京劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青龍偃月刀をもつ関羽(役柄は紅生。俳優は殷秋瑞)

京劇(きょうげき、ピンイン:Jīng jù ジンジュウ)とは中国の伝統的な古典演劇である戯曲歌劇の一種のこと)の1つである。

代に安徽省で発祥し北京を中心に発展したのでの名が付き、主に北京と上海の二流派がある。唱腔は板腔体を基本とし、声腔は西皮二黄を主要なものとする。このため京劇に代表される西皮二黄を総称して皮黄腔ということがある。

京劇の歴史[編集]

清朝乾隆55年(1790年)、中国南方の4つの徽劇班「三慶班」「四喜班」「和春班」「春台班」(四大徽班)陸続と北京に来訪。まず“二黄”声腔を持ち味とする「三慶班」が北京で人気を博し、それに続いて「四喜班」「和春班」「春台班」が北京に進出した。北京には「秦腔」という演劇があったが安徽省の劇団に人気を奪われる形となり、両者の融合が自然と行われた。

道光8年(1828年)前後、湖北劇団が北京に進出し漢調(楚調、西皮調)を特色とした演劇は安徽省発祥の劇団にも影響を与え、独自の演劇へと発展して行った。このように北京の外の劇団が担ってきた北京の演劇であり上演は南方方言で行われてきたが、北京での人気を得るに従い北京語での演劇の需要が高まり、北京語での演劇が考案、上演されるようになった。この時代には道光時代鼎甲と呼ばれる3人に名優・程長庚、張二奎、余三勝が活躍した。

その後太平天国の乱などで南方の政情が不安になると南方の劇団が北京に集まり、さらに西太后の手厚い庇護を受け北京独自の演劇として一層の発展、熟成がなされた。この時代には同治帝光緒帝の2帝の治世の当たり「同光十三絶」と称される13人の名優、すなわち郝蘭田、張勝奎、梅巧玲、劉趕三、余紫雲、程長庚、徐小香、時小福、楊鳴玉、盧勝奎、朱蓮芬、譚鑫培、楊月樓の13人が大いに京劇を盛り上げた。

末になると「四大名旦(4大名女形)」と呼ばれた梅蘭芳、程硯秋、尚小雲、荀慧生の4人の俳優が上海での近代演劇を取り入れた演劇に触発されながら、京劇に一層の洗練がなされた。この4人は独自の流派を作るほど、京劇に革命をもたらした。また梅蘭芳は初めて京劇の海外公演を日本で行った。

近代において一番京劇に悪影響を与えたのが文化大革命による弾圧で幹部俳優が排斥されたり、古典劇の上演が禁止されるなど停滞した。この弾圧は江青が現代劇の俳優出身で、京劇を目の敵にしていた事が原因と言われる。その後、中国の伝統文化として見直され「国劇」と呼ばれるように至った。

1990年には「京劇200年」を祝す演劇祭が北京で各地の劇団を招いて開催された。

主な四つのキャラクター(役柄)[編集]

  • 生(Sheng、ション) - 主に男性の役。劇の種類によって、さまざまな種類があるが、主なものは以下のとおり。
    • 老生:善良な中高年の男性。付けひげを着け、このひげの色(灰色)で年齢を表す。現代京劇では、須生ともいう。
    • 武生:基本的に、セリフは少なく、アクション(立ち回り)を専門とする男性。
    • 小生:若い男性。色男役。ひげはつけない。1つの演目に1人しか登場しないという決まりがあり、「二喬」(後述)のように色男役が複数登場する演目では武生も色男を演じることになる。
    • 武生:をかぶり、背には旗(軍隊を表す)を挿し、激しい立ち回りを演じる。一般には、将軍役など武術に優れた人物を演じる。
    • 娃娃生:いわゆる子役。少年や子供を演じる。
    • 紅生:関羽
京劇「秋江」。船頭(文丑)と尼僧(花旦)。撮影:木村武司
  • 旦(Dan、ダン)―女性の役。主に下の4種類がある。
    • 老旦:老女。しわがれた声でセリフを言う。
    • 青衣:しとやかな女性。
    • 花旦:溌剌とした若い女性。
    • 武旦:アクション(立ち回り)を専門とする女性。刀馬旦ともいう。
  • 浄(Jing、ジン)-主に、凶暴で暴れん坊な性格の男性の役。「花臉」と呼ばれる臉譜を使う。
    • 正浄:男性役。豪傑な性格の男性の役。銅錘花瞼ともいわれる。二進宮徐延昭などがこれにあたる。
    • 副浄:地位が高く、性格が凶暴な男性の役。黒色系の隈取りが特徴。架子花瞼や大花瞼とも言われる。三国志曹操張飛がこれにあたる。
    • 瓦:地位は低いが、それなりの武術の使い手の男性の役。小花瞼とも言われる。水滸伝時遷などがこれにあたる。
京劇「拾玉镯」。花旦と彩丑。撮影:木村武司
  • 丑(Chou、チョウ):道化役。顔の中央を白く塗るのが特徴。京劇の祖といわれている玄宗にちなみ、基本的に劇団長が演じる。また、セリフも一般的な口語体でのセリフとなる。また、三花瞼とも言われる。主に、以下の3つにわけられる。
    • 文丑:セリフや歌、踊りがメイン。
    • 武丑:戦いがメイン。上の三瓦との区別は曖昧である。
    • 彩丑:主に、年老いた女性の役。
京劇の武生。背中に小旗を四つ、背負っている。

主な道具[編集]

  • 鞭:馬に騎乗した状態を表している。が、騎乗している者が動くことになる。
  • 武将の背中の小旗:1本で4騎の軍勢を表し、最大4本で16騎。
  • 銅鑼:舞台上でのリズム感を整える。
  • 払子(ほっす):持っている人物が神仙、僧侶、尼僧など宗教関係者であることを示す(「秋江」の写真参照)。
  • 棹(さお):船に乗っている状態を表す。

主な演目[編集]

  • 三国志演義
    • 虎牢関:呂布劉備・関羽・張飛との争いを演じた物。
    • 呂布と貂嬋:呂布が貂蝉に籠絡されて董卓を殺害する一連の事件を演じた物。
    • 二喬:孫策周瑜が美人姉妹の大喬小喬を娶る話を演じた物。
    • 長坂坡:張飛がただ1人で曹操軍を追い返した話を演じた物。
    • 群英会:赤壁の戦いを演じた物。
    • 空城計:諸葛亮司馬懿の戦いを演じた物。
    • 花関索伝:関羽の息子の関索を演じた物。
    • 打鼓罵曹:禰衡が曹操を痛罵する様を演じた物。
    • 戦馬超:馬超と張飛の昼夜にわたる一騎打ちを演じた物。
  • 西遊記
    • 鬧龍宮:孫悟空が龍宮を訪れ、如意棒を手にするまでの話。
    • 大閙天宮:孫悟空が天界で暴れた顛末を演じた物。
    • 三打白骨精:天竺に向かう三蔵法師一向が、変化を得意とする妖怪白骨精と戦う話。
  • 水滸伝
    • 野猪林
    • 李逵探母
  • 楊家将
    • 三岔口
    • 坐宮:鉄鏡公主が、宋へ一旦戻る夫・楊四郎の手助けをする話を演じた物。
    • 天門陣
    • 打焦賛
    • 洪羊洞
    • 牧虎関
  • 隋唐演義
    • 三家店
    • 火焼裴元慶
    • 鎖五竜
    • 羅成叫関
  • 岳飛
    • 小商河:槍の名手・楊再興が、敵の計略によって射殺されてしまうまでの話。
    • 挑滑車:猛将」高寵が単身で敵戦車と壮絶な死闘を行う。
  • その他

主な劇団[編集]

  • 大連京劇院
  • 中国京劇院
  • 北京京劇院
  • 上海京劇院
  • 梅蘭芳京劇団
  • 国立国光劇団(台湾)

ほか

関連項目[編集]

外部リンク[編集]