、『紅楼夢』を取りあげたら、たちまち大発展してアメリカを追い越すだろうとさえ言った。また、『源氏物語』が(日本統治時代も含め)台湾で全く流行しなかったのも『紅楼夢』が原因だという。張明澄自身何度も『紅楼夢』を読んでゆくと、どうしても『源氏物語』が退屈に思えてしまうと述べた[1]

中華民国時代になって胡適らの新紅学派は作者曹雪芹の人生をありのままに描いた自然主義文学であると提唱した。これに対してマルクス主義の文学者からは「ブルジョワ階級主観唯心主義」であるとする批判が起こり、新中国成立後の1950年代に紅楼夢論争が展開した。マルクス主義派は、紅楼夢を男尊女卑封建主義に反抗する階級闘争文学であると主張したのである。もっとも、こういう中国の政治の影響を受けた解釈には当時から批判もあった。

東洋史家の宮崎市定は「そんなことならなにも<紅楼夢>でなくともよいことだ。(中略)<紅楼夢>に描かれたのは、あくまでも繊細な、優美な感触である」[2]と述べている。近世中国(・清)文化研究者の合山究は「紅楼夢=仙女崇拝小説」[3]という説を提唱している。訳者である中国文学者伊藤漱平は、大著『「紅楼夢」論』を長年かけまとめた[4]。また近年、フランス語英語ドイツ語訳も相継いで出版されている。

中国本土では何度か映画やテレビドラマにされている。その中で特に評価が高いのが1987年に放映された連続テレビドラマ『紅楼夢』(王扶林監督)で、中国テレビドラマ制作センターと中央電視台(CCTV)の共同制作による。日本でもDVD等で入手可能である。

日本語訳[編集]

日本語訳も早くから、多数の抄訳版[5]が出版されている、完訳は以下。 

版本[編集]

北京の曹雪芹像

紅楼夢の写本は、当初約110回存在したと推定されるが、稿本が流出後80回以降が何らかの原因で散佚し、そのまま補足されない状態で作者と思われる曹雪芹が死去。その約三十年後、出版者程偉元の請求のもとで、高鶚が40回を付け加え、活字印刷版の120回本が世の中に出回ることになる。この高鶚の40回にも、もともと存在した前80回の手書きによる稿本にも、程偉元自身によるかなりの添削が入っていると一般に思われる。

現存最古の手抄本「甲戌本」が発掘された1927年まで、紅楼夢は一般に活字印刷版の「程本」で流通しており(詳しくは「程甲本(1791)」と「程乙本(1792)」などと区別される)、物語の内容も「程本」で広く認識されていた。一方、手抄本のほとんどがすべて「脂硯斎重評石頭記」と題しており、それぞれ朱筆あるいは墨で本文の上や行間や脇に「脂硯斎」をはじめとする評論家による評論文字を書き足している。これら手抄本は一般に「脂評本」と称されている。

「脂評本」写本の系列の中で最も内容が古く、原稿に近いとされる「甲戌本(1754)」、「己卯本(1759)」、「庚辰本(1760)」などを詳しく調べると、印刷版の「程本」の原文字に対する添竄が明らかになる。このような添竄は、後継者高鶚と程偉元が書いた後40回の内容が、散逸した原作の精神と乖離すると判断するに十分なものとされている。

なお、現存の全ての「脂評本」系列の手抄本は80回以降の内容について本文を残していないばかりでなく、散佚各回の題名「回目」も残されていない。そこで80回以降の原稿内容は、いわゆる「紅学」の中心問題の一つに数えられるようになった。80回以降の原稿の本文や回目は見つからないが、前80回の本文中の詩文や特定事件の表現手法、それに加え特に評論家脂硯斎や奇笏叟などによる評論文字などから、80回以降の少なくとも一部の内容は暗示または明記されているとみるのが定論である。

紅楼夢を基にした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 張明澄『間違いだらけの漢文』久保書店、1971年
  2. ^ 宮崎市定 『中国文明の歴史9.帝国の繁栄』(新版が中公文庫、「全集」は岩波書店
  3. ^ 合山究『「紅楼夢」新論』(汲古書院、1997年)。著者は、林語堂の訳書もある。
  4. ^ 『伊藤漱平著作集 第1~3巻』(研文出版、2005~08年)
  5. ^ 佐藤亮一訳『ザ・紅楼夢 全一冊』(新版、第三書館 1992年)。『要訳 紅楼夢』(王敏訳著、講談社、2008年)ほか
  6. ^ 伊藤訳の初訳は「中国古典文学全集 第24・25・26巻」(平凡社、初版1958-60年)で、松枝訳と同様に、伊藤訳も数十年かけ改訳され続けた。
  7. ^ http://www.gamebridge.com.cn/Home/gamezone/red/

外部リンク[編集]