兼相流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

兼相流(けんそうりゅう)とは、武石兼太郎兼相1943年昭和18年)没)が開いた柔術流派。無比流杖術居合術並びに浅山一伝流(森戸系)の剣術鎌術棒術居合術を併伝している。

歴史[編集]

武石兼太郎は、水戸藩に伝わっていた浅山一伝流体術を習得したうえで、さらに東京の浅山一伝流体術の道場で宗家の伝承を受け、それまで居合・立合・寄合という剣術と居合、柔術が混じっていた技術体系を整理し、無比流杖術に合わせ必要な柔術の要素のみを残し兼相流を創始した。1908年明治41年)に日暮里に道場を開設した。道場は後年神田に移転した。

1943年昭和18年)に皆伝を受けた松本貢(武号 兼久)・保男(武号 武久)親子が武石が伝えた武術の全伝を神奈川県平塚市の松武館道場で伝承していた。現在生存している武石兼相の直弟子は松本保男のみと思われる。 他に昭和前期に皆伝を受けた清水謙一郎(後年護身道を開創)の系統もある。

技術内容[編集]

技術内容は大きく分類すると以下の三つに分類される。

  • 「天之巻」
  • 「地之巻」
  • 「人之巻」(戦後淺山一傳流体術との交流により追加された形跡あり)

それぞれ

  • 「上段之位」十二本
  • 「中段之位」十二本
  • 「下段之位」十二本
  • 「押込み」 十二本
  • 「居捕」 十二本
  • 「乱之巻」 二十本

など152本から構成されている。(別伝多数あり)

  • 「人之巻」は、柔術を超えた技術、蘇生法などから構成されている
  • 武石兼太郎は、兼相流には含めなかった浅山一伝流の技術を希望者に教えたため、別伝が多数ある

関連項目[編集]