水滸伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水滸伝』(すいこでん、水滸傳)は、明代中国で書かれた伝奇歴史小説の大作、「中国四大奇書」の一つ。

施耐庵(あるいは羅貫中)が、それまでの講談北宋徽宗期に起こった反乱を題材とする物語)を集大成して創作されたとされる。なお、「滸」は「ほとり」の意味であり、『水滸伝』とは「水のほとりの物語」という意味である(「水のほとり」とは、本拠地である梁山泊を指す)。

ストーリーの概略[編集]

時代は北宋末期、汚職官吏や不正がはびこる世の中。様々な事情で世間からはじき出された好漢(英雄)たちが、大小の戦いを経て梁山泊と呼ばれる自然の要塞に集結。彼らはやがて、悪徳官吏を打倒し、国を救うことを目指すようになる。

ストーリーの詳細については#内容(百二十回本)を参照。人物については#登場人物、もしくは「水滸伝百八星一覧表」、「Category:水滸伝の登場人物」を参照。

水滸伝の来歴[編集]

清代の皿絵に描かれた宋江・林冲・朱仝

水滸伝の物語は実話ではない。しかし14世紀代に編纂された歴史書『宋史』には、徽宗期の12世紀初めに宋江を首領とする三十六人が実在の梁山泊の近辺で反乱を起こしたことが記録されている。講談師たちは12世紀中頃に始まる南宋の頃には早くも宋江反乱の史実をもとに物語を膨らませていったと推定され、13世紀頃に書かれた説話集『大宋宣和遺事』には、宋江以下三十六人の名前と彼らを主人公とする物語が掲載されている。

15世紀頃にまとめられた水滸伝では、三十六人の豪傑は3倍の百八人に増やされた。また、荒唐無稽で暴力的な描写や登場人物の人物像を改め、梁山泊は朝廷への忠誠心にあふれる宋江を首領とし、反乱軍でありながらも宋の朝廷に帰順し忠義をつくすことを理想とする集団と設定され、儒教道徳を兼ね備え知識人の読書にも耐えうる文学作品となった。とは言え、反乱軍を主人公とする水滸伝は儒教道徳を重んじる知識人にはあまり高く評価されず、もっぱら民衆の読む通俗小説として扱われた。その風潮の中で、明末の陽明学者で儒者の偽善を批判した李卓吾が水滸伝のような通俗小説を高く評価したことはよく知られている。同じ時期に農民反乱を扇動する作品であるとして禁止令が出されており、また清代には京劇の題材にとられ、108人が皇帝に従うという展開が西太后などに好まれた。

中国共産党では、「投降主義」的であると見なされ、降伏経験のある幹部や原則主義的な立場から見て妥協的であるとされる幹部への間接的な批判として水滸伝批判が行われた。1975年の毛沢東の名による水滸伝批判では、宋江が前首領の晁蓋を棚上げして実権を握り、自ら首領となった挙句に朝廷に帰順したことが革命への裏切りであるとして非難され、批判的に読むための連環画形式のものも出版された。これは「四人組による周恩来批判であった」と後に解釈された。

文化大革命が党によって全面批判された後は、このような政治的位置付けは行われなくなり、京劇の上演なども復活している。

『水滸伝』の原本[編集]

中国の通俗小説は「回」と呼ばれる講談の一話に相当するまとまりからなるが、現存する版本からの考察では百回構成が最も古い形とされる。容与堂本では、梁山泊に百八人の豪傑が集うまでを描いた七十一回と、梁山泊と朝廷の奸臣たちが派遣した官軍との戦いを描く十回、百八人が朝廷の招安を受けて、北方の契丹人の王朝と戦う九回、江南で宋江たちと同じように方臘の乱を起こしていた方臘を官軍として討伐する中で梁山泊集団が壊滅してゆく過程を描いた十回に分かれる。

水滸伝が人気を博するようになると、16世紀頃に最後の方臘戦十回の前に、百回本では叛徒として名前が登場するのみの田虎、王慶の反乱軍を鎮圧するそれぞれ十回が付け加えられた百二十回からなる版が生まれた。これを百二十回本と呼び、もともとの百回構成の版を百回本と呼ぶ。

17世紀清代に、金聖嘆(zh)は百回本のうち物語が面白い部分は梁山泊に百八人が集う第七十一回までであると判断し、第七十二回以降を切り捨てた上で、第七十一回後半を書き改めて最終回とし、かつ回数を整えるため本来の第一回を前置きとし、第二回以下の回目をそれぞれ一回ずつ繰り上げた七十回本を作り、出版した。遼との戦いを含む後半部分を、女真人による異民族王朝である清が忌避したためとする説もある。清代には七十回本が流行し、中国では20世紀に入るまで水滸伝と言えば七十回本を指した。中華人民共和国成立後、七十回本の体裁にならいつつ、回目を復旧した七十一回本も出版されている。

日本における『水滸伝』の受容[編集]

日本で描かれた水滸伝の豪傑。歌川国芳通俗水滸伝豪傑百八人之一個・八臂那吒項充

日本へは江戸時代に輸入され、1728年(享保13年)には岡島冠山により一部和訳され普及し19世紀初めには翻訳、翻案が数多く作られ、浮世絵師歌川国芳葛飾北斎読本の挿絵や錦絵に描いた[1]

1773年(安永2年)には建部綾足本朝水滸伝』が成立した。これは本編を換骨奪胎し、さらに日本の歴史をも改変した、現在の伝奇小説の先駆けともなる作品である。ほかに『水滸伝』ものとしては『新編水滸画伝』を著したこともある戯作家曲亭馬琴は特に水滸伝を日本を舞台とする物語に取り入れ、代表作となる『椿説弓張月』や『南総里見八犬伝』を書いた。また、パロディである『傾城水滸伝』も書いている。

江戸時代後期の侠客である国定忠治の武勇伝はのちに『水滸伝』の影響を受けて脚色された。浪曲講談で知られる『天保水滸伝』は、侠客笹川繁蔵飯岡助五郎の物語に水滸伝の名を冠したものである。

完訳・翻案[編集]

明治・大正期以降も百二十回本や百回本を元とする『水滸伝』の翻訳や翻案が生み出された。高島俊男『水滸伝と日本人』(大修館書店ちくま文庫)に詳しい。主な完訳は以下。

翻案小説は、吉川英治の遺作となった『新・水滸伝』(講談社、未完)、北方謙三の『水滸伝』、また吉岡平ライトノベル妖世紀水滸伝』や、漫画作品では横山光輝の『水滸伝』や森下翠、正子公也の『絵巻水滸伝』などが知られる。

登場人物[編集]

水滸伝には数々の豪傑たちが登場する。それぞれ天傷星、天狐星など、百八の魔星の生まれ変わりである。百八とは仏教で言う煩悩の数でもあり、除夜の鐘で突かれる数でもある。

梁山泊[編集]

  • 天魁星 宋江(そうこう) 梁山泊の三代目首領。
  • 天機星 呉用(ごよう) 梁山泊の軍師。
  • 天間星 公孫勝(こうそんしょう) 道術使いの道士
  • 天雄星 林冲(りんちゅう) 槍の名手。中国で「教頭」といえばこの人のこと。
  • 天英星 花榮(かえい) 弓の名手。宋江の無二の親友。
  • 天貴星 柴進(さいしん) 後周皇帝の子孫。
  • 天孤星 魯智深(ろちしん) 大力無双の破戒
  • 天傷星 武松(ぶしょう) 拳法の達人。
  • 天暗星 楊志(ようし) 顔に青痣を持つ武人。 
  • 天殺星 李逵(りき) 二丁板斧の使い手。斬り込み隊長。
  • 天微星 史進(ししん) 上半身に9匹の龍の入墨を施している。百八星の中で最初に登場する。
  • 天寿星 李俊(りしゅん) 水軍の総帥。
  • 天巧星 燕靑(えんせい) あらゆる事に通じる美青年。
  • 守護神 晁蓋(ちょうがい) 梁山泊の二代目首領(新生梁山泊としては初代)。百八星には含まれていないが、死後、守護神とされた。
  • 王倫(おうりん) 梁山泊の初代首領。落第書生で偏狭な人物。林冲らに悪人として粛清されており、百八星には含まれていない。

梁山泊の関係者[編集]

  • 羅真人(らしんじん) 公孫勝の師で、強大な法力を持つ仙人
  • 王進(おうしん) 史進の師匠。元は八十万禁軍の教頭(武術師範)。

官軍、朝廷[編集]

  • 高俅(こうきゅう) 太尉。元幇間。蹴鞠、棒術などに通じるが、心のねじけた悪漢。
  • 蔡京(さいけい) 宰相。朝廷の最高権力者で、花石綱や収賄で私腹を肥やす。
  • 童貫(どうかん) 枢密使。宦官で禁軍の総帥。帝に媚び売る奸物。
  • 慕容彦達(ぼようげんたつ) 青州府知府。帝の妃を妹に持ち、それを笠に好き放題をしている。
  • 梁世傑(りょうせいけつ) 北京の長官。蔡京の婿で収賄に精を出す。「梁中書」と呼ばれる。
  • 蔡得章(さいとくしょう) 江州府知府。貪欲で傲慢な性格。蔡京の第九子で「蔡九知府」と呼ばれる。
  • 高廉(こうれん) 高唐州知府。高俅の従弟にして、強力な妖術使い。
  • 宿元景(しゅくげんけい) 太尉筆頭。数少ない清廉な人物。
  • 徽宗(きそう) 皇帝。政治に関心が無く、奸臣に朝廷を牛耳られている。

梁山泊の敵・市井の人々等[編集]

  • 耶律輝(やりつき) 国王。宋国内の混乱に乗じて大軍を起こし、宋の併呑を目論む。
  • 田虎(でんこ) 河北を荒らしまわる盗賊の首領。
  • 王慶(おうけい) 淮南の反乱軍の総帥。軽薄な色男。
  • 方臘(ほうろう) 花石綱に不満を持つ民衆と喫菜事魔を利用し、江南で反乱を起こした。
  • 石宝(せきほう) 方臘軍の将帥。杭州、烏竜嶺にて梁山泊軍の前に立ちはだかる。
  • 祝朝奉(しゅくちょうほう) 祝家荘の庄屋。三人の息子とともに、梁山泊を潰そうと企む。
  • 曾弄(そうろう) 曾頭市の長。女真族で名を上げるため、梁山泊を狙う。
  • 西門慶 悪者。豪商で作中屈指の好色漢。小説(二次創作)『金瓶梅』では主人公を務める。
  • 潘金蓮 (はんきんれん)武松の兄嫁。絶世の美女で毒婦。『金瓶梅』のもう一人の主人公。

内容(百二十回本)[編集]

洪太尉、妖魔を走らす

百八の魔星、再び世に放たれる[編集]

北宋は第四代皇帝仁宗の時代、国の全土に疫病が蔓延し、打てる手を尽くした朝廷は最後の手段として、竜虎山に住む仙人張天師に祈祷を依頼するため、太尉の洪信(こうしん)を使者として派遣する。竜虎山に着いた洪信は様々な霊威に遭うが、童子に化身した張天師と会い、図らずも都へと向かわせることが出来た。翌日、道観内を見学する洪信は「伏魔殿」と額のかかった、厳重に封印された扉を目にする。聞けば、の時代に、天界を追放された百八の魔星を代々封印している場所で、絶対に開けてはならないという。しかし、これに興味を持った洪信は道士らの制止も聞かず、権力を振りかざして無理矢理扉を開けさせる。中には「遇洪而開(こうにあいてひらく)」という四文字を記した石碑があり、これを退けると、突如目も眩まんばかりの閃光が走り、、三十六の天罡星(てんこうせい)と七十二の地煞星(ちさつせい)が天空へと飛び去った。恐れをなした洪信は、皆にこの事を固く口止めして山を降り、都へ戻った。

高俅の栄達[編集]

その後、祈祷の霊験があって疫病は収まり、数十年の時が過ぎて、洪大尉を始め、龍虎山での事件を知るものの多くは既に世を去った。天下は八代目の皇帝(徽宗)が治める時代となっていたが、その寵臣に高俅という男がいた。この男は、その天才的な蹴鞠の腕だけで異例の出世を遂げた心の拗けた悪漢で、帝の寵愛を傘に好き勝手に振舞っていた。禁軍の棒術師範である王進は、父がゴロツキ時代の高俅を逮捕した事があり、報復を恐れて都から逃げ出す。途中、華州の豪農の一人息子史進に会い、彼に武芸を教授した。史進はその後、しばらくして少華山の山賊と交流を持つようになるが、これが役人に漏れ、故郷を出奔、諸国遍歴の旅に出た。史進は渭水で情に厚く豪放磊落な下級武官魯達と遭う。魯達は悪い高利貸に騙された旅芸人の親子を救おうとするが、誤って高利貸の肉屋を殺してしまい逃走、五台山に逃げ込んで出家し智深と法号を得る。だが、大の酒好きで天衣無縫の魯智深には寺務めは肌に合わず破門、何かと目をかけてくれる禅師の紹介で都の大寺院大相国寺の菜園番となる。

梁山泊[編集]

魯智深は都で、禁軍槍棒術師範の林冲と意気投合し義兄弟となる。だが林冲は妻が高俅の息子に横恋慕されたために、無実の罪に陥れられて流罪となり、親友にも裏切られるという悲劇に見舞われる。何度も命を狙われた林冲だが、魯智深や流刑先の大富豪柴進らの助けでなんとか生き延び、柴進の紹介で済州にある山賊の根城、水郷・梁山泊へと向かう。梁山泊の首領・王倫は柴進の旧知だが、狭量な男で、林冲の武芸の腕を怖れて入山を渋るが、周りの取り成しで三日以内に追剥ぎを成功させるという入山試験を課す。三日目に林冲は、任務に失敗して出奔中の武官・楊志と交戦、楊志の腕を見た王倫は林冲への対抗勢力として入山を勧めるが、大赦を機に復職を目指す楊志は拒絶、王倫は渋々林冲の入山を認めざるを得なくなる。一方、都へ向かった楊志は復職に失敗、自暴自棄になっていた所をゴロツキに絡まれこれを殺害、北京大名府での労役という刑罰を与えられるが、そこの御前試合で活躍したことにより留守司梁世傑に気に入られ、図らずも復官を果たす。数ヵ月後、楊志は梁世傑の舅で宰相・蔡京への莫大な誕生祝(実質は賄賂)・生辰綱の運搬の責任者となった。

晁蓋と宋江[編集]

済州鄆城県の名主・晁蓋は民から搾取した不義の財、生辰綱の存在を知り、これを強奪することを計画。呉用、公孫勝ら七人の仲間とともに、計画を実行成功させる。任務に失敗し帰る場所の無くなった楊志は再び放浪の旅に出ていた魯智深らと邂逅、共に青州二竜山に巣食う山賊を退治し、ここを根城とする。一方、晁蓋らは生辰網強奪の犯人であることが官憲に知れるが、県の役人である宋江らの手助けにより、梁山泊へと逃げ込む。王倫はまたもや彼らを追い出そうとするが、激怒した林冲に斬殺され、晁蓋を首領とする新たな体制が作られる。晁蓋は宋江にお礼の手紙を贈るが、それが宋江の馴染みの芸妓閻婆惜に奪われてしまう。彼女に恐喝された宋江は思わずこれを殺害、親交のあった柴進の元へ逃れる。そこで彼は体術の達人である武松と親しくなるが、武松はこの後、虎退治や兄の敵討など波乱万丈の末、魯智深たちの二竜山へと入る。

九天玄女[編集]

宋江は柴進の屋敷を離れた後、青州清風塞の親友花栄のもとへ向かう。そこであらぬ騒動に巻き込まれた宋江は花栄や清風山の山賊、自分たちの討伐に派遣された秦明らとともに梁山泊を目指す。途中、宋江のみが故郷の父が病死したとの知らせを受け一行から離脱するが、家に戻ると父は生きており、自分の身を案じた父の策略だったと知る。父の薦めで宋江は自首、江州に流される。ここでも宋江は塩密売の元締め李俊や牢役人の戴宗、李逵らと親しくなるが、悪徳役人に謀反の濡れ衣を着せられ、これを救出しようとした戴宗とともに処刑されかける。処刑の当日、李逵、李俊たち江州の好漢、戴宗の知らせを受け駆けつけた晁蓋ら梁山泊の一行が刑場に乱入して二人を救出、宋江たちはそのまま梁山泊へ入山する。入山後すぐに家族を迎え入れるため宋江は故郷に戻るが、そこで官憲に見つかってしまう。追手から逃れた宋江は古い廟へと逃げ込むが、そこで夢の中に九天玄女が現れ、自分たちがかつてこの世に解き放たれた百八の魔星の転生した姿であることを告げられ、天界に戻るためには今しばらく現世にいて、民を助け忠義を全うし罪を償わなければならないと説かれる。目を覚ました宋江が懐を探ると夢の中で受け取った三巻の天書が入っていた。

激闘の梁山泊[編集]

その後、梁山泊に戻った宋江たちだが、これを討伐しようとする者たちとの戦いが待っていた。一名主ながら名うての武芸者が集まる独竜岡の祝家荘、高唐州の知事で妖術使いの高廉、軍神と恐れられる呼延灼の率いる官軍である。梁山泊はこれらとの戦いを勝ち抜き、その度に勢力と名声を拡大していく。また打ち破った呼延灼をはじめ、高廉に捕らえられていた柴進、二竜山の魯智深一行をはじめとする青州の山賊たち、少華山で山賊となっていた史進一行らを仲間に加え一大勢力となった梁山泊だが、官軍の他にもこれを倒して名を挙げようとする者たちが現れる。芒碭山の妖術使い樊瑞一味は梁山泊に敗れ、降伏するが、女真族の治める曾頭市との戦いは苦戦を強いられ、首領の晁蓋が毒矢に当たり、落命してしまうという悲劇に見舞われる。皆は宋江を次期首領に推すが、「自分の仇を討ったものを次の首領に」という晁蓋の遺言を守ろうとする宋江は固辞、仮の首領となる。

百八星集結[編集]

晁蓋の百箇日の法要で北京の大商人・盧俊義の声望を耳にした宋江は彼を仲間に引き入れようと策を巡らすが、盧俊義は梁山泊へ内通したとして役人に逮捕される。盧俊義の忠僕・燕青にこの事を知らされた梁山泊は北京を襲撃してこれを救出、攻め寄せてきた関勝らの討伐軍も打ち破り、仲間に加える。再び攻め込んできた曾頭市との戦いが始まり、これを滅ぼした梁山泊だが晁蓋の仇を討ったのは盧俊義であった。宋江は彼に首領の座を譲ろうとするが盧俊義本人をはじめ皆が反対し、東平府東昌府をどちらを先に攻め落とした方が首領となるという事に決まる。結果、宋江の率いた軍が先に東平府を陥落させ、改めて宋江が正式の首領に就いた。この戦いで梁山泊の頭領は百八人になっていた。宋江は晁蓋をはじめ、これまでの戦いで死んでいった者たちの大規模な供養式典を執り行うが、その時天から一つの火の玉が降り注ぎ山の南に落下した。火の玉の正体は石碑で、そこには古代文字で宋江ら百八人の頭領と、それに対応する魔星の名が刻まれていた。ここに竜虎山から解き放たれた百八の魔星が一堂に集結したのであった。

招安[編集]

百八星集結後、宋江は招安を受けて、朝廷に帰順し官職を授かって国の為に尽くしたいと望むようになるが、林冲や李逵ら頭領の中にはそれに不満を持つものも少なくなかった。招安へ向けての工作は一度目と二度目は失敗、童貫、高俅らが攻め寄せてくるが梁山泊軍はこれを打ち破り、童貫は敗走、高俅を虜とした。林冲らは高俅を殺そうとするが、宋江はあえてこれを送り返し、一方で帝のお気に入りの芸妓李師師を通じて交渉を行い、ついに招安を実現させた。これに不満を持つものも多かったが、結局はこれに従い、梁山泊は晴れて官軍となった。だが梁山泊に何度も煮え湯を飲まされた高俅、蔡京、童貫らはこれを苦々しく思い、宋国に牙を向く、異民族や叛徒の討伐軍を率いさせる。梁山泊軍は精強かつ士気高く、、田虎、王慶を次々と打ち破るが、奸臣たちはこの戦功を揉み消し、何の恩賞も無かった。李俊らは不満を抱き再び朝廷に反旗を翻すよう宋江に求めるが宋江の決意は硬く首を縦に振らなかった。終焉の時は近付いていた。

百八星は天に帰す[編集]

王慶戦の直後、公孫勝が一行を去り、蕭讓ら四人が朝廷に引き抜かれ、百八星が初めて欠ける。終焉の始まりであった。江南で大規模な叛乱を起こした方臘の討伐を命じられた梁山泊軍だが、連戦に次ぐ連戦でさすがに疲弊し、また方臘勢には石宝、鄧元覚といったこれまでとは比べ物にならない強敵が多く、さしもの梁山泊も苦戦を強いられた。ようやくこれを倒した時には多くの頭領が命を落とし、百八人いた仲間は三分の一にまで減っていた。凱旋の途中でも李俊、燕青らが脱盟、林冲、魯智深らが死亡し、都に戻ったときには仲間は二十七人に減っていた。二十七人は官職に就いてそれぞれの任地に向かう。朱仝のように出世するもの、呼延灼のようにさらなる敵国との戦いで戦死するもの、阮小七のように官職を剥奪され郷里に戻るもの、柴進のように宮仕えを嫌い郷里で隠遁するもの、戴宗のように出家するものなどそれぞれ違う余生を送った。一方、都の奸臣たちは宋江らの威勢を恐れついに彼らを始末する事にする。まず、都に盧俊義を呼び寄せて毒殺、さらに宋江の任地に帝の賜杯と称して毒酒を送る。宋江は、自分が死んだとなるともっとも謀反を起こす可能性の高い李逵を呼び寄せると二人でこれを仰いだ。夢枕に宋江の死を知った呉用と花栄も自害し、梁山泊はここに滅んだのであった。その後、帝は夢で宋江らの死と奸臣たちの悪巧みを知るが、巧みに言い逃れた奸臣たちは叱責を受けただけで済み、宋江らの墓の前に帝は自ら筆を振るってその忠心を称える廟を建て、百八人を象った像を安置した。この廟は度々霊験を表し、土地のものによって末永く祭られたのであった。

補作[編集]

水滸後伝
陳忱作。全40回。1664年初版。
靖康の変、李俊の後日譚を敷衍し、百八星の生き残りが再び集結する過程を描いた小説。
日本語訳は、平凡社東洋文庫(鳥居久靖訳)がある。
蕩寇志(結水滸伝)
兪万春作。全71回。清末の刊。
70回本の続編という体裁を取り、梁山泊が官軍に掃討される。
後水滸伝
青蓮堂主人作。全45回。明末清初の作品。
転生した宋江たちが、岳飛に討伐される。
水滸新伝
農民起義の観点から、登場人物、物語に大幅な改編が見られる。

派生作品[編集]

小説[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

コンピュータゲーム[編集]

画集[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 歴博 第117号 歴史の証人 『水滸伝』の幕末維新”. 国立歴史民俗博物館 (2003年3月20日). 2009年9月24日閲覧。
  2. ^ 岩波版は、先に単行本が刊行した。
  3. ^ ほかに駒田訳の初訳は1960-61年に、平凡社〈中国古典文学全集〉全3巻、後に〈中国古典文学大系〉全3巻、コンパクト版(選書判)全10巻などで刊行。