八光流柔術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

八光流柔術(はっこうりゅうじゅうじゅつ)は、大東流合気柔術をもとに初代・奥山龍峰1901年 - 1986年)によって創始された護身術である。正しくは、日本武芸司護身道八光流柔術という。「刀法」と呼ばれる剣術も伝えられているが、刀法の教伝を受けることができた者は極めて少ない。

沿革[編集]

奥山龍峰(本名・吉治)は、1901年(明治34年)、山形県谷地町(現 河北町)に生まれた。

1924年大正13年)に東京政治学校に入学し、初期の八光流を援助した学長で政治家の松本君平[1]や、八光流の理論面に影響をあたえた仏教学者の江部鴨村らと同校で知り合っている。

東京政治学校を卒業後、北海道旭川市に移住し、1927年昭和2年)より、松田敏美から大東流を学んだ。また、1930年(昭和5年)より、皇法医学を創始した平田内蔵吉から、1934年(昭和9年)よりは南拝山からも、それぞれ東洋医学を学んだ。

1931年(昭和6年)より治療師を開業し、翌1932年(昭和7年)に治療師を養成する皇法義塾を開設した。

1937年昭和12年)より母校である東京政治学校の空教室で護身術を教え始め、旭川や東京の王子で大東流を教授した。1938年(昭和13年)には名士道と称した。 昭和14年(1939年)には武田惣角の指導も受け、その後、長谷川古流居合を山口喜一[2]より学ぶなど、数十流に学んだと言う。また、一説に中澤流護身術を中澤蘇伯より学んだのではないかとも言われる。しかし、これらの武道歴の詳細は、山口から長谷川古流居合を学んだこと以外は奥山の生前にはほとんど伏せられていたとされる。 1941年(昭和16年)には紳士道に改め、1943年(昭和18年)に八光流に落ち着いた。[3]

かつて奥山は、八光流柔術の開祖を、源頼義の三男・源義光(新羅三郎義光)とし、奥山自身はこの義光の後裔の奥之山源氏であると主張していた。しかし、この伝承は大東流の伝承の剽窃と思われる内容であり、また奥之山源氏という源氏も現在までその存在が確認されていない。このため、近年では、この伝系についての主張は撤回されているようである。 また、1945年(昭和20年)に師範になった姉川勝義によると、乙女流という日本舞踊を元に考案したものだと奥山が語り、実際にそれを踊って見せたとも言う。

戦後、さらに技法の改良や追加が行われ、1955年(昭和30年)頃、師範技が制定され、以後、四段以下の段階にも何度も技が追加された。1965年(昭和40年)頃、皆伝技が制定された。1975年(昭和50年)には師範技の内容が一新された。

衆議院第二会館に八光流柔術の道場が開かれ、国会職員や国会衛視らが八光流を学んだ(現在は道場は無い)。また、オハイオ州警察の元警官で八光流師範のマイケル・ラモニカが、アメリカ合衆国連邦捜査局(FBI)のインストラクターに就任したことにより、1979年にFBIの逮捕術に八光流の技が採り入れられた。

1995年平成7年)、本部師範の入江安博とアメリカ支部長のマイケル・ラモニカらが独立し、皇光道柔術(海外では八光伝心流)を開いた。

八光流は柔術の通信教育も行っている。現在も他伝無用の誓約書と5万円ほどを納付すれば、ただちに4段位を取得できるという内容である。 ただし「道場直門の段位とは異なる」との但し書きがつく。内容も、通信教育の教伝書が改訂されていないため、それ以降に新たに加えられた技は掲載されていない(逆に現在の本部ではあまり教えられていない技が教伝書に掲載されている場合もある。また習った時期が古い師範は教伝書と同じ内容を指導していることが多い)。戦前には武術の通信教育を行う団体がいくつかあったが、八光流はその当時から存続している唯一の団体となっている。

技法[編集]

柔術[編集]

八光流は、主に大東流の技法を整理し、理解し易い形に再編して、技法を各段位に分類している。また「心的作用」と呼ぶイメージを伴う独自の稽古方法により比較的短期間に技を習得させ[4]、「金剛力」を習得させる体系となっている。

技法は、初段技から四段技、その上に五段・師範技、皆伝技と構成され、最終段階に「三大基柱」という口伝が授けられる構成となっている。また、八光流では各段階の技法と段位が対応しており、段位は習得段階を示すものとなっている。(例:初段技を全て習得すると初段)師範以上になると紫帯が授与され八光流を指導することができるようになる。

各段階の技法と手の経絡も対応しており、二段技は小腸経、三段技は大腸経、四段技は心経肺経を刺激する技法が中心となっている。このため、稽古等で適度な力で技をかけられることは、経絡が刺激され健康に良いことと考えられている。[5]

刀法[編集]

八光流には「刀法」と呼ばれる剣術が21箇条伝わっている。

その内容は、手は右手を前にし、足は逆に左足を前にする中段構え(正眼)を特徴とする。剣道や他流の剣術では、右手を前の場合、右足を前にする正眼の構えをとることに比べると特異な構えである。

武道史研究家の高橋賢によると、武田惣角の伝えた剣術の特徴が、この右手前・左足前の中段構えであるという。高橋は、武田の弟子であった久琢磨植芝盛平・奥山龍峰、植芝の弟子の富木謙治の戦前の剣術を演武している写真を比較し、いずれも右手前・左足前の中段構えが共通していることを論証した。[6]

この高橋の説が正しければ、大東流が小野派一刀流を採り入れ[7]、植芝も鹿島神道流から合気剣を編みだして、いずれも剣道や他流と同じく右手前・右足前の剣術に変化している中で、八光流刀法は武田惣角伝の右手前・左足前の剣術を伝える数少ない系統ということになる。ただし、前述の通り刀法を学ぶことができた者は極めて少ない。

皇法医学(皇方医学)[編集]

八光流に伝えられている指圧を中心とする治療法・健康法を「皇法医学」という(皇方医学と表記されることもある)。八光流では、柔術は外敵からの護身技術、皇法医学は病気などの体内の敵からの護身技術として、柔術と皇方医学は表裏一体としている。

本来、皇法医学は平田内蔵吉によって創始された総合療法の名称である。平田内蔵吉は鍼灸に大きな影響を及ぼした人物だが、肥田春充から肥田式強健術を学び、肥田から「心友」として認められ、独自の操練法を考案(肥田春充承認のもと肥田式強健術に独自の操練法を加えた人物は平田のみと思われる)したほどであった。

八光流では、平田が創始した療法を受け継いでいることから皇法医学と称している。その内容は、経絡を刺激する指圧整骨法、活法(救命法)、体操法などからなる(これが平田の療法体系の全てかどうかは不明である)。

奥山によると、平田の療法との相違点は以下の2点としている。[8]

  1. 器具を一切用いず、手による刺激を中心とすること。
  2. 患部を刺激しないこと。

体操法には、「護身体操」、「護身簡約体操」、「脊椎運動法」などがある。 この内、「護身体操」が、肥田式強健術の内容と似ていることが指摘されることがあるが、これは前述のように、平田内蔵吉から学んだ内容に肥田式強健術が含まれていたことによると思われる。(護身体操が、平田が考案した「経絡式中心操練法」に極めて似た内容であるのもそれを示していると思われる)

なお、八光流は「皇方医学」、平田の療法は「皇法医学」という表記とする説もあるが、平田の療法を「皇方医学」と表記されている事例もあるので、必ずしも正しいとは確定しがたい。

その効果について、合気道研究家のスタンレー・プラニン合気ニュース社代表)は「2、3年来の腰痛が約5分程の指圧で嘘のように消えてしまった」と記している。

他流派への影響[編集]

八光流は、他流派で名を上げたりした者が参考に学んだ例が多いとされている。

一例として少林寺拳法開祖宗道臣(当時は中野姓)が講習会に参加している。 昭和23年11月16日、丸亀市での八光流地方講習会の際、逗留先を訪れた。すでに少林寺拳法を創始していることを語らず英名録 (門人名簿) に署名。一日だけ初段技の教伝を受けた。翌日もメモを取ったという。

一日というごく短期間での講習であったが、宗氏はその後、奥山氏の弟子に八光流の通信教育や段の発行方法について非難する内容の書簡を送った。その書簡は「秘そかに入門した中野君」「見よ鉄面皮の偽装振りを」題してとして『奥山龍峰旅日記』で記された。この書籍は今も八光流本部やホームページ上で購入可能である。

この書簡の冒頭で宗は、「八光流の価値について。娯楽雑誌や地方紙に誇大広告を出して人を集め無知な青少年から多額の金を取って免状とあやしげな講義録を売りつけているその行為から、内容を貴下の良識によって判断されたら良いでしょう。講義録と免状が同時に貰えそれが役に立つのであれば何年も学校に行って苦労をしたり弟子になって修行するものはなくなるでしょう。(略)柔道や空手や拳法にしても長い修行が必要なのです」と、八光流の派手な宣伝ぶりや伝授料、簡単に免状を発行することなどを批判している。


それに対し奥山は、金銭的にはそれが高いか安いかを決める基準はないとした上で、「殊に弟子制度の如きは日進月歩の文明に伴い、とうに追放されているのである。こつこつと奴隷扱いされる非文明的な非科学的な徒弟関係によって職を身に付けようとするが如きは、近代人には一人もいないはずである。原爆や水爆の理論は、悠久数千年来の努力研鑚を続けられたにしても、ひとたび完成したものを伝えられるということになれば、何日も費やさずに明らかに理解活用することが可能なのである」とし、さらに本文の逐一に対して反論している。

他にも、大東流が源流だとは知らされず一子相伝の秘術という主張を信じて、数日間の地方講習で初段のみ教伝を受けただけの人から、支部道場主や本部師範代まで務めた人が独立して事実上の分派流派を立ち上げた例まで様々で、八光流の技法が秘伝とされてきたこともあって、それぞれへの影響の有無や程度は判別が難しい。ここでは『筋肉を超えた格闘技』や姉川勝義著『実戦武道物語』、綿谷雪『武芸流派大事典』などに基づいて、英名録に記帳して講習会を受講した人達などを五十音順に列挙したが、あくまで参考資料程度の列挙である。

  • 小橋日感 (小橋流剣法を創始。後に円心流居合剣法を継承)
  • 高橋賢 (大東流修行の一環として学習)

脚注[編集]

  1. ^ 松本も奥山から護身術を習ったという。
  2. ^ 山口は東京政治学校第1期生で、奥山の先輩にあたる。1939年(昭和14年)頃、東京政治学校学長の松本君平よりの依頼で、校舎新築の資金援助の相談に奥山が札幌の山口邸を訪れたことで面識を得たという。八光流創立後は八光流顧問に就任した。
  3. ^ 八光流創始時に、奥山が教えを受けた南拝山、江部鴨村、山口喜一のほか、奥山と交流のあった三室戸敬光子爵貴族院議員)、松井石根(元 陸軍上海派遣軍司令官)、四宮憲章(国文学者)らが、八光流顧問に就任した。
  4. ^ 奥山は「一日、二、三十分の稽古で充分」、「一週間くらいで直ちに活用できる」をうたい文句に、短期間で習得できるとした。
  5. ^ あくまでも適度な力でかけられた場合であり、強く技をかけられると体に害がある場合がある。
  6. ^ 月刊『秘伝』2005年6月号 BABジャパン、2005
  7. ^ 小野派一刀流を採り入れていない佐川道場でも、現在は右手前・右足前の剣術に変化しており、右手前・左足前の技は秘伝となっている。
  8. ^ 奥山龍峰 『皇法医学 指圧治方学』 八光塾本部、1954

参考文献[編集]

  • 奥山龍峰 『奥山龍峰旅日記―八光流武勇伝』 八光塾本部、1958/1981。
  • 藤口透吾編 『八光流宗家 奥山龍峰』 創思社、1969。
  • 鶴薪靖夫 『心技体―八光流宗家・奥山龍峰の世界』 20世紀企画、1976。
  • 奥山龍峰 『皇法医学 指圧治方学』 八光塾本部、1954。
  • 民間療法研究会 『究極の民間療法ガイド』 ISBN 4-492-04088-9
    • 「八光流皇法指圧─八光塾本部」 の章に、流祖の略伝など。
  • 姉川勝義 『実戦武術物語』 ISBN 4-915906-21-3
    • 昭和18年頃の広告文 「護身武道秘伝解説」 の再録や『旅日記』 の誤解(?)の訂正、出身者リストなど。
  • 月刊『空手道』 『武術』 編集部 編 『皆伝 日本古武道 (フルコンタクトKARATE別冊)』 福昌堂、1994。
    • 月刊 『空手道』 の連続特集記事の再録。FBIに採用されている技の紹介など。
  • 月刊『空手道』 『武術』 編集部 編 『筋肉を超えた格闘技』 福昌堂、1999。ISBN 4-89224-901-7
    • 月刊 『空手道』 紹介記事の再録。
  • 月刊『秘伝』2005年6月号 BABジャパン、2005。
  • 〃 『Secret Nidan Techniques of Hakkoryu Jujutsu』 (英文二段秘伝書) ISBN 0-87364-455-7
  • 〃 『Techniques of Sandan Gi: The Essence of Hakkoryu Jujutsu』 (英文三段秘伝書) ISBN 0-87364-860-9

外部リンク[編集]