棒術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

棒術(ぼうじゅつ)は、

  1. 日本武術において長い棒を武器とする術のことである。以下詳説する。
  2. 沖縄では、主に六尺棒を用いる。形状は流派によって中央が若干太くなるタイプ、端・中央とも均一のタイプの両方がある。型の名称には一般に「……の棍」という呼称が使われるが、操作法自体は棒術と言い棍術とは呼ばない。琉球古武術で解説する。
  3. 中国武術においては、「棒」ではなく中央が若干太いいわゆる「棍」を使用し拳法の延長としての武器術として創意工夫された『棍術』(こんじゅつ)と称される術である。
  4. 世界各地に棒状の武器を使用する戦闘技法が過去に存在または伝来しており、それを日本では日本武術の棒術と類似するため棒術の語をあてる。

日本武術における棒術は、主として6尺(約180cm)前後の、全て均一の太さで、磨いて滑りやすくした、断面が円形の棒を用いる武術である。直径が八分(約2.4cm)〜一寸一分(約3.3cm)のものが良く見られる。ただし流儀・流派によってはそれより長い、または短い、断面が円形でない、均一の太さではないなど様々である。両端が太く、中央が細いものは鼓棒と呼ばれる。現在4尺前後の棒を使う武術は『杖術』、さらに短い場合は『半棒術』として分けられる場合があるが、棒の長さによる呼び名は流派によって様々であり、杖術も半棒術も広義の意味では棒術の一種である。

棒の種類や材質・形態は様々で、日本に於いて『太平記』では柏木棒、樫木棒、金棒、鉄棒などが出現し、『義経記』では八角棒・乳切木など、特殊な形態の棒が記されている。

日本の棒術の由来[編集]

古くから棒術は宗教とかかわりがあり、祭礼で棒術に相当するものが古くから行われている。もっとも単純な武器の一つであり、その起源は古く、文献資料も剣術等に比べると少なく、良くわかっていない。ただ、多くの流派で戦場で槍先、薙刀先を折られた時に、直ちにその柄をもって戦った事が発端となって編み出されたという謂れが伝わっている。

多くの棒術流派で『ゴホウ(五法、五方、御方)』『サシアイ(指合、差合)』『カサノシタ(笠の下)』『五輪砕(ゴリンクダキ)』『水引(ミズヒキ)』等の技法名が共通している存在する事から、流派間に何らかの関連があると考えられている。

棒術の特徴と技法[編集]

日本の棒術の特徴としては、他国の棒術のように棒対棒も存在するが、日本の他の武術種目と同じように、剣術を仮想敵と想定して体系付けられている場合が多い事があげられる。棒術の由来で述べたように、槍や薙刀などから生まれたといわれる流派が多く、槍術剣術薙刀術の操法と共通項がある事が多い。そのためか長物を扱うための基本とされ重要視されている例も多い(例:竹内流気楽流など)。

また、柔術の流派の多くで棒術を含んでいたり、または他流の棒術を併伝している例が多くみられる。古くから、身体を作るのには棒術が良いと言われている。講道館創始者嘉納治五郎も修行時代に柳生心眼流の棒術やその他の棒を学び、その効用を認めている(失敗に終わったが、後に杖術、棒術を講道館に取り入れようとした)。

日本国内の棒術を含む総合武術の中には、その教練体系内でこの術を「間合いの操作を学ぶためのもの」と位置づけているところもある。これはその総てが柄であり総てが刃となる、棒という武器の特質と深い関わりがあると言える。

武士以外と棒術 [編集]

棒術は手軽に手に入り、日常生活でも使用する棒を武器とするその特性上、身分、階層を問わず広く修練されており、日本各地に多くの流派が存在した。現在でも祭礼で棒術が棒の手や棒術、棒踊り、獅子舞などと呼ばれ演じられる例が多くある。場合によっては、祭礼で演じられるが、伝承形態は武術そのものとして伝わっている例も散見される。

流派[編集]

    • 合気杖(合気道の杖術、四尺二寸〜五尺程度の棒を使う。会派によっては武産棒術ともいう)
    • 新体道棒術(新体道に含まれる)

その他多くの流派が棒の手獅子舞棒踊りや祭りの露払いとして地方に伝わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]