二天一流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二天一流(にてんいちりゅう)は流祖・新免武蔵藤原玄信(宮本武蔵) が、晩年に熊本で完成させた兵法である。その理念は著書『五輪書』に著されている。二天流武蔵流などとも呼ばれた。

歴史[編集]

宮本武蔵の父・新免無二(當理流関係の文献には宮本無二之助藤原一真・宮本無二斎藤原一真)は、實手二刀流などを含む當理流の使い手だったが、武蔵はそれを発展させ流名を円明流に改めたという。晩年、伝えていた一刀、二刀、實手など多くの形を捨て、右手に大太刀、左手に小太刀の二刀を用いる五つのおもて「五方」の五本にまとめ上げ、その兵法理念を『五輪書』に書き表した。『五輪書』では流名は二刀一流・二天一流の二つが用いられているが最終的には二天一流になったと考えられる。後世には、二天流武蔵流の名も用いられている。

武蔵晩年の弟子には細川家家老である松井寄之などがいるが、武蔵死後、二天一流は、『五輪書』を相伝された寺尾孫之允勝信と、その弟で病床の武蔵の世話をしていた寺尾求馬助信行を中心に伝えられた。

武公伝』(細川家家老で八代城主松井家の二天一流師範が著した武蔵伝記。宝暦5年(1755年)豊田正脩編)には、「士水云、武公肥後にての門弟、太守初め、長岡式部寄之、澤村右衛門友好、其の外御家中御側外様及び陪臣軽士に至り、千余人なり」と書かれている。

寺尾孫之允の弟子には『五輪書』を相伝した浦上十兵衛(慶安4年・1651年)、柴任三左衛門(承応2年・1653年)、山本源介(寛文7年・1667年)、槙島甚介(寛文8年・1668年)がおり、『武公伝』は他に相伝の弟子として井上角兵衛、中山平右衛門、提沢兵衛永衛、この他弟子余多ありとしている。重臣の松井直之、山名十左衛門も高弟としている。

寺尾求馬助の四男である信盛は武蔵の再来と噂されるほどの技量で、父・求馬助から武蔵の後継者とされ、新免姓を継承し新免弁助信盛を名乗り今日まで伝わる二天一流の稽古体系を完成させた。だが、信盛が後継者を指名せずに若くして急死したため、求馬助の三男である寺尾藤次玄高と藤次の子・志方半兵衛之経の系と、信森から相伝を受けていた村上平内正雄の系に分裂する。

村上平内正雄の系は正雄の子である村上平内正勝・八郎右衛門正之兄弟にそれぞれ伝えられ、寺尾孫之允の弟子筋も門下に加わり発展していく。それに対し、寺尾藤次の子、志方半兵衛之経は『二天一流相伝記』を著し弁助信盛から半兵衛之経へと続く相伝のみの正当性を主張した。また村上正勝・正之から相伝を受けた野田一渓種信は、寺尾藤次の弟子筋からも学び、技に違いが生じていた志方・村上両師範家の教えから武蔵本来の二天一流を研究し新たな師範家を創設した。

なお、寺尾孫之允の弟子筋の中には細川家の外に二天一流を伝えた者もいる。中でも柴任三左衛門福岡藩黒田家家臣の吉田太郎右衛門に伝え、実連の弟子である立花峯均が武蔵の伝記『兵法大祖武州玄信公伝来』を著すなど福岡でも二天一流は盛んに行われた。

熊本における二天一流は、志方系と村上正勝系・正之系、村上家から別れた野田系の四つの新免信盛の流れを伝える師範家に加え、寺尾求馬助の六男の寺尾郷右衛門勝行からの系を伝えているとする楊心流柔術師範家の山東家を加えた五師範家が藩に公認され、幕末まで伝えられた。 現在、野田家と山東家の流れと称するものが各地に伝えられている。

関連項目[編集]