理想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

理想(りそう)とは、考えられるうちで最高の状態のこと。プラトンによる哲学思想「イデア」を明治時代に直訳した用語。

また、ある条件定義し、それにあてはまったものを指して「理想」と呼ぶ場合もある。現実の対義語 (理想⇔現実) であるが、その現実を作る上で、目標となるものである。

実現可能な相対的な理想と、到達不可能な理想に分けられる。後者は、神や最高善などと呼ばれる。例:理想的な人、理想気体状態方程式

哲学における理想[編集]

プラトンは、現実世界は理想的な世界の投影であり、理想(真善美)を求める活動が物事の本質だとした。 現実世界の投影元であり、真善美を示す十全で過不足のない状態の世界をイデアと呼ぶ。

関連項目[編集]