曲亭馬琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
曲亭 馬琴
Kyokutei Bakin.jpg
曲亭馬琴(『國文学名家肖像集』より)
誕生 明和4年6月9日1767年7月4日
死没 嘉永元年11月6日1848年12月1日
墓地 深光寺東京都文京区
職業 戯作者、読本作者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1791 - 1848
ジャンル 読本合巻黄表紙歳時記随筆
代表作 椿説弓張月』『南総里見八犬伝
処女作 『尽用而二分狂言』
配偶者 会田百
子供 1男4女
親族 土岐村路
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

曲亭 馬琴(きょくてい ばきん、明和4年6月9日1767年7月4日) - 嘉永元年11月6日1848年12月1日))は、江戸時代後期の読本作者。本名は滝沢興邦(たきざわ おきくに、旧字体: 瀧澤興邦)で、後に(とく)と改める。号に著作堂主人(ちょさくどうしゅじん)など(#名前について参照)。

代表作は『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』。ほとんど原稿料のみで生計を営むことのできた日本で最初の著述家である[1]

名前について[編集]

滝沢馬琴(たきざわ ばきん)の名でも知られるが、これは明治以降に流布した表記である。現在確認できる限り本人は滝沢(瀧澤)馬琴という筆名は用いていない。

馬琴自身は「曲亭馬琴」という筆名について、中国の古典から取ったと説明している。しかし「曲亭馬琴」は「くるわでまこと」(廓で誠)、すなわち遊廓でまじめに遊女に尽くしてしまう野暮な男という意味であるとも指摘されている。

幼名は春蔵のち倉蔵(くらぞう)、通称は左七郎(さしちろう)、瑣吉(さきち)。著作堂主人のほか、笠翁(りつおう)、篁民(こうみん)、蓑笠漁隠(さりつぎょいん)、飯台陳人(はんだいちんじん)、玄同(げんどう)など、多くの別号を持った。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

明和4年(1767年)、江戸深川(現・江東区平野一丁目)の旗本松平信成の屋敷において、同家用人・滝沢運兵衛興義、門夫妻の五男として生まれる。ただし、兄2人が早世しているため、三男として育った。滝沢家には長兄・興旨、次兄・興春、妹2人があった。

馬琴は幼いときから絵草紙などの文芸に親しみ、7歳で発句を詠んだという。安永4年(1775年)、馬琴9歳の時に父が亡くなり、長兄の興旨が17歳で家督を継いだが、主家は俸禄を半減させたため、翌安永5年(1776年)に興旨は家督を10歳の馬琴に譲り、松平家を去って戸田家に仕えた。次兄の興春は、これより先に他家に養子に出ていた。母と妹も興旨とともに戸田家に移ったため、松平家には馬琴一人が残ることになった。

馬琴は主君の孫・八十五郎(やそごろう)に小姓として仕えるが、癇症の八十五郎との生活に耐えかね、安永9年(1780年)、14歳の時に松平家を出て母や長兄と同居した。

彷徨期[編集]

天明元年(1781年)、馬琴は叔父のもとで元服して左七郎興邦と名乗った。俳諧に親しんでいた長兄・興旨(俳号・東岡舎羅文)とともに越谷吾山に師事して俳諧を深めた。17歳で吾山撰の句集『東海藻』に3句を収録しており、このときはじめて馬琴の号を用いている。天明7年(1787年)、21歳の時には俳文集『俳諧古文庫』を編集した。また、医師の山本宗洪山本宗英親子に医術を、儒者・黒沢右仲亀田鵬斎に儒書を学んだが、馬琴は医術よりも儒学を好んだ。

馬琴は長兄の紹介で戸田家の徒士になったが、尊大な性格から長続きせず、その後も武家の渡り奉公を転々とした。この時期の馬琴は放蕩無頼の放浪生活を送っており、のちに「放逸にして行状を修めず、故に母兄歓ばず」[2]と回想している。天明5年(1785年)、母の臨終の際には馬琴の所在がわからず、兄たちの奔走でようやく間に合った。また、貧困の中で次兄が急死するなど、馬琴の周囲は不幸が続いた。

戯作者としての出発[編集]

寛政2年(1790年)、24歳の時に山東京伝を訪れ、弟子入りを請うた。京伝は弟子とすることは断ったが、親しく出入りすることをゆるした。寛永3年(1791年)正月、折から江戸で流行していた壬生狂言を題材に「京伝門人大栄山人」の名義で黄表紙『尽用而二分狂言』(つかいはたしてにぶきょうげん)を刊行、戯作者として出発した。この年、京伝は手鎖の刑を受け、戯作を控えることとなった。この年秋、洪水で深川にあった家を失った馬琴は京伝の食客となった。京伝の草双子本『実語教幼稚講釈』(寛政4年刊)の代作を手がけ、江戸の書肆にも知られるようになった。

寛政4年(1792年)3月、版元蔦屋重三郎に見込まれ、手代として雇われることになった。商人に仕えることを恥じた馬琴は、武士としての名を捨て、通称を瑣吉に、に改めた。

滝沢馬琴邸跡井戸
東京都千代田区九段坂下

寛政5年(1793年)7月、27歳の馬琴は、蔦屋や京伝にも勧められて、元飯田町中坂(現・千代田区九段北一丁目)世継稲荷(現・築土神社)下で履物商「伊勢屋」を営む会田家の未亡人・百(30歳)の婿となるが、会田氏を名のらず、滝沢清右衛門を名のった。結婚は生活の安定のためであったが、馬琴は履物商売に興味を示さず、手習いを教えたり、豪商が所有する長屋の家守(いわゆる大家)をして生計を立てた。加藤千蔭に入門して書を学び、噺本・黄表紙本の執筆を手がけている。寛政7年(1795年)に義母が没すると、後顧の憂いなく文筆業に打ち込むようになり、履物商はやめた。

結婚の翌年である寛政6年(1794年)には長女・幸(さき)、寛政8年(1796年)には二女・祐(ゆう)が生まれた。のちの寛政9年(1797年)には長男・鎮五郎(のちの宗伯興継)が、寛政12年(1800年)には三女・鍬(くわ)が生まれ、馬琴は合わせて1男3女の父親となった。

旺盛な創作活動[編集]

『椿説弓張月』の葛飾北斎による挿絵

寛政8年(1796年)、30歳の頃より馬琴の本格的な創作活動がはじまる。この年に耕書堂から刊行された読本『高尾船字文』は馬琴の出世作となった。より通俗的で発行部数の多い黄表紙合巻などの草双紙も多く書いた。ほぼ同時代に大坂では上田秋成が活躍した。

享和2年(1802年)5月から8月にかけて、馬琴は関西地方を旅行した。太田南畝の紹介状や、山東京伝の書画(売却して旅費に当てる)を受け取り、関西の文人と交流した馬琴は、物語ゆかりの名所をめぐり、私的な旅行記『羇旅漫録』を記している。

文化元年(1804年)に刊行された読本『月氷奇縁』は名声を博し、読本の流行をもたらしたが、一方で恩人でもある山東京伝と読本の執筆をめぐって対抗することとなった。文化4年(1807年)から刊行が開始された『椿説弓張月』や、文化5年(1808年)の『三七全伝南柯夢』によって馬琴は名声を築き、他方京伝は読本から手を引いたことで、読本は馬琴の独擅場となった。文化11年(1814年)に、『南総里見八犬伝』肇輯が刊行された。文化13年(1816年)、恩人であり競争相手でもあった京伝が没する。

八犬伝[編集]

『南総里見八犬伝』の執筆には、文化11年(1814年)から天保13年(1842年)までの28年を費やし、馬琴のライフワークとなった。

一人息子の興継は、山本永春院に就いて医術を修め、文化11年(1814年)には宗伯と名乗ることを許された。文政元年(1818年)、馬琴は神田明神下石坂下同朋町(現・千代田区外神田三丁目、秋葉原の芳林公園付近)に家を買い、ここに滝沢家当主として宗伯を移らせた。文政3年(1820年)には宗伯が陸奥国梁川藩主・松前章広出入りの医者となった。馬琴の愛読者であった老公・松前道広の好意であった。宗伯が俸禄を得たことで、武家としての滝沢家の再興を悲願とする馬琴の思いの半ばは達せられたが、宗伯は多病で虚弱であった。

文政7年(1824年)、58歳の馬琴は、神田明神下の宗伯宅を増築して移り住み、宗伯と同居した。馬琴は隠居となり、剃髪して蓑笠漁隠と称するようになった。長女・幸(さき)に婿養子を迎え、清右衛門と名乗らせて元飯田町の家財一切を譲り、分家させたのもこの時である。馬琴は、文人を集めた「耽奇会」「兎園会」なども主宰した。

天保4年(1833年)、67歳の馬琴は右眼に異常を覚え、まもなく左眼もかすむようになる。天保6年(1835年)、宗伯が死去するなど、家庭的な不幸も相次いだ。馬琴は孫の太郎に滝沢家再興の希望を託し、天保7年(1836年)には四谷鉄砲組の御家人株を買っている。御家人株購入のため、馬琴は蔵書を売り、気の進まない書画会を開いた。神田明神下の家も売却して四谷信濃仲殿町(現・新宿区霞岳町)に移住することとなった。

天保10年(1839年)、73歳の馬琴は失明し、執筆が不可能となった。このため、宗伯の妻・お路が口述筆記をすることとなった。馬琴の作家生活に欠かせない存在になるお路に対して妻のお百が嫉妬し、家庭内の波風は絶えなかった。そのお百も、天保12年(1841年)に没した。

天保12年8月、『八犬伝』の執筆が完結し、天保13年(1842年)正月に刊行される。馬琴は「回外剰筆」において、読者に自らの失明を明かすとともに、お路との口述筆記の辛苦を書き記している。

終焉[編集]

馬琴は、お路を筆記者として、『傾城水滸伝』や『近世説美少年録』の執筆を続けたが、これらの完結を見ないまま、嘉永元年(1848年)82歳で死去する。命日の11月6日は「馬琴忌」とも呼ばれる。

法名は著作堂隠誉蓑笠居士。墓所は東京都文京区の深光寺にある。

家族・系譜[編集]

馬琴の子、興継(宗伯、琴嶺)の像。宗伯の友人である渡辺崋山による

系譜[編集]

武家出身でありながら商人となった馬琴は、寛政10年(1798年)に長兄・興旨が死亡して兄弟のうちただひとりが残されたことで、「滝沢家」の歴史とその再興を強く意識するようになった。滝沢一族と自らの歴史の記録『吾仏乃記』は、文政5年(1820年)に滝沢家の家譜が書き上げられ、その後20年間にわたって書き継がれていくことになる。

滝沢家の祖先は、最上義光の家臣・滝沢覚伝である。覚伝の孫の興也は川越藩松平信綱に仕え、信綱の四男・松平堅綱が1000石の旗本となるとその家老となった。興也は間中家から興吉を養子に迎え、興吉の子が馬琴の父・興義である。

家族[編集]

みち(土岐村路)は(息子の妻)にあたる。

人物[編集]

規則正しい生活[編集]

非常に几帳面で、毎日のスケジュールはほぼ同じだった。6 - 8時の間に起きて洗面を済まし、仏壇に手を合わせたあと、縁側徳川斉昭考案の体操を一通りし、朝食。客間でを飲んだあと、書斎に移り、前日の日記を記したのち、執筆作業に入る。まず、筆耕者(作家著述家)から上がってきた前日の原稿のチェック。一字でも気になるものがあると字引を引いて確認。そのほかにも出版社からの校正が最低でも三校、四校とあり、執筆よりも校正に苦しめられた日々だったという[3]

曲亭馬琴日記[編集]

馬琴は非常に精緻な日記を書き残した。散逸や、関東大震災による焼失を経て、中年以後の日記が残っており、貴重な資料となっている。

柴田光彦校注『曲亭馬琴日記 新訂増補』が、2009年7月から中央公論新社全4巻別巻1で刊行。(旧版全4巻は暉峻康隆ほか校注で中央公論社1973年

馬琴の失明後は路が日記を代筆し、死後も書き継いだ。『路女日記』として刊行されている。

交友関係[編集]

仙台在住。工藤平助の娘。この交流は、文政2年(1819年)に真葛が自著『独考』の添削と出版を馬琴に依頼したことではじまった。

作品[編集]

読本[編集]

  • 『高尾船字文』(たかおせんじもん)1796 画:栄松斎長喜
  • 『小説比翼文』(しょうせつひよくもん)1804 画:葛飾北斎
  • 『曲亭伝奇花釵児』(きょくていでんきはなかんざし)1804 (岩波新日本古典文学大系)
  • 『復讐月氷奇縁』(かたきうちげっぴょうきえん)1804 -出世作 
  • 『復讐奇譚稚枝鳩』(ふくしゅうきだんわかえのはと)1805 画:歌川豊国
  • 『源家勲績 四天王剿盗異録』(げんけくんせきしてんのうそうとういろく)1805 画:豊国
  • 『小夜中山復讐 石言遺響』(さよのなかやまふくしゅうせきげんいきょう)1804 画:蹄斎北馬
  • 新編水滸画伝』(しんぺんすいこがでん)1805 画:北斎(中絶し高井蘭山に代わる)
  • 新累解脱物語』(しんかさねげだつものがたり)1807年文化4年)発行、画:葛飾北斎
  • 椿説弓張月』(ちんせつゆみはりづき)1807年-1811年(文化4年-8年)発行、画:葛飾北斎
  • 三七全伝南柯夢』(さんしちぜんでんなんかのゆめ)1808年(文化5年)発行、画:葛飾北斎
  • 『雲妙間雨夜月』(くものたえまあまよのつき)1808年 画:歌川豊広
  • 『頼豪阿闍梨恠鼠伝』(らいごうあじゃりかいそでん)1808年 画:北斎
  • 『松浦佐用姫石魂録』(まつらさよひめせきこんろく)1808年 画:豊広 
  • 俊寛僧都嶋物語』(しゅんかんそうずしまものがたり)1808年(文化5年)発行、画:歌川豊広
  • 『旬伝実々記』(じゅんでんじつじつき)1808年 画:豊広 
  • 松染情史秋七草』(しょうせんじょうしあきのななくさ)1809年(文化6年)発行、画:歌川豊広
  • 『夢想兵衛胡蝶物語』(むそうびょうえこちょうものがたり)1810年 画:豊広
  • 南総里見八犬伝』(なんそうさとみはっけんでん)1814年-1842年(文化11年-天保13年)発行、画:柳川重信渓斎英泉、二代柳川重信 
  • 朝夷巡島記』(あさひなしまめぐりのき)1815年(文化12年)第1集発行(未完)、画:歌川豊広
  • 近世説美少年録』(きんせせつびしょうねんろく)1829年-1830年(文政12年-13年)発行、画:歌川国貞魚屋北渓
  • 開巻驚奇侠客伝』(かいかんきょうききょうかくでん)1832年天保3年)第1集発行(未完)、画:渓斎英泉、二代柳川重信、歌川国貞

合巻[編集]

黄表紙[編集]

  • 『廿日余四十両尽用二分狂言』1791 
  • 『无筆節用似字尽』(むひつせつようにたじづくし)1797 
  • 化競丑満鐘』(ばけくらべうしみつのかね)1800(浄瑠璃仕立て)画:北尾重政-のち歌舞伎化
  • 『曲亭一風京伝張』(きょくていいっぷうきょうでんばり)1801 -山東京伝の煙草店の宣伝を兼ねる。

ほか80点ほど(清田啓子板坂則子の翻刻がある)

歳時記[編集]

  • 俳諧歳時記』1803 -初めて「俳諧歳時記」を名のった書。のち藍亭青藍が増補し『俳諧歳時記栞草』岩波文庫 

随筆[編集]

  • 『著作堂一夕話』1804年『蓑笠雨談』として刊行、のち改題(日本随筆大成、吉川弘文館) 
  • 『燕石雑志』1811年文化8年)発行
  • 『烹雑の記』(にまぜのき)1811年 
  • 『犬夷評判記』殿村篠斎共著、櫟亭琴魚校訂、1818年―『八犬伝』『朝夷巡島記』の評 
  • 玄同放言』「日本随筆大成 巻3」、吉川弘文館、1927年(旧版)1~250頁
  • 『近世物之本江戸作者部類』木村三四吾編 八木書店 1988
  • 『伊波伝毛之記』(『新燕石十種 第6』中央公論社 1981)-山東京伝の伝 
  • 『吾仏乃記』-滝沢家家記 木村三四吾他編校 八木書店 1987  
  • 『兎園小説』(『燕石十種』) 

馬琴を題材とする作品[編集]

中年期以降の部分が『曲亭馬琴日記』に取材して、多くの作品が描かれている。その早い例が芥川龍之介の『戯作三昧』であるが、以後、小説に登場する馬琴は老人であることが多い。杉本苑子『滝沢馬琴』、平岩弓枝『へんこつ』、森田誠吾『曲亭馬琴遺稿』などがある。

山田風太郎による小説『八犬傳』は、南総里見八犬伝そのものの長大な物語を分かりやすく紹介しつつ、並行してそれを28年に渡り執筆した馬琴自身の生活の変化も同時に描いたものである。

参考文献[編集]

  • 杉本苑子「滝沢みちと只野真葛」円地文子監修『人物日本の女性史10 江戸期女性の生きかた』集英社、1977年12月。
  • 水野稔ほか著『図説日本の古典19 曲亭馬琴』(集英社、1989年)
  • 高牧實『馬琴一家の江戸暮らし』(中公新書、2003年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]