幸田露伴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幸田 露伴
(こうだ ろはん)
Rohan Koda.jpg
明治中期の露伴
誕生 1867年7月23日
江戸下谷
死没 1947年7月30日(満80歳没)
墓地 池上本門寺
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学博士(京都帝国大学)
最終学歴 電信修技学校
活動期間 1889年 - 1947年
ジャンル 小説
主題 理想主義
文学活動 写実主義
代表作 『露団々』(1889年
『風流仏』(1889年
五重塔』(1891年
『風流微塵蔵』(1895年
『天うつ浪』(1905年
主な受賞歴 文化勲章1937年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

幸田 露伴(こうだ ろはん、1867年8月22日慶応3年7月23日) - 1947年昭和22年)7月30日)は、日本小説家。本名は成行(しげゆき)。別号に蝸牛庵(かぎゅうあん[1])、笹のつゆ、雷音洞主、脱天子など多数。江戸(現東京都下谷生れ。帝国学士院会員。帝国芸術院会員。第1回文化勲章受章。娘の幸田文随筆家・小説家。

『風流仏』で評価され、『五重塔』『運命』などの文語体作品で文壇での地位を確立。尾崎紅葉とともに紅露時代と呼ばれる時代を築いた。擬古典主義の代表的作家で、また漢文学・日本古典や諸宗教にも通じ、多くの随筆や史伝のほか、『芭蕉七部集評釈』などの古典研究などを残した。

生涯[編集]

1867年8月22日慶応3年7月23日)、江戸下谷三枚橋横町(現・東京都台東区)に、四男として生を受ける。父は幕臣の幸田利三(成延(しげのぶ))で、母は猷(ゆう)。幸田家は江戸時代、大名の取次を職とする表御坊主衆であった[2]。幼名は鉄四郎[2]。もともと病弱であり、生後27日目にして医者の世話になるなど、幼時は何度も生死の境をさまよったことがあった。翌年、上野戦争が起こったため、浅草諏訪町に移る。

下谷に戻った後、神田に落ち着いた。下谷泉橋通りの関千代(書家関雪江の姉)の塾で手習い、御徒士町の相田氏の塾で素読を学んだ。1875年明治8年)、千代の勧めで東京師範学校附属小学校(現・筑波大附属小)に入学。このころから草双紙、読本を愛読するようになった。

卒業後の1878年(明治11年)、東京府第一中学(現・都立日比谷高校)正則科に入学する。尾崎紅葉上田萬年狩野亨吉らと同級生であった。のちに家計の事情で中退し、数え年14歳で、東京英学校(現在の青山学院大学)へ進むが、これも途中退学。東京府図書館に通うようになり、淡島寒月を知った。また兄・成常の影響で俳諧に親しみ、さらに菊地松軒の迎羲塾では、漢学、漢詩を学んだ。

数え年16歳の時、給費生として逓信省電信修技学校に入り、卒業後は官職である電信技師として北海道余市に赴任。現地の芸者衆に人気があったと伝えられるが、坪内逍遥の『小説神髄』や『当世書生気質』と出会った露伴は、文学の道へ志す情熱が芽生えたと言われる。そのせいもあり、1887年(明治20年)職を放棄し帰京[2]。この北海道から東京までの道程が『突貫紀行』の題材である。また、道中に得た句「里遠し いざ露と寝ん 草枕」から「露伴」の号を得る[3]

免官の処分を受けたため父が始めた紙店愛々堂に勤め、一方で井原西鶴を愛読した。1889年(明治22年)、露伴は「露団々」を起草し、この作品は淡島寒月を介して『都の花』に発表された[4] 。これが山田美妙の激賞を受け、さらに『風流佛』(1889年)、谷中天王寺をモデルとする『五重塔』(1893年)などを発表し、作家としての地位を確立する。

1894年(明治27年)、腸チフスにかかり死にかけるが、翌年に結婚、それ以降の数年で『ひげ男』(1896年)『新羽衣物語』(1897年)『椀久物語』(1899年1900年)を発表、また当時としては画期的な都市論『一国の首都』(1899年)『水の東京』(1901年)も発表する。

この頃に同世代の尾崎紅葉ととも「紅露時代」と呼ばれる黄金時代を迎える。「写実主義の尾崎紅葉、理想主義の幸田露伴」と並び称され明治文学の一時代を築いた露伴は、近代文学の発展を方向づけたとされる。また尾崎紅葉・坪内逍遥・森鴎外と並んで、「紅露逍鴎時代」と呼ばれることもある。

1904年(明治37年)、それまで何度も中絶のあった「天うつ浪」の執筆が途絶えた。これ以後、主に史伝の執筆や古典の評釈に主眼を移した。史伝の作品としては「頼朝」「平将門」「蒲生氏郷」などがある。一方、井原西鶴や『南総里見八犬伝』を評釈し、沼波瓊音太田水穂ら芭蕉研究会の6人との共著『芭蕉俳句研究』を出した。1920年大正9年)には『芭蕉七部集』の注釈を始め、17年かけて晩年の1947年昭和22年)に評釈を完成させている。

1907年(明治40年)、の伝奇小説『遊仙窟』が万葉集に深い影響を与えていることを論じた『遊仙窟』を発表。1908年(明治41年)には京都帝國大学文科大学初代学長の旧友・狩野亨吉に請われて、国文学講座の講師となった。同時期に内藤湖南も東洋史講座の講師に招聘されている。この両名はそれぞれ小説家として、ジャーナリストとして当時から有名であったが学者としての力量は未知数であり、狩野の招聘は破天荒とさえいわれた。

露伴の指導を仰いだ青木正児によると、日本文脈論(日本文体の発達史)・『曽我物語』と『和讃』についての文学論・近松世話浄瑠璃などの講義内容で、決して上手な話し手ではなかったが学生の評判は非常によかったという。ただし、黒板の文字は草書での走り書き、しかも体格ががっちりして頭が大きいのでその文字を覆ってしまい学生達はノートを取ることが難しかったという。露伴は学者としても充分な素養があったのだが、何かの事情により夏季休暇で東京に戻ったまま、僅か一年足らず(京都へ移り住んだのは当年初めだった)で大学を辞してしまった。露伴自身は冗談めかして、京都は山ばかりで釣りが出来ないから、と述べているが、官僚的で窮屈な大学に肌が合わなかったようだ。また、妻の幾美が病気がちであったことも理由に考えられる(幾美は翌1910年に亡くなっている)。皮肉なことに、大学を辞めた翌年の1911年(明治44年)に文学博士の学位を授与されている(『遊仙窟』が主要業績)。

しばらく作品を発表しなかった時期の後、『幽情記』(1915年から1917年の作品をまとめた短編集)『運命』(1919年)を発表、大好評を博して文壇に復活する。これらは中国の古典を踏まえた作品であり、これ以降も中国から素材をとった作品を多く発表している。小説を書くだけではなく、道教研究でもパイオニアの一人であり、世界的にまだほとんど道教が研究されていない時期に幾つかの先駆的な論文を表している。これらの評価については、『運命』は谷崎潤一郎らの絶賛を博したが、高島俊男は中国の史書の丸写しに過ぎないと批判している。道教研究に関しては南條竹則が「道教の本を色々漁ったが、最も感銘を受けたものは露伴とマスペロのものだった」と述べており、アンリ・マスペロの『道教』と並んで未だに道教研究の古典として名高い。

1937年(昭和12年)4月28日には第1回文化勲章を授与され、帝国芸術院会員となる。1947年(昭和22年)7月30日、戦後移り住んだ千葉県市川市において、満80歳で没。墓所は池上本門寺戒名は、露伴居士。

死後、墨田区寺島町にあった露伴が長く住んでいた民家の老朽化が進み取り壊された時に、その跡地に公園が建設される事となった。公園は1963年(昭和38年)4月24日に完成し5月上旬に開園式が行われ、「露伴公園」の名前が付けられた。

家族・親族[編集]

露伴は幸田成延、猷夫妻の四男である。長兄の成常は実業家で相模紡績社長などを務めた。次兄の成忠(しげただ)は海軍軍人、探検家で、郡司家へ養子に出された。弟は歴史家の成友(しげとも)で、妹の(のぶ)はピアニスト・バイオリニスト、(こう)はバイオリニストである[2]

幸田家は法華宗を宗旨としていたが、罷免された成延が延の学友である岩城寛と植村正久の勧めによりキリスト教へ改宗、他の家族も入信させた。余市の赴任から帰京した露伴も植村に改宗を勧められたが、これを拒絶している。そのため父母兄弟の中で露伴だけがキリスト教徒ではない。

数え年29歳の時に山室幾美(きみ)と結婚。よき理解者であり、長女歌、次女、長男成豊(しげとよ)が生まれた。幾美は1910年(明治43年)にインフルエンザで亡くなり、その2年後の1912年(大正元年)に歌が若くして亡くなる[2]。この年キリスト教徒の児玉八代(やよ)と再婚している。文は八代の計らいでミッション系の女子学院へ通い、植村正久より洗礼を受けキリスト教徒になっている[要出典]。1926年(大正15年)、成豊が肺結核で亡くなる[5]。八代は1933年(昭和8年)から別居し、1945年(昭和20年)に亡くなった[2]

文は、露伴の死の直前に随筆を寄稿し[6]、さらに露伴没後には父に関する随筆で注目を集め、その後小説も書き始め作家となった 。文の一人娘青木玉も随筆家、またその子青木奈緒はドイツ文学畑のエッセイストである。

その他[編集]

主な作品[編集]

『露伴全集』は生前に1度、弟子の漆山又四郎を中心に編まれた。没後、塩谷賛等により第2次全集が編まれ、岩波書店で刊行された(新版全44巻、第2次全集を1978年から80年にかけて再刊し、増補巻を加えた版)。

小説
  • 露団々(1889年、金港堂)
  • 風流仏(1889年、吉岡書籍店)
  • 縁外縁(1890年)
  • いさなとり(1891年前編、1892年後編、嵩山堂)
  • 五重塔(1892年、嵩山堂『小説 尾花集』収録)
  • ひげ男(1896年、博文館)
  • 新羽衣物語(1897年8月、村井商会)
  • 天うつ浪(1903年1月 - 05年1月、春陽堂)
  • 雪たたき(1929年、『日本評論』)
  • 連環記(1941年、『日本評論』)
史伝
  • 頼朝(1908年、東亜堂)
  • 運命(1919年、雑誌『改造』4月創刊号)
    建文帝永楽帝に追われて、何十年も潜伏して生活していたという伝説について書かれた話、他にも中国を舞台にした文語体作品が多数ある。
  • 蒲生氏郷
  • 平将門
随筆・評論
  • 一国の首都(1899年 - 1901年、雑誌『新小説』)
  • 水の東京(1901年、雑誌『文芸倶楽部』)
  • 潮待ち草(1906年、東亜堂)
  • 蝸牛庵夜譚(1907年11月、春陽堂)
    「遊仙窟」を収録
  • 小品十種(1908年6月、成功雑誌社)
  • 普通文章論(1908年10月、博文館)
  • 努力論(1912年、東亜堂)
俳諧評釈
  • 冬の日記抄(1924年9月、岩波書店)
  • 春の日・曠野抄(1927年6月、岩波書店)
  • ひさご・猿蓑抄(1929年12月、岩波書店)
  • 炭俵・続猿蓑抄(1930年1月、岩波書店)
  • 『評釈芭蕉七部集』(1947年完成)
    1983年に7巻組で復刻 
紀行・日記
  • 枕頭山水(1893年9月、博文館)
  • 蝸牛庵日記(1949年8月、中央公論社
戯曲
  • 名和長年
校歌
  • 東京都立墨田川高等学校校歌

近年刊の著作[編集]

  • 『五重塔』 岩波文庫、改版1994年(1927年初版)
  • 『努力論』 岩波文庫、改版2001年
  • 『幻談・観画談 他三篇』 岩波文庫、1990年
  • 『連環記 他一篇』 岩波文庫、1991年。併収は「プラクリチ」
  • 『一国の首都』 岩波文庫、1993年。「水の東京」を併収
  • 『雲の影・貧乏の説』 講談社文芸文庫、1994年。
  • 『運命・幽情記』 講談社文芸文庫、1997年。
  • 登尾豊編 『作家の自伝81 幸田露伴 少年時代/硯海水滸伝』 日本図書センター、1999年。
  • 『幸田露伴 近代浪漫派文庫6』 新学社、2005年
  • 『幸田露伴 ちくま日本文学 023』 筑摩書房〈文庫版〉、2008年
  • 『幸田露伴集 怪談 文豪怪談傑作選15』 ちくま文庫、2010年-東雅夫解説
  • 『幸田露伴 明治の文学12』 坪内祐三編、筑摩書房、2000年
  • 『幸田露伴集 新日本古典文学大系 明治編22』 岩波書店、2002年
  • 『露伴随筆集』 寺田透編、岩波文庫、1993年。上巻は考証篇、下巻は言語篇
  • 『辻浄瑠璃・寝耳鉄砲 他一篇』 岩波文庫、2014年 (1954年初版)

主な回想・研究[編集]

  • 小林勇 『蝸牛庵訪問記』 岩波書店、1956年/筑摩書房「著作集」、1983年/講談社文芸文庫、1991年
  • 塩谷賛 『幸田露伴』 中央公論社全3巻/中公文庫全4巻、1977年
  • 下村亮一 『晩年の露伴』 経済往来社、1979年
  • 篠田一士 『幸田露伴のために』 岩波書店、1984年
  • 『近代作家 追悼文集成31 三宅雪嶺・武田麟太郎・織田作之助・幸田露伴・横光利一』 ゆまに書房、1997年
  • 瀬里廣明 『露伴と道教』 海鳥社、2004年
  • 関谷博 『幸田露伴論』 翰林書房、2006年
  • 登尾豊 『幸田露伴論考』 学術出版会〈学術叢書〉、2006年 
  • 井波律子井上章一編 『幸田露伴の世界』 思文閣出版、2009年
  • 斎藤礎英 『幸田露伴』 講談社、2009年
  • 関屋博 『幸田露伴の非戦思想 人権・国家・文明 -〈少年文学〉を中心に』 平凡社、2012年
  • 岡田正子 『幸田露伴と西洋 キリスト教の影響を視座として』 関西学院大学出版会、2012年

フィクションにおける幸田露伴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 家をもたないカタツムリに擬した命名。度々引っ越しを余儀なくされた自宅を指す。(小林勇『蝸牛庵訪問記』)
  2. ^ a b c d e f 青木玉 『記憶の中の幸田一族』 講談社文庫、2009年、略系図、「母を語る」「祖父のこと、母のこと」など
  3. ^ 『ちくま日本文学023 幸田露伴』 年譜
  4. ^ 「露伴の出世咄」、『思い出す人々』(内田魯庵、岩波文庫)所収。
  5. ^ のち幸田文が小説『おとうと』として発表した
  6. ^ 雑誌「藝林閒歩」1947年(昭和22年)「露伴先生記念号」。ただし、雑誌発行は露伴の没した直後であった
  7. ^ 『新潮日本文学アルバム 幸田文』新潮社
  8. ^ 国指定文化財等データベース 「明治村幸田露伴住宅蝸牛庵」

外部リンク[編集]