立身流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

立身流(たつみりゅう)は、立身三京開祖とする古武道流派

千葉県指定無形文化財である。(指定名称は当初「立身流の形」で、これから「立身流の型」にされ、2008年1月に「武術 立身流」に変更された)。

概要[編集]

居合剣術を表芸とし、裏芸に俰(柔術。人偏に和と書いて「ヤワラ」と読む)、棒術半棒術槍術薙刀術、四寸鉄刀(手裏剣術)、捕縄術や、さらには広義の兵法をも伝承する総合武術であり、江戸時代佐倉藩において伝えられた。

「向(むこう)」と「圓(まるい)」の二つのを極意としている。

明治時代初期の警視庁撃剣世話掛で、高名な剣客であった、逸見宗助兼松直廉は立身流の門人である。

また、豊前中津藩には分派の立身新流(立身流と違い、剣術と居合の流派)が伝わり、同藩士であった福澤諭吉は、健康増進を目的として晩年まで居合の稽古をしていた。(自叙伝『福翁自伝』より)。

関連項目[編集]

  • 鏡新明智流幕末期、立身流は竹刀稽古法を採り入れるため、門人を鏡新明智流の道場「士学館」に留学させた)。
  • 警視流(立身流から「巻落」が採用されている)

外部リンク[編集]