柴田錬三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柴田 錬三郎
(しばた れんざぶろう)
Renzaburo Shibata.JPG
ペンネーム 君尾哲三
シバレン
誕生 柴田 錬三郎
1917年3月26日
日本の旗 日本 岡山県邑久郡鶴山村
死没 1978年6月30日(満61歳没)
日本の旗 日本 東京都
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 慶應義塾大学支那文学科
活動期間 1938年 - 1978年
ジャンル 歴史小説推理小説時代小説
主題 ニヒリズム
文学活動 剣豪小説
代表作 『イエスの裔』(1952年)
眠狂四郎無頼控』(1956年)
図々しい奴』(1960年)
御家人斬九郎』(1976年)
主な受賞歴 直木賞(1951年)
吉川英治文学賞(1970年)
処女作 『十円紙幣』(1938年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

柴田 錬三郎(しばた れんざぶろう、1917年大正6年)3月26日 - 1978年昭和53年)6月30日)は、日本小説家ノンフィクション作家中国文学者。本名は齋藤 錬三郎(さいとう れんざぶろう)。シバレン柴錬)という通称でも名高い。

歴史小説に新風を送ったことで業績は名高い。『イエスの裔』は芥川賞直木賞の両方の候補となったが天秤にかけて直木賞を受賞し、その後選考委員となる。代表作に『眠狂四郎』『御家人斬九郎』『水滸伝』『徳川太平記』など多くがあり、戦国幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。

略歴[編集]

戦前[編集]

岡山県邑久郡鶴山村(現・備前市)の地主・柴田知太の三男として生まれる。父は日本画家でもあった。

鶴山尋常小学校を卒業後、昭和4年(1929年)に旧制岡山県立第二中学校に進学。校友誌に短篇を発表する。親の薦めもあり、始めは医学部に進学することを考え、上京して慶應義塾大学医学部予科を受験して入学したが、半年後に文学部予科へ移る。慶應義塾大学予科3学年の時に、『十円紙幣』を君尾哲三のペンネームで『三田文學』に発表する。1940年に、庄内藩の齋藤家の出身である齋藤栄子(清河八郎の妹・辰の孫)と結婚、齋藤家の婿養子となり、齋藤錬三郎と名乗る。同年、慶應義塾大学文学部支那文学科卒業。卒業論文は『魯迅論』。

はじめ、内国貯金銀行に入行したが3か月で辞職。銀行退職後、「泰東書道院」が主宰していた月刊誌『書道』の編集部に就職。日本出版協会に勤める。また同年、長女・美夏江が誕生している。

1942年に召集され、相模原第89重砲連隊入営。3週間の基礎訓練を終えたのちに、医学部に在籍していたことから衛生兵となる。相模原陸軍病院に配属されたのち、横須賀陸軍病院へ転属勤務。1945年衛生兵として輸送船で南方へ派遣される途中、バシー海峡にて敵襲に遭い、乗艦が撃沈、7時間漂流する。漂流中はひたすら北宋漢詩を詠じていたという。

奇跡的に救助された後、田所太郎大橋鎮子らと『日本読書新聞』の再刊にたずさわる。のち雑誌『書評』編集長となる。また『三田文學』等に文芸評論を発表する。

戦後[編集]

戦後、『日本読書新聞』の編集長を務めながら、カストリ軟派娯楽雑誌や倶楽部雑誌に少女小説、大衆小説を乱作した後、日本浪曼派系の佐藤春夫に、堀口大学井伏鱒二井上靖といった文学者と共に師事して、1949年に文筆活動に入り、1951年6月に『三田文學』に発表した『デス・マスク』が第25回芥川賞・第25回直木賞候補に入る。翌年『イエスの裔』で第26回直木賞を受賞した。松本清張らと共に、賞を取ったものの食えない時期が長かったが、『別冊文芸春秋』から小説の注文があり、本格的な文筆活動に入る。

同年の『真説河内山宗俊』発表以後は、時代小説を次々と発表した。1956年(昭和31年)から、創刊されたばかりの『週刊新潮』に連載された『眠狂四郎』シリーズでは、戦後を代表するニヒル剣士の眠狂四郎を登場させ、読み切りという斬新な手法をとった連載手法と通俗的な要素を織り込み、剣豪小説の一大ブームを巻き起こし、「剣豪作家」のイメージが定着した。後期の現代小説では『チャンスは三度ある』などがある。1969年に『三国志英雄ここにあり』で第4回吉川英治文学賞を受賞した。

1966年から1977年まで、直木賞の選考委員を務める。柴田が選考委員をしていたこの間の受賞者には、五木寛之野坂昭如陳舜臣井上ひさし藤沢周平などがいる。他、小説現代新人賞の選考委員も務めた。次いで今東光と共に「文壇野良犬会」を結成し、水間寺での住職権限を争う大乱闘や梶山季之の急逝における葬儀争奪戦での役回りなど、數山の僧兵かと見まがうがごときの活動も繰り広げた[1]。この野良犬の会には、黒岩重吾吉行淳之介、陳舜臣、田中小実昌、野坂昭如、戸川昌子長部日出雄、 井上ひさし、藤本義一などが参加した。

随筆エッセイも多数発表している。また、「3時のあなた」(フジテレビ)や「ほんものは誰だ?!」(日本テレビ)など、テレビ番組への出演も晩年まで積極的に行うなど、現代で言う文化人タレント的な一面も持っていた。『おらんだ左近事件帖』の第14話では浪人に扮し、剣の切っ先で大きく円を描いてから対手を斬るという、眠狂四郎ばりの殺陣を披露している。

肺性心のため、慶應義塾大学病院で死去した。享年61。墓所は東京都文京区伝通院。戒名は蒼岳院殿雋誉円月錬哲居士。墓のデザインは横尾忠則によるもの。遺作は、赤穂浪士ものの『復讐四十七士』(未完)。『柴田錬三郎選集』(集英社全18巻)、また澤辺成徳『無頼の河は清冽なり 柴田錬三郎伝』(集英社、1992年)がある。

その他[編集]

係累[編集]

妻の弟はフランス文学者齋藤磯雄であり、妻の大伯父に幕末の志士清河八郎がいる。遠藤周作吉行淳之介とは遠縁にあたる。

著作一覧[編集]

1940年代[編集]

  • 南方のうた 泰東書道院出版部 1942
  • 文久志士遺聞 泰東書道院出版部 1942.2
  • 生きものの夜 真光社 1948
  • 少年海賊王 新浪漫社淺田書店 1948.3
  • 母の絵姿 偕成社 1949

1950年代[編集]

  • 母いま何処 偕成社 1950
  • 怪人黒マント 偕成社 1950
  • 夢よ真実ならば 偕成社 1950
  • ジャンヌ・ダーク 救国の少女 偕成社 1950
  • 豊臣秀吉 日本の英傑 偕成社 1952 (偉人物語文庫)
  • チャーチル 現代の英雄 偕成社 1952 (偉人物語文庫)
  • 冒険船長 妙義出版社 1952 (少年少女名作文庫)
  • イエスの裔 文藝春秋新社 1952
  • ナポレオン 世界の英傑 偕成社 1953 (偉人物語文庫)
  • 黒衣の怪人 ポプラ社 1954
  • 魔海一千哩 偕成社 1954
  • 七つの海の狼 偕成社 1954
  • 白頭巾夜叉 偕成社 1954
  • 江戸群盗伝 桃源社 1954 のち新潮文庫、集英社文庫
    • 素浪人梅津長門 続・江戸群盗伝 大日本雄弁会講談社 1957 (ロマン・ブックス) 「続江戸群盗伝」新潮文庫
  • 妖魔の黄金塔 ポプラ社 1954
  • 天一坊秘聞 偕成社 1954 (実録時代小説)
  • 三面怪奇塔 偕成社 1954
  • スパイ第十三号 偕成社 1955
  • 七つの海の狼 河出書房 1955 (ロビン・ブックス)
  • 由井正雪 偕成社 1955 (実録時代小説) のち講談社文庫
  • 猿飛佐助 偕成社 1955 (実録時代小説)
  • 刺客心中 河出新書 1955
  • 花の散る道 東方社 1955
  • 素浪人江戸姿 桃源社 1955 のち時代小説文庫
  • 皇后狂笑 同光社 1955 (大衆小説名作選) 「毒婦四千年」講談社文庫
  • 偽処女 鱒書房 1955 (コバルト新書)
  • 妃殿下と海賊 鱒書房 1956
  • 眠狂四郎』シリーズ
    • 眠狂四郎無頼控 第1-7 新潮社 1956-58 のち文庫
    • 眠狂四郎独歩行 新潮社 1961 のち文庫
    • 眠狂四郎殺法帖 新潮社 1963 のち文庫
    • 眠狂四郎孤剣五十三次 新潮社 1967 のち文庫
    • 眠狂四郎虚無日誌 新潮社 1969 のち文庫
    • 眠狂四郎京洛勝負帖・蝦夷館の決戦 広済堂出版 1969 のち新潮文庫、集英社文庫
    • 眠狂四郎異端状 新潮社 1975 のち文庫
    • 眠狂四郎無情控 新潮社 1972 のち文庫
  • 第8監房 東方新書 1956
  • 新恋愛論 女性に関する人生ノート 妙義出版 1956 (スマイル・ブックス)
  • 抜打ち侍 同光社 1956 のちケイブンシャ文庫、時代小説文庫
  • 異変助太刀記 大日本雄弁会講談社 1956 (ロマン・ブックス) のち春陽文庫
  • 剣は知っていた 新潮社 1957 のち文庫
  • 若武者最期 角川小説新書 1957 のち春陽文庫
  • 罠をかけろ 光風社 1957
  • 女心砕けたり 桃源社 1957
  • 剣豪にっぽん 光風社 1957 のち春陽文庫
  • 将軍と姫と浪人 和同出版社 1957
  • 盲目殺人事件 桃源社 1957 (推理小説名作文庫)
  • 桜田門 青春出版社 1957 「牢獄」集英社文庫
  • 野生処女 和同出版社 1957
  • 源氏九郎颯爽記 光文社 1957 のち春陽文庫、講談社文庫、集英社文庫
    • 白狐二刀流 続源氏九郎颯爽記 桃源社 1958
    • 秘剣揚羽蝶 源氏九郎颯爽記 講談社 1962 のち文庫、集英社文庫
  • デカダン作家行状記 桃源社 1957 のち中公文庫、「デカダンス作家行状記」集英社文庫
  • 影ふかき人 桃源社 1957
  • 風俗夫人 桃源社 1957
  • 血汐笛 大日本雄弁会講談社 1958 のち春陽文庫、講談社文庫
  • 愛の虚実 光風社 1958
  • 新編三国志 春陽堂書店 1958 のち旺文社文庫、講談社文庫 
  • 死者の唇 六興出版部 1958
  • 夢に罪あり 光風社 1958 のち春陽文庫
  • 銀座の沙漠 講談社 1958
  • 血太郎孤独雲 講談社 1958 のち春陽文庫、講談社文庫
  • チャンスは三度ある 筑摩書房 1958 のち春陽文庫、集英社文庫
  • 美男城 中央公論社 1958 のち新潮文庫
  • 遊太郎巷談 集英社 1959 のち春陽文庫、集英社文庫
  • 主水血笑録 講談社 1959 のち春陽文庫、講談社文庫
  • 今日の男 中央公論社 1959 「不安な遺言」広済堂文庫
  • 男が爆発する 講談社 1959 
  • 孤剣は折れず 新潮社 1959 のち文庫

1960年代[編集]

  • 柴田錬三郎選集 全15巻 光風社 1960-62
  • 血笑記 光風社 1960 のち春陽文庫
  • 幽霊紳士 文藝春秋新社 1960 のち春陽文庫、広済堂文庫、集英社文庫
  • 心形刀 新潮社 1960 のち文庫
  • 江戸っ子侍 新潮社 1960 のち春陽文庫、集英社文庫、講談社文庫
  • 異常の門 夢殿転精神帖 講談社 1960 のち春陽文庫、講談社文庫
  • 『赤い影法師』シリーズ
    • 赤い影法師 文藝春秋新社 1960 のち新潮文庫
    • 南国群狼伝 文藝春秋新社 1961 のち春陽文庫、ケイブンシャ文庫、時代小説文庫、集英社文庫、新潮文庫
  • 図々しい奴 1-3 光文社 1960-61 (カッパノベルス) のち角川文庫、春陽文庫、集英社文庫、
  • 戦国旋風記 光風社 1960 のち光文社文庫
  • 私説大岡政談 新潮社 1961 のち春陽文庫、集英社文庫、「柴錬大岡政談」講談社文庫
  • おれは侍だ 中央公論社 1961 のち春陽文庫、講談社文庫、集英社文庫
  • 三人の女 光文社 1962 (カッパ・ノベルス) のち春陽文庫
  • 若くて、悪くて、凄いこいつら 第1-3部 集英社 1962-63 のち文庫
  • 運命峠 新潮社 1962 のち文庫、講談社時代小説文庫
  • 孤独な剣客 光風社 1962 のち新潮文庫
  • 人間の噂 新潮社 1962 (ポケット・ライブラリ)
  • 顔十郎罷り通る 講談社 1962 のち文庫 
  • 柴錬立川文庫シリーズ
    • 猿飛佐助 文藝春秋新社 1962 のち文庫
    • 真田幸村 文藝春秋新社 1963 のち文庫
    • 忍者からす 文藝春秋新社 1964 のち時代小説文庫、集英社文庫、新潮文庫、講談社時代小説文庫
    • 柳生但馬守 文藝春秋新社 1965 (ポケット文春) のち文庫、ケイブンシャ文庫、時代小説文庫
    • 風魔鬼太郎 文藝春秋新社 1965 (ポケット文春) のち春陽文庫、時代小説文庫
    • 毒婦伝奇 文藝春秋新社 1965 のち時代小説文庫、春陽文庫、集英社文庫、文春文庫
    • 裏返し忠臣蔵 文藝春秋 1966 のち文庫、春陽文庫、時代小説文庫
    • 日本男子物語 文藝春秋 1968 のち時代小説文庫、春陽文庫、集英社文庫、「異説幕末伝」講談社文庫
  • 明治一代男 朝日新聞社 1963 のち春陽文庫、講談社文庫
  • 清河八郎 光風社 1963 のちケイブンシャ文庫、集英社文庫
  • 剣と旗と城 柴錬三国志 新潮社 1964 「英雄ここにあり」講談社文庫
  • お江戸日本橋 講談社 1964 のち文庫
  • 江戸八百八町物語 中央公論社 1964 のち文庫、講談社文庫
  • わが毒舌 光風社 1964
  • 柴田錬三郎選集 第2期 全15巻 光風社 1964-65
  • 人間勝負 新潮社 1964-65 のち春陽文庫、新潮文庫
  • おれは大物 集英社 1964-65 (コンパクト・ブックス) のち春陽文庫
  • 柴田錬三郎時代小説全集 全26巻 新潮社 1965-67
  • 徳川太平記 文藝春秋新社 1965 のち文庫、集英社文庫
  • われら九人の戦鬼 文藝春秋新社 1965 のち文庫、集英社文庫
  • 自分と女たち 講談社 1965
  • 青い血の娘 集英社 1965 (コンパクト・ブックス)
  • わしは、わしの道を行く 講談社 1965 のち春陽文庫
  • 女の敵 講談社 1966 のち春陽文庫
  • 言いたい事を言う 雪華社 1966
  • おれの敵がそこにいる 光文社 1966 (カッパ・ノベルス) のち広済堂文庫
  • 剣鬼 第1-3編 新潮社 1965-67 のち文庫
    • 狼眼流左近 剣鬼シリーズ 新潮社 1968 (新潮小説文庫)
    • 月影庵十一代 剣鬼シリーズ 新潮社 1968 「弱虫平蔵」文庫
  • わが青春無頼帖 新潮社 1967 のち中公文庫
  • 生命ぎりぎり物語 文藝春秋 1967 のち春陽文庫、集英社文庫
  • 一の太刀 桃源社 1967 (ポピュラー・ブックス) のち新潮文庫
  • 酒・歌・女われにあり 集英社 1968 (コンパクト・ブックス)
  • 白猿剣士 新潮社 1968 (新潮小説文庫) 「隠密利兵衛」文庫
  • キミはやれ、俺がやらせる 柴錬人生相談 集英社 1968 (プレイボーイ・ブックス)
  • 徳川浪人伝 新潮社 1968 のち文庫
  • 度胸時代 毎日新聞社 1968 のち春陽文庫、集英社文庫
  • 岡っ引どぶ 柴錬捕物帖 講談社 1968 のち文庫
  • 殺生関白 桃源社 1968 (ポピュラー・ブックス) 「首斬り浅右衛門」講談社文庫
  • 霞の半兵衛 剣鬼シリーズ 新潮社 1968 (新潮小説文庫) のち春陽文庫
  • 日本幽霊譚 文藝春秋 1968
  • 柴錬巷談 講談社 1969-71 「柴錬ひとりごと」中公文庫
  • 浪人列伝 文藝春秋 1969 のち新潮文庫、講談社文庫
  • ズバリ問答無用 柴錬人生相談 集英社 1969 (プレイボーイ・ブックス)

1970年代[編集]

  • 最後の勝利者 新潮社 1970 のち時代小説文庫、新潮文庫
  • 大将 講談社 1970 のち集英社文庫
  • 修羅長脇差 講談社 1970 (ロマン・ブックス)
  • 貧乏同心御用帳 読売新聞社 1970 のち集英社文庫、時代小説文庫、講談社文庫
  • 女どもと俺 柴錬艶笑エッセイ 集英社 1970 (プレイボーイ・ブックス)
  • われら旗本愚連隊 集英社 1970 のち文庫
  • 木乃伊館 文藝春秋 1971 のち講談社文庫
  • 巷説水滸伝 風雲篇 潮出版社 1971
  • 人斬り斑平 広済堂出版 1971 のち春陽文庫
  • 乱世流転記 集英社 1971 のち文庫
  • 決闘者 宮本武蔵 講談社 1971 のち文庫、新潮文庫、集英社文庫
  • 花の十郎太 戦国心意気物語 集英社 1972 のち文庫
  • おらんだ左近 実業之日本社 1972 のち集英社文庫、ケイブンシャ文庫
  • 柴田錬三郎自選時代小説全集 全30巻 集英社 1973-75
  • 柴田錬三郎の秘剣乱舞 ベストセラーノベルズ 1973
  • 嗚呼江戸城 文藝春秋 1973 のち文庫
  • 柴田錬三郎の無頼殺法 ベストセラーノベルス 1973
  • うろつき夜太 集英社 1974 のち文庫
  • どうでもいい事ばかり 集英社 1974
  • 真田十勇士 巻の1-5 日本放送出版協会 1975-76
  • 絵草紙うろつき夜太 横尾忠則画 集英社 1975
  • われら梁山泊の好漢 柴錬水滸伝 潮出版社 1975 (ゼロ・ブックス) のち講談社文庫、集英社文庫
  • 地べたから物申す 眠堂醒話 新潮社 1976 のち集英社文庫
  • 徳川三国志 スリーセブン 1976 旺文社文庫、時代小説文庫、文春文庫
  • 生きざま 柴錬歴史譚 集英社 1976 のち文庫
  • 御家人斬九郎』講談社 1976 のち新潮文庫
  • 生死の門 柴錬剣豪譚 勁文社 1976.9 のち集英社文庫
  • 人生の死角 柴錬実話譚 勁文社 1976.6
  • 魔物と感情 柴錬女性論 勁文社 1976.12
  • 英雄・生きるべきか死すべきか 柴錬三国志 集英社文庫、1977 のち講談社文庫、時代小説文庫

(孔明没後篇。「英雄ここにあり」と併せて「英雄三国志」集英社文庫)

  • 曲者時代 集英社 1978.1 のち文庫
  • 堀部安兵衛 広済堂出版 1978.10
  • 復讐四十七士 柴錬忠臣蔵 文藝春秋 1978.10 のち集英社文庫
  • 円月説法 柴錬のダンディズム指南 集英社 1978.12
  • 柴田錬三郎選集 全18巻 集英社 1989-90
  • 無念半平太 1990.9 (新潮文庫) 「剣鬼宮本無三四」講談社文庫
  • 柴田錬三郎集 リブリオ出版 1998.11 (ポピュラー時代小説)

翻訳[編集]

  • ル・ジタン 犯罪者たち ジョゼ・ジョヴァンニ 勁文社 1976.3 のち文庫

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国文学解釋と鑑賞, 第 1~3 号

外部リンク[編集]