兼相流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

兼相流(けんそうりゅう)とは、武石謙太郎兼相1943年昭和18年)没)が開いた柔術流派。無比流杖術居合術並びに浅山一伝流(森戸系)の剣術鎌術棒術居合術を併伝している。

歴史[編集]

武石謙太郎は、水戸藩に伝わっていた為我流柔術及び森戸伝、大倉伝の浅山一伝流体術などを合わせ、1908年明治41年)頃に兼相流を開いた。

武石門下の清水謙一郎が第2代を継承した。清水謙一郎は、兼相流柔術・無比流杖術を中心に八光流柔術の技を合わせて護身道を開いた。

清水の弟子の望月庄一郎が兼相流と護身道を継承し、兼相流第3代宗家となった。

現在は、望月の弟子であった前原清三(武号 兼嘉)が第4代宗家となっている他、武石直門の松本貢(武号 兼久)・保男(武号 武久)親子が武石が伝えた武術の全伝を神奈川県平塚市の松武館道場で伝承している。現在生存している武石兼相の直弟子は松本保男のみと思われる。

技術内容[編集]

技術内容は大きく分類すると以下のの三つに分類される。

  • 「天之巻」
  • 「地之巻」
  • 「人之巻」

それぞれ

  • 「上段之位」十二本
  • 「中段之位」十二本
  • 「下段之位」十二本
  • 「押込み」 十二本
  • 「居捕」 十二本
  • 「乱之巻」 二十本

など基本的に152本から構成されている。(別伝多数あり)

関連項目[編集]