抜刀術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
抜刀術
ばっとうじゅつ
Iaijutsu.jpg
別名 居合、居合術、抜合、居相、鞘の内、抜剣
使用武器 日本刀
発生国 日本の旗 日本
発生年 中世?
創始者 多数
源流 剣術
流派 流派
派生種目 居合道抜刀道
  

抜刀術(ばっとうじゅつ / いあいじゅつ)、もしくは居合(いあい)居合術(いあいじゅつ)とは、日本刀打刀とは限らない)をに収めた状態で帯刀し、鞘から抜き放つ動作で一撃を加えるか相手の攻撃を受け流し、二の太刀で相手にとどめを刺す形、技術を中心に構成された武術である。

概要[編集]

居合居合術抜合居相鞘の内抜剣などと呼ばれることもある。日本での武芸十八般では抜刀術の名で数えられている。

もともと居合(居相)とは刀を抜く技術に限らず、座って行う技の事を指している。居合が抜刀術の意味として使われる事となったのは、多くの抜刀術(居合)の流派が座った状態での抜刀技術を重視していたためとも言われる。そのため流派によっては、とは座っているという意味で、立って行うものは立合であると説明している場合もある。日本武術の基点は立居振舞い、その中でも「居る」ということ、居方自体が、日常の体の使い方から転換が求められる。礼法や弓術の座射、柔術の座捕りなど、どれも手足の動きを制限することによって、末端ではなく体幹の使い方を発展させてきた。居合いはその精花といえる。

刀を抜くと同時に相手に切りつける技は、古くからあり、香取神道流立身流など古い流派でも居合術(抜刀術)は含まれているが、一般には室町時代末の林崎甚助が居合を集大成した人物と考えられている。新田宮流伝書「所存之巻」などによると 、

「弥和羅(やわら、柔術)と兵法(剣術)との間今一段剣術有る可しと工夫して、刀を鞘より抜くと打つとの間髪を入れざる事を仕出し、是を居合と号して三の刀を以て、敵の九寸五の小刀にて突く前を切止る修業也」

とされる。同様の内容の伝書は、林崎甚助を開祖とする諸流で確認されており、無双直伝英信流の伝書「根元之巻」には

「腰刀以三尺三寸勝九寸五分表六寸而勝之」

と書かれており、相手と近い間合いでは不利な鞘に収まった長刀で、短刀を持った相手に如何に勝つか、という所から居合が生まれたとされている。 実際、林崎甚助を祖とする、古い形態を残すと考えられる流派、林崎新夢想流神夢想林崎流関口新心流などでは、間近に座した相手が小太刀や短刀で突いてくる想定を伝えている。その他の新しい流派でも、相手に胸倉、柄等を掴まれた場合のや、帯刀はしているが、最後まで抜刀せずに対処する柔術と区別しがたい形や、逆に相手と離れた状態で抜刀し切り合う、剣術のような形が居合の形として伝えている場合もある。居合の流派が柔術の流派に併伝された場合も多い。振武館の黒田鉄山氏は、剣、柔、居合は、全て同じコンセプトの運動体系であり、単に得物や間合いが変わっただけだと考えている。ほかにも居合いの概念を、日本刀以外に用いる場合もある(分銅鎖参照)。


居合が現代武道化したものに居合道がある。

一般に、あるいは居合道以外の武道家ですら「居合抜き」と呼ぶことがあるが、これは長い刀を鞘から抜いてみせたり、刀を素早く抜刀し野菜や果物などを切断し、素早く納刀してみせる大道芸のことで、武術の居合から生まれた芸能である。

居合の能力[編集]

江戸時代から、本当に剣術に対抗できるのか、存在意義はあるのか、といった論争がある。「身に付けないよりは身に付けておいたほうが良い」と言ったものから、「居合は近間の飛び道具(のように恐ろしいもの)である」といった高い評価まで各種の論がある。しかし、剣術と居合は全くの別の物である。剣術は実際の戦闘を想定して稽古(試合等)するが、古流居合は主に座した状態から相手に襲われる時の反撃、または襲う事を想定している。だが、帯刀したまま座るということは武士の礼法や生活習慣からは外れたものであるため、もともと居合いは理合いを学ぶ方便であって、それそのままが実戦技法ではないという説もある。 居合の初撃・発剣(抜き打ち・抜き附けなど)にはかなりの速度があり伸びもあるのだが、片手打ち[1]であるためどうしても諸手の威力には敵わない[2]居合の理合いには「鞘の中の勝」というものがあり、「刀を抜かずして勝つ」という意味である。修行によって磨き上げた百錬不屈の心魂をもってすれば、自然と敵を威圧できるという精神論で説明される場合もあるが、技術論としては、対手の攻撃は当たらずこちらは切れる角度と距離を作る対処を追求していった結果、対手がどうシミュレートしても返し技を受けることが分かるようになり、手が出せなくなる状態をさす。そのため、殺人剣ではなく活人剣として武道の真髄ともされる。一方で、幕末などではすれ違い様、出会い頭の暗殺術としての抜刀術も隆盛した。

自由攻防的な試合を行わない会派が多いので実戦性を疑問視される事が多いが、攻防をラリーするような性質の技術ではなく、元来、剣の勝負は一瞬で決まるものであるため、むしろ競技として成立しないことこそが実戦性の証明とも見れる。 居合VS剣術として考えるより、居合のその最高度にまで高められた刀を抜くまでの体術の精妙さを以って語るべきであり、またいつ抜き斬るかのよくよく考えれば、難しい面にも対応し語らなければならない。

使用する道具[編集]

日本刀居合刀[3]角帯などが一般的である。一部流派では付き木刀兵児帯袋竹刀、居合台などと呼ばれる抜き付けを直接当てる的などを使用する。

日本刀については江戸時代から稽古用に刃引きしてある刀を使用する場合がある(流派によって異なる)。由緒ある伝世刀や有名刀工の刀は、貴重であるとして、使用しないものが多い。

流派[編集]

北辰流(千葉常胤)-北辰夢想流ー北辰一刀流

林崎系[編集]

林崎系以外[編集]

流派の表武器術以外に居合術があるもの[編集]

明治以降に創始された流派[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 多くの流派の抜き打ちは、「片手打ち」となっているが、一部の流派では片手で抜き左手を添え、両手にて切りつける場合もある。
  2. ^ ただし、体の運用によって、片手でも両手に匹敵する威力を発揮する事ができるとする流派や、相手の虚(動作の始まりなどの隙)を突く技術をもってすれば、剣術に対抗することも可能であるとする流派もある。 だが、高次の術者にとってはこれらの議論はあまり意味をもたない。剣は腕で振るものではなく全身運動で遣うものであり、片手だから弱い、両手だから強いといったものではない。また、抜刀術は刃と刃をぶつけあって威力を比べるような性質のものでもない。手首、腕などの腱を切るだけで対手の戦闘能力は削がれるので、鎧武者を相手にしていた時代以降は、剣に威力を求めるのはナンセンスなことである。 二天一流の祖、宮本武蔵も剣は本来片手で扱うものとしているが、片手操法での刀術は「静かに振りよきほどに」振るものであって、腕の筋力で激しく打ち込むことはむしろ悪癖として戒められている。むしろ、そうした力や速度の勝負から脱却するために、力も出ず、納刀した不利な状態での技術を研究していた部分もあるだろう。
  3. ^ 「居合刀」は、居合などの稽古用の刀であり、比較的丈夫(材質にもよる)にできている。「模擬刀(模造刀)」は観賞用であるため、強度に乏しく、稽古などに用いることはない。勿論どちらも刃は入っていない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]